【菊花賞/追い切り診断】“くせ者”揃いの条件戦組に「A」評価 「文句なしの状態に仕上がる」

■ドゥラドーレス

【中間調整】曾祖母にウインドインハーヘア、大伯父にディープインパクトという良血馬。1番人気に推された毎日杯が3着に終わり日本ダービーは断念となったが、8月に古馬相手の2勝クラス特別・藻岩山特別を快勝し菊花賞出走をほぼ確実にした。その後はノーザンファーム早来での休養、ノーザンファーム天栄での基礎鍛錬を経て10月5日に美浦へ戻っている。7日に坂路15-15、そして10日にウッドでさっそく3F39秒7-1F12秒4(馬なり)を出せたあたり、外厩での調整はかなりのレベルまで進んでいたようだ。1週前追いとなる13日のウッド追いには横山武騎手が騎乗し、2頭を追走。序盤から速いペースを刻み、ラストでも力強い脚を使って最先着を果たしている。

◆【菊花賞2022予想/データ攻略-後編】「馬券内率80%超」のローテーションに注目 重賞初挑戦の伏兵に妙味あり

【菊花賞/データ攻略-後編】「馬券内率80%超」のローテーションに注目 重賞初挑戦の伏兵に妙味あり

【最終追い切り】1週前追いで強い負荷を掛けられており、輸送を控える今週のウッド最終追いは比較的楽なペースで。前を行く2頭が大きく先行していたが、これを悠々と追い詰め、直線では内へ。相手2頭が仕掛けられ加速してきたが、これを楽に受け流し応戦。結局余力十分のまま併入とした。

【見解】肉体面や心肺機能は外厩であらかた完成。トレセンでは実戦感覚と操縦性を養い、想定以上に研ぎ澄まされている。1週前ではロックオンした相手を捉えに行く際に少しだけタイムラグがあったが、最終追いではそれが解消。文句なしの状態に仕上がっている。本当に良くなるのは4歳を迎えてからかもしれないが、現状の動きを見るに日本ダービーを諦め休養優先とした効果はやはり大きい。相手は一気に強化となるが、好勝負必至の態勢。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】注目の“上がり馬”に高評価「A」 前走が絶頂も「依然高いレベル」

【菊花賞/追い切り診断】注目の“上がり馬”に高評価「A」 前走が絶頂も「依然高いレベル」

◆【追い切り診断】ガイアフォースを上回る最高評価「S」 「勝ち負けを意識できる状態」

【菊花賞/追い切り診断】ガイアフォースを上回る最高評価「S」 「勝ち負けを意識できる状態」

◆【追い切り診断】前走快勝の有力馬に不満の「B」評価 「人気ほどの信頼は置きづらい」

【菊花賞/追い切り診断】前走快勝の有力馬に不満の「B」評価 「人気ほどの信頼は置きづらい」

菊花賞2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の惑星 「試走を終え、大仕事をやってのける」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“8人気”前後の伏兵 「この人気なら積極的に買いたい」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”以上の刺客 「ここに入っても見劣りしない」

◆【危険な人気馬】トライアル快勝の人気馬は“消し” 「見た目ほどインパクトを感じず」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で単勝回収率182%に上昇、名手騎乗で“軽視禁物”の伏兵

◆【データ攻略-前編】上位人気にタイトルホルダーの香りも ガイアフォースを後押しする「連対率100%」とは

◆【データ攻略-後編】「馬券内率80%超」のローテーションに注目 重賞初挑戦の伏兵に妙味あり

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】アスクビクターモアの7枠は馬券内率100%も“条件付き” ガイアフォースは1枠1番

◆【血統傾向】コース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「214」の伏兵

◆【脚質傾向】「先行+差し」の組み合わせが基本 同舞台にフィットする“惑星”に警戒

◆【前走ローテ】主要トライアル組の取捨がカギも、馬券内率“5割超”の2勝クラスに注目

◆【人気傾向】混戦時の1人気は不振傾向にあり、軸は「3~5人気」のゾーン

◆【動画プレーバック/菊花賞2021】同レースで23年ぶりとなる逃げ切りで4番人気タイトルホルダーが制する

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします