【京都記念/穴ライズ】単勝“下位人気”の刺客 「目下の充実ぶりは軽視できない」

過去の10年、京都記念は6番人気が最多4勝と波乱の歴史があるレース。昨年はラヴズオンリーユー、2020年はクロノジェネシスと名牝が勝利したが、例年はGI未勝利の馬が中心で、19年は重賞善戦マンのステイフーリッシュが1番人気2着だった。

今年はオークス馬・ユーバーレーベンが参戦。しかし、オークス後は脚部不安で調子を落とし、秋華賞13着、ジャパンC6着と精鋭を欠いているだけに、付け入る隙は十分にある。2番手以下のレッドジェネシスやサンレイポケットもGIでは馬券に絡んだことがなく、大波乱の可能性を秘めている。

狙いはGII善戦止まりの馬。昨年、6番人気3着のダンビュライトはGIでは惨敗続きも、GIIでは勝ち馬から1秒差以内の競馬を見せていた馬で、得意の非根幹距離で息を吹き返した。今年、前走・GI出走組やGIII好走組が揃うが、GII善戦止まりに「穴馬」は潜んでいると見た。

◆【京都記念2022予想/穴馬アナライズvol.3】想定“30倍”前後の伏兵 「このメンバーに入れば一発ある」

【京都記念/穴ライズ】想定“30倍”前後の伏兵 「このメンバーに入れば一発ある」

■アフリカンゴールド

前々走の中日新聞杯では2番手からレースを進め、直線でも渋太く脚を伸ばして2着に激走し久々の馬券圏内に入った。前走の日経新春杯でも先行集団から粘り腰を見せて5着に健闘。先着を許したのはGIで好走歴のあるヨーホーレイクとステラヴェローチェ、あとは自身より軽ハンデの2頭だったことを思えば、負けたとは言えそれなりに評価していい内容だろう。

一昨年、そして昨年上半期の成績はやや低迷していたものの、3走前に国分恭介騎手へ手替わりしてから徐々に復調。この馬のストロングポイントである持続力をうまく引き出せていることが、最近の好走に繋がっている印象だ。

19年のGII・アルゼンチン共和国杯で3着があるように、展開が噛み合えばもともとこのクラスでもやれる脚力はある。それでいながらも人気が示す通り半信半疑であるならば積極的に狙ってみたい存在だ。目下の充実ぶりは軽視できない。

◆【京都記念2022予想/穴馬アナライズvol.1】想定“7人気”前後の盲点 「前走内容から激走の再現あり」

【京都記念/穴ライズ】想定“7人気”前後の盲点 「前走内容から激走の再現あり」

▼その他。穴馬予想
◆【危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【京都記念/危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】メンバー最上位の“実績”を持つ「善戦マン」を本命視 「久々のV奪還があってもいい」

【京都記念/危険な人気馬-後編】メンバー最上位の“実績”を持つ「善戦マン」を本命視 「久々のV奪還があってもいい」

京都記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】“体質強化”の有力馬に最高評価「S」 前向きさ抜群で前走とは「雲泥の差」

◆【A評価】実績最上位の“古豪”に高評価 大一番に向け「力をフルに出せる状態」

◆【A評価】人気馬を上回る「A」評価は推定40倍前後の穴馬 “付きっ切り”の調整で「ひと押しの可能性」

◆【B評価】人気のレッドジェネシスに低評価 気持ちも乗らず「見えないストッパーがある」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】“ウマ娘”でも人気を博すゴルシの娘に追い風 「馬券内率57%」で復活の狼煙を上げる

◆【データ攻略-後編】得意条件で浮上する想定“10人気”前後の穴馬 「馬券内率75%」の追い風で巻き返す

◆【騎手データ】阪神開催で数値“急上昇” 驚異的な強さを発揮する「栗東のベテラン」に注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】「最多7勝」を誇る8枠にマカヒキら伏兵馬が入る 昨年のオークス馬は“鬼門”の5枠に

◆【脚質傾向】人気ユーバーレーベンに危険信号 阪神開催で懸念される2つの「不安要素」

◆【前走ローテ】巻き返しを期する人気馬に追い風 該当する“レース格”と“距離”の「好走条件」

◆【人気傾向】1人気が2年連続勝利中も、最多勝利は単勝回収率「612%」の伏兵

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-京都記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします