【AJCC/脚質傾向】「先行」が6年連続勝利中、上位人気に“V圏外”の不安要素

23日に中山競馬場で行われる第63回・アメリカJCC(GII、芝2200m)の過去10年のデータを紹介する。

昨年の菊花賞で2着に好走したオーソクレース、毎日王冠3着、金鯱賞3着とここでは実績上位のポタジェ、2020年の目黒記念勝ち馬キングオブコージ、同舞台のセントライト記念を勝利しているアサマノイタズラなどが出走予定だ。

ここでは過去10年のレース結果を基に予想のヒントになる「脚質傾向」を分析していく。

◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/追い切り診断】キングオブコージに高評価「A」 前走からの上積みで「復帰後いちばんのデキ」

【AJCC/追い切り診断】キングオブコージに高評価「A」 前走からの上積みで「復帰後いちばんのデキ」

■中山最終週でも好調な上がり最速馬

過去10年、逃げ【1-0-1-9】、先行【7-6-2-22】、差し【2-3-6-46】、追込【0-1-1-33】と中団で競馬を進めた馬の好走が目立つが、なかでも先行馬は最多7勝を挙げ、連対数も13回と好成績を収めている。2020年のアメリカJCCでは先団で競馬を進めていたブラストワンピースとステイフーリッシュがワンツーフィニッシュを決めているように、4角4番手以内のポジションを確保した馬の好走が多く目立っている。

また、上がり3Fの順位ごとの成績は以下の通り。

1位 【4-3-2-4】 勝率30.8%、連対率53.8%、複勝率69.2%
2位 【1-2-2-5】 勝率10.0%、連対率30.0%、複勝率50.0%
3位 【1-2-1-7】 勝率9.1%、連対率27.3%、複勝率36.4%
4・5位 【2-1-2-13】 勝率11.1%、連対率16.7%、複勝率27.8%
6位~ 【2-2-3-78】 勝率2.4%、連対率4.7%、複勝率8.2%

このように「上がり最速馬」が最多の4勝を挙げており、昨年はラストドラフト(6人気)が上がり最速の末脚で3着、2020年にはブラストワンピース(1人気)が上がり最速の末脚を繰り出し勝利、19年はフィエールマン(1人気)が上がり最速の末脚で2着に追い込むなど、6年連続で馬券内に好走している。先日の京成杯でも4着までが上がりタイム3位内に入っていたように、中山最終週の馬場コンディションでも「速い上がり」を求められる舞台設定となっている。

今回の登録馬の中で「前走上がり最速」の末脚を繰り出した馬は、前走サンタクロースSを快勝したエヒトのみとなっているが、3勝クラスの舞台なだけに全幅の信頼は置けない。

また、昨年の出走したレースを含めて「先行」かつ「上がり最速」で勝利しているのはスマイル1頭のみとなっており、今回上位人気が予想されるオーソクレースポタジェキングオブコージは、昨年から「先行」もしくは「上がり最速」での勝利も無い点が不安材料となりそうだ。

ここはどの馬が「最も速い末脚を繰り出せるか」を見極め、素直に信頼し馬券を組み立てることが的中のヒントに繋がりそうだ。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】菊花賞2着のオーソクレースは7枠11番 連対数トップの「5枠」には伏兵馬が入る

【AJCC/枠順】菊花賞2着のオーソクレースは7枠11番 連対数トップの「5枠」には伏兵馬が入る

◆【血統傾向】距離延長で一変の血統構成 単回収値「314%」の重賞馬に“買い”のジャッジ

【AJCC/血統傾向】距離延長で一変の血統構成 単回収値「314%」の重賞馬に“買い”のジャッジ

◆【前走ローテ】好成績組が不在で“混戦” 「過去15頭が馬券内」の距離別データに着目

【AJCC/前走ローテ】好成績組が不在で“混戦” 「過去15頭が馬券内」の距離別データに着目

◆【人気傾向】「5年連続連対中」の1番人気を素直に信頼も、警戒すべきは単勝回収値「532%」の伏兵

【AJCC/人気傾向】「5年連続連対中」の1番人気を素直に信頼も、警戒すべきは単勝回収値「532%」の伏兵

アメリカジョッキークラブカップ2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】オーソクレースを上回る「S」評価 「戦闘モード」で能力全開

◆【A評価】キングオブコージに高評価「A」 前走からの上積みで「復帰後いちばんのデキ」

◆【A評価】前走惨敗の伏兵馬に高評価 「狙い通りの仕上がりで臨める」

◆【B評価】実績上位の人気馬に辛口評価 集中力は上々も「まだ万全とは言い切れない」

▼データ予想
◆【騎手データ】高配当狙いならルメール「2着固定」推奨、注目は条件合致で“連対率50%超”のベテラン

◆【データ攻略-前編】有力馬に「馬券内率100%」の追い風 得意条件替わりで巻き返し

◆【データ攻略-後編】推定オッズ50倍前後の盲点 条件替わりで「3-4-0-1」の好成績

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】惨敗続きの“盲点”に好機 久々に適鞍で「ここが復活の舞台」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“6人気”以下の惑星 実績不足をカバーする「コース巧者」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“30倍”以上の伏兵 前走完敗から「巻き返し必至」

◆【危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 春の長距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】高配当メーカーの穴馬に再度注目 中山最終週の馬場で「また波乱を演出する可能性も」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします