【菊花賞/追い切り診断】注目の“上がり馬”に高評価「A」 前走が絶頂も「依然高いレベル」

■ガイアフォース

【中間調整】7月に小倉芝2000mの1勝クラス特別でレコード勝ち。そして菊花賞切符を掛けて臨んだ前走のセントライト記念では人気のアスクビクターモアをマークして進み、最後はこれを競り落として重賞初制覇を果たした。その後は短期放牧で激戦の疲れを癒し、10月1日に栗東へ帰厩。しばらくはケアに努め、6日に坂路14-14を出したのが初時計だった。13日の1週前は追いは前走同様、松山騎手が騎乗しての併せ馬。馬なりの相手を追走し、仕掛けられてわずかに届かなかったがこれは相手が走り過ぎた感もある。ガイアフォース自身の時計、伸びともに上々だった。

◆【菊花賞2022予想/穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”以上の刺客 「ここに入っても見劣りしない」

【菊花賞/穴ライズ】想定オッズ“20倍”以上の刺客 「ここに入っても見劣りしない」

【最終追い切り】松山騎手が騎乗し、栗東坂路単走で終いだけ伸ばすのも前走同様。他馬で混雑した時間帯だったが、序盤は泰然と自分の走りに集中。坂の途中からは仕掛けられた他厩舎の馬を目標に気持ちを乗せ、それでいて無理に抜きに行かず自然体のまま滑らかに加速した。全体時計は平凡だが、この馬はこれで問題ないタイプ。

【見解】前走時が絶頂のデキだったようで、それから比べるとさすがに若干だけ見劣るものの、気持ちそのものは張っており、脚捌きは軽快。心身ともに依然高いレベルにあると言っていい。前走でいい勝負根性を発揮して勝利を収めたように、気持ちの面で整ってさえいれば力をフルに発揮してくれそうだ。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】ガイアフォースを上回る最高評価「S」 「勝ち負けを意識できる状態」

【菊花賞/追い切り診断】ガイアフォースを上回る最高評価「S」 「勝ち負けを意識できる状態」

◆【追い切り診断】前走快勝の有力馬に不満の「B」評価 「人気ほどの信頼は置きづらい」

【菊花賞/追い切り診断】前走快勝の有力馬に不満の「B」評価 「人気ほどの信頼は置きづらい」

◆【追い切り診断】“くせ者”揃いの条件戦組に「A」評価 「文句なしの状態に仕上がる」

【菊花賞/追い切り診断】“くせ者”揃いの条件戦組に「A」評価 「文句なしの状態に仕上がる」

菊花賞2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の惑星 「試走を終え、大仕事をやってのける」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“8人気”前後の伏兵 「この人気なら積極的に買いたい」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”以上の刺客 「ここに入っても見劣りしない」

◆【危険な人気馬】トライアル快勝の人気馬は“消し” 「見た目ほどインパクトを感じず」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で単勝回収率182%に上昇、名手騎乗で“軽視禁物”の伏兵

◆【データ攻略-前編】上位人気にタイトルホルダーの香りも ガイアフォースを後押しする「連対率100%」とは

◆【データ攻略-後編】「馬券内率80%超」のローテーションに注目 重賞初挑戦の伏兵に妙味あり

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】アスクビクターモアの7枠は馬券内率100%も“条件付き” ガイアフォースは1枠1番

◆【血統傾向】コース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「214」の伏兵

◆【脚質傾向】「先行+差し」の組み合わせが基本 同舞台にフィットする“惑星”に警戒

◆【前走ローテ】主要トライアル組の取捨がカギも、馬券内率“5割超”の2勝クラスに注目

◆【人気傾向】混戦時の1人気は不振傾向にあり、軸は「3~5人気」のゾーン

◆【動画プレーバック/菊花賞2021】同レースで23年ぶりとなる逃げ切りで4番人気タイトルホルダーが制する

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします