【AJCC/データ攻略-前編】有力馬に「馬券内率100%」の追い風 得意条件替わりで巻き返し

今週は中山競馬場でハンデ重賞・アメリカJCC(芝2200m)が行われる。

厳冬期に施行される伝統の一戦。先日引退が発表されたブラストワンピースがこのレースを制しているように、勝ち馬にはGI馬の名前もチラホラ見つけることができる。遡れば、スペシャルウィークやトーセンジョーダンといった「ウマ娘」でもおなじみの馬たちも同レースの勝ち馬だ。

データで紐解く今年のアメリカJCC。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをご覧いただきたい。

◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/追い切り診断】キングオブコージに高評価「A」 前走からの上積みで「復帰後いちばんのデキ」

【AJCC/追い切り診断】キングオブコージに高評価「A」 前走からの上積みで「復帰後いちばんのデキ」

■オーソクレースを後押しする「馬券内率83%」データ

デビュー以降馬券外なしと抜群の安定感。菊花賞ではタイトルホルダーの2着と改めて自力を証明したのがオーソクレースだ。ハイレベルな明け4歳世代のトップグループに位置する以上、ここは負けられない一戦との見方もできるがはたして数字面の後押しはあるのだろうか?

・中山芝重賞3着内がある社台系クラブ所属4歳馬【1-2-2-1】

馬券内率に換算すると83%。昨年2着のヴェルトライゼンデもこれに該当しており、信頼度の高いデータと言えるだろう。コース適性×馬主×年齢のかけ算が導くオーソクレースの好材料。このレースをきっかけに世代の主役へと名乗りを上げたいところだ。

◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 春の長距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【AJCC/危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 春の長距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

■ポタジェには「馬券内率100%」データが該当

デビュー以降、馬券外が一度しかないポタジェ。前走天皇賞・秋がそのレースだったが、当時はエフフォーリア、コントレイル、グランアレグリアの「国内3強」と呼んで差し支えない超A級のメンバー相手ゆえ致し方ない部分もあるだろう。巻き返しを期する今回は以下のデータが後押しとなる。

・右回りでの成績【4-2-0-0】

連対率に換算すると100%。昨年は左回りオンリーのローテーションだったが、この馬の真価は直線の短い右回りコースでこそ発揮される。4勝のなかには中山芝の勝利実績も含まれており、得意条件替わりで強力4歳馬を撃破するシーンも想定しておきたいところだ。

後編ではデータ面から浮上するアメリカJCCの穴馬候補2頭を紹介する。

◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/データ攻略-後編】推定オッズ50倍前後の盲点 条件替わりで「3-4-0-1」の好成績

【AJCC/データ攻略-後編】推定オッズ50倍前後の盲点 条件替わりで「3-4-0-1」の好成績

▼その他データ予想
◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/騎手データ】高配当狙いならルメール「2着固定」推奨、注目は条件合致で“連対率50%超”のベテラン

【AJCC/騎手データ】高配当狙いならルメール「2着固定」推奨、注目は条件合致で“連対率50%超”のベテラン

アメリカジョッキークラブカップ2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】オーソクレースを上回る「S」評価 「戦闘モード」で能力全開

◆【A評価】キングオブコージに高評価「A」 前走からの上積みで「復帰後いちばんのデキ」

◆【A評価】前走惨敗の伏兵馬に高評価 「狙い通りの仕上がりで臨める」

◆【B評価】実績上位の人気馬に辛口評価 集中力は上々も「まだ万全とは言い切れない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】惨敗続きの“盲点”に好機 久々に適鞍で「ここが復活の舞台」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“6人気”以下の惑星 実績不足をカバーする「コース巧者」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“30倍”以上の伏兵 前走完敗から「巻き返し必至」

◆【危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 春の長距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】高配当メーカーの穴馬に再度注目 中山最終週の馬場で「また波乱を演出する可能性も」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】菊花賞2着のオーソクレースは7枠11番 連対数トップの「5枠」には伏兵馬が入る

◆【血統傾向】距離延長で一変の血統構成 単回収値「314%」の重賞馬に“買い”のジャッジ

◆【脚質傾向】「先行」が6年連続勝利中、上位人気に“V圏外”の不安要素

◆【前走ローテ】好成績組が不在で“混戦” 「過去15頭が馬券内」の距離別データに着目

◆【人気傾向】「5年連続連対中」の1番人気を素直に信頼も、警戒すべきは単勝回収値「532%」の伏兵

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「AJCC編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします