Advertisement

【朝日杯FS/追い切り診断】連敗中の想定“10人気”以上に高評価「A」 「攻め気配は相当のレベル」

 

【朝日杯FS/追い切り診断】連敗中の想定“10人気”以上に高評価「A」 「攻め気配は相当のレベル」

■グラニット

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】デビュー3戦目の新潟2歳Sは先行策から伸びずバテずの6着に終わったが、そこから中5週で臨んだ前走・サウジアラビアRCでは大逃げを打ち最後まで粘りに粘って2着を確保してみせた。その後大きなダメージが見られないことから朝日杯フューチュリティSかホープフルSのどちらかを候補として短期放牧。マイル重賞の経験を重視し、朝日杯フューチュリティS出走を決め11月23日に美浦へ戻っている。24日に坂路14-14を消化し、30日には嶋田騎手を背に坂路併せ馬で準オープン馬をアオるなど放牧での緩みは感じられず、いっそうパワーアップを果たしたようだ。1週前追いはウッドで3頭併せ。追い出しをギリギリまで我慢し、直線半ばで促されると鋭く弾けて最先着としている。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2022予想/データ攻略】“12人気2着馬”とリンクする臨戦過程 「馬券内率100%」の鉄板条件

【最終追い切り】1週前のウッド調教で自己ベストを更新しており、輸送を控えた当週は坂路で終い重点の併せ馬。目標とした古馬2勝クラスを坂の手前で外からマクり、大きな距離ロスもなんの、直線半ばで鋭く抜き去って先着を果たした。気迫十分といった雰囲気で、反応も機敏そのもの。

【見解】坂路でそこまで動かないタイプでラスト2F12秒6-12秒5(強め)とそこまで切れなかったが、気持ちの強さや踏み込み力強さは特筆レベルと言える。坂路、ウッドともにこの中間は以前と比較して全体時計を大幅に短縮できており、短期放牧でグンと成長したよう。体幹の強そうな走りっぷりにも好感が持てる。初の関西遠征とあって最終追いをこれまでのウッドから坂路に切り替えたのがどう出るかだが、攻め気配は相当のレベル。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】ドルチェモアを上回る最高評価「S」 「時計は文句なし、脚捌きはド迫力」

◆【追い切り診断】無敗の重賞馬に“まさか”の辛口「B」評価 「何か順調さを欠いてのことか…」

◆【追い切り診断】上位人気馬を上回る「A」評価の太鼓判 「連勝も十分にありそうなデキ」

朝日杯フューチュリティステークス2022予想コラム一覧

▼データ攻略
◆【データ攻略】無敗馬を後押しする“馬券内率100%” 「白毛の名牝」にも共通するローテとは

Advertisement


◆【データ攻略】人気一角に「馬券内率75%」の追い風 無類の強さでGI奪取を目論む

◆【データ攻略】勝率“7割超”に該当の伏兵 「0か100か」狂気のポテンシャル

◆【データ攻略】“12人気2着馬”とリンクする臨戦過程 「馬券内率100%」の鉄板条件

▼騎手データ
◆【騎手データ】人気を下回るルメールより信頼すべき名手と、警戒すべき“穴メーカー”

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】前日“10人気”前後の盲点 「下馬評を覆しどんでん返しを起こす」

◆【穴馬アナライズvol.2】単勝オッズ“30倍”以上の伏兵 「先週に続く1勝馬の一発を狙う」

Advertisement


◆【穴馬アナライズvol.3】想定“6人気”前後の刺客 「この人気なら間違いなく買いの判断」

◆【危険な人気馬】連勝中の重賞馬は“消し”評価 「勝ち馬の条件を満たしていない」

▼血統傾向
◆【血統傾向】新種牡馬×母父“単回収値410”の配合に注目 ダノンタッチダウンは減点

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ダノンタッチダウンは“勝率0%”の6枠 馬券内「4年連続」の好枠に伏兵が入る

◆【前走ローテ】ドルチェモアに“鉄板”データも、2週連続「新馬組」に警戒

◆【脚質傾向】ダノンタッチダウンに“黄信号” 末脚より「先行力」が重要

◆【人気傾向】1人気は「5年連続」馬券内も、過去“馬券外”の共通点

◆【動画プレーバック/朝日杯フューチュリティステークス2021】3人気ドウデュースが外から差し切り無傷の3連勝、武豊騎手のGI完全制覇は残り1つに

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【追い切り診断】想定2桁オッズの伏兵に“高評価” 完成形迎え、「ドウデュースを逆転するのはこの馬か」

◆【追い切り診断】穴人気が想定される“京都巧者”に辛口「B」評価 チグハグで素軽さ欠ける……精神面に懸念

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン