Advertisement

【菊花賞/脚質傾向】「先行+差し」の組み合わせが基本 同舞台にフィットする“惑星”に警戒

 

【菊花賞/脚質傾向】「先行+差し」の組み合わせが基本 同舞台にフィットする“惑星”に警戒
[阪神芝3000mの3勝クラス以上]過去10年の脚質傾向

23日に阪神競馬場で行われる第83回菊花賞(GI、芝3000m)の過去10年データを紹介する。

今年は日本ダービー馬ドウデュースが凱旋門賞参戦で回避。皐月賞馬ジオグリフ、皐月賞と日本ダービーで2着のイクイノックスが天皇賞・秋へ参戦と春のクラシック上位メンバーが不在。

条件戦からセントライト記念を制したガイアフォースをはじめとする新興勢力を中心に、日本ダービー3着のアスクビクターモア、神戸新聞杯を制したジャスティンパレスらが“乱菊”のタイトルを狙う。

本競走は昨年に続いて阪神開催。ここでは過去10年の阪神芝3000mの3勝クラス以上を条件に「脚質傾向」を分析していく。

◆【菊花賞2022予想/追い切り診断】前走快勝の有力馬に不満の「B」評価 「人気ほどの信頼は置きづらい」

【菊花賞/追い切り診断】前走快勝の有力馬に不満の「B」評価 「人気ほどの信頼は置きづらい」

【菊花賞/追い切り診断】前走快勝の有力馬に不満の「B」評価 「人気ほどの信頼は置きづらい」

■上位は先行+差しの組み合わせ

過去10年の阪神芝3000mの3勝クラス以上には、昨年の菊花賞や阪神大賞典のほか、2021年に施行された古都S(3勝クラス)が含まれる。

逃げ【1.1.3.8】、先行【6.5.5.32】、差し【1.5.1.29】、追込【5.2.4.40】となるが、このうち追込はマクリ【5.1.0.0】が含まれ、圧倒的に「前」有利のデータが浮上した。

[阪神芝3000mの3勝クラス以上]過去10年の脚質傾向

逃げ切りは困難だが、昨年はタイトルホルダーが1998年のセイウンスカイ以来、23年ぶりの菊花賞逃げ切りVを決めた。しかし、2着には4角9番手のオーソクレースが入るなど、差しも届く舞台であり、実際、2021年の阪神大賞典も1着のディープボンドが4角3番手に対し、2着は7番手のユーキャンスマイル、3着は10番手のナムラドノヴァン。

Advertisement


直線の短い内回りコースだけに、勝ち切るためにはある程度のポジションに位置する必要があり、一方で直線に待ち受ける高低差1.8mの急坂により、差し馬が2、3着に台頭してくる。

求められるのは先行力と機動力。前走、4角5番手以内のレースをしてきた馬は【5.5.6.48】で複勝率25.0%と最も高く、今年はセントライト記念を4角4番手でゴール前の叩き合いを制したガイアフォース、神戸新聞杯を4角3番手から後続を突き放したジャスティンパレスなど、該当馬が多数。

このうち、面白いのが前走・札幌日刊スポーツ杯(2勝クラス)で道中9番手から3角で早々と先頭に立ち押し切ったディナースタ。2走前の積丹特別(1勝クラス)でも出負けから向こう正面で一気に先団へ取り付き、4角先頭から押し切りV。阪神芝3000mの競馬にフィットする。

2、3着候補には前走・差し届かずだった神戸新聞杯2着のヤマニンゼスト、同3着のボルドグフーシュ。主要トライアルの経由組だけに、馬券には組み込んでおきたい。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】アスクビクターモアの7枠は馬券内率100%も“条件付き” ガイアフォースは1枠1番

第83回菊花賞の枠順

【菊花賞/枠順】アスクビクターモアの7枠は馬券内率100%も“条件付き” ガイアフォースは1枠1番

◆【血統傾向】コース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「214」の伏兵

【菊花賞/血統傾向】コース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「214」の伏兵

【菊花賞/血統傾向】コース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「214」の伏兵

◆【前走ローテ】主要トライアル組の取捨がカギも、馬券内率“5割超”の2勝クラスに注目

【菊花賞/前走ローテ】主要トライアル組の取捨がカギも、馬券内率“5割超”の2勝クラスに注目

【菊花賞/前走ローテ】主要トライアル組の取捨がカギも、馬券内率“5割超”の2勝クラスに注目

Advertisement


◆【人気傾向】混戦時の1人気は不振傾向にあり、軸は「3~5人気」のゾーン

【菊花賞/人気傾向】混戦時の1人気は不振傾向にあり、軸は「3~5人気」のゾーン

【菊花賞/人気傾向】混戦時の1人気は不振傾向にあり、軸は「3~5人気」のゾーン

◆【動画プレーバック/菊花賞2021】同レースで23年ぶりとなる逃げ切りで4番人気タイトルホルダーが制する

菊花賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】注目の“上がり馬”に高評価「A」 前走が絶頂も「依然高いレベル」

◆【追い切り診断】ガイアフォースを上回る最高評価「S」 「勝ち負けを意識できる状態」

◆【追い切り診断】前走快勝の有力馬に不満の「B」評価 「人気ほどの信頼は置きづらい」

◆【追い切り診断】“くせ者”揃いの条件戦組に「A」評価 「文句なしの状態に仕上がる」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の惑星 「試走を終え、大仕事をやってのける」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“8人気”前後の伏兵 「この人気なら積極的に買いたい」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”以上の刺客 「ここに入っても見劣りしない」

◆【危険な人気馬】トライアル快勝の人気馬は“消し” 「見た目ほどインパクトを感じず」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で単勝回収率182%に上昇、名手騎乗で“軽視禁物”の伏兵

◆【データ攻略-前編】上位人気にタイトルホルダーの香りも ガイアフォースを後押しする「連対率100%」とは

◆【データ攻略-後編】「馬券内率80%超」のローテーションに注目 重賞初挑戦の伏兵に妙味あり

文●SPREAD編集部