【AJCC/データ攻略-後編】推定オッズ50倍前後の盲点 条件替わりで「3-4-0-1」の好成績

前編ではオーソクレースポタジェの追い風となるデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/追い切り診断】実績上位の人気馬に辛口評価 集中力は上々も「まだ万全とは言い切れない」

【AJCC/追い切り診断】実績上位の人気馬に辛口評価 集中力は上々も「まだ万全とは言い切れない」

■データが導く2022アメリカJCCの穴馬候補は

<穴候補1 キングオブコージ>

2年前に破竹の4連勝で重賞制覇。長期休養から復帰後2戦目を挟み、復活を期するのがキングオブコージだ。前走は5着も道中1、2番手を進んだ人気薄2頭がそのまま上位入線をはたした前残り決着。その状況で先行5着は評価に困るところだが、データ面での上積み材料は存在する。

・中山芝の成績【2-0-0-1】

特筆すべきは2勝のなかに中山芝2200mでの勝利実績が含まれること。何度も同じ条件で走るリピーターを生み出しやすいコース形態でもあり、得意条件替わりで実績馬が変わり身をはたす可能性は十分だ。

<穴候補2 アンティシペイト>

2人気に支持された前走アルゼンチン共和国杯は8着。さすがに重賞の壁は厚いのか……その印象をガラッと変えてしまうようなデータがこちら。

・右回りでの成績【3-4-0-1】

さきほどポタジェの項で挙げたデータはこの馬にも適用可能。左回りで脆さを覗かせてしまうタイプで、昨年馬券外に敗れた3戦中2戦が左回りだった。中山芝2200mはのちの重賞勝ち馬ウインキートスの2着がある舞台。アメリカJCCと好相性の先行脚質をアドバンテージに強豪撃破があっても驚けない。

◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/データ攻略-前編】有力馬に「馬券内率100%」の追い風 得意条件替わりで巻き返し

【AJCC/データ攻略-前編】有力馬に「馬券内率100%」の追い風 得意条件替わりで巻き返し

▼その他データ予想
◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/騎手データ】高配当狙いならルメール「2着固定」推奨、注目は条件合致で“連対率50%超”のベテラン

【AJCC/騎手データ】高配当狙いならルメール「2着固定」推奨、注目は条件合致で“連対率50%超”のベテラン

アメリカジョッキークラブカップ2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】オーソクレースを上回る「S」評価 「戦闘モード」で能力全開

◆【A評価】キングオブコージに高評価「A」 前走からの上積みで「復帰後いちばんのデキ」

◆【A評価】前走惨敗の伏兵馬に高評価 「狙い通りの仕上がりで臨める」

◆【B評価】実績上位の人気馬に辛口評価 集中力は上々も「まだ万全とは言い切れない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】惨敗続きの“盲点”に好機 久々に適鞍で「ここが復活の舞台」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“6人気”以下の惑星 実績不足をカバーする「コース巧者」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“30倍”以上の伏兵 前走完敗から「巻き返し必至」

◆【危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 春の長距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】高配当メーカーの穴馬に再度注目 中山最終週の馬場で「また波乱を演出する可能性も」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】菊花賞2着のオーソクレースは7枠11番 連対数トップの「5枠」には伏兵馬が入る

◆【血統傾向】距離延長で一変の血統構成 単回収値「314%」の重賞馬に“買い”のジャッジ

◆【脚質傾向】「先行」が6年連続勝利中、上位人気に“V圏外”の不安要素

◆【前走ローテ】好成績組が不在で“混戦” 「過去15頭が馬券内」の距離別データに着目

◆【人気傾向】「5年連続連対中」の1番人気を素直に信頼も、警戒すべきは単勝回収値「532%」の伏兵

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「アメリカJCC編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします