Advertisement

【朝日杯FS/騎手データ】人気を下回るルメールより信頼すべき名手と、警戒すべき“穴メーカー”

【朝日杯FS/騎手データ】人気を下回るルメールより信頼すべき名手と、警戒すべき“穴メーカー”

18日は阪神競馬場で2歳牡馬のナンバーワンマイラーを決める朝日杯フューチュリティS(GI、芝1600m)が行われます。2013年までは中山が舞台でしたが、14年のホープフルSのGII昇格(後にGI昇格)と同時に舞台か中山から阪神に変わりました。

今回は阪神移行後となる2014年以降の過去データを基に気になる「騎手データ」を見ていきます。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2022予想/追い切り診断】ドルチェモアを上回る最高評価「S」 「時計は文句なし、脚捌きはド迫力」

■藤岡佑介騎手は穴メーカーの可能性あり

今年の朝日杯フューチュリティSに騎乗する騎手の中で、2014年以降の過去レースで騎乗経験があるのは11騎手。各騎手のデータは次の通りです。

[2014年以降]朝日杯FSの騎手別成績

そもそもの施行数が限られることもあり、やや尖ったデータが算出されましたが、そのなかで着順と人気のバランスに最も優れると判断できるのが藤岡佑介騎手です。同騎手は2018年クリノガウディー(9人気2着)で激走。2020年ブルースピリットも13番人気ながら3着馬とは0秒1差の5着に大健闘。

通過順を見ると、人気薄の馬を前々の競馬で最後まで粘らせていることが分かります。【先行馬】×【藤岡佑介騎手】の組み合わせは要警戒と言えるでしょう。

今年、藤岡佑介騎手が騎乗予定なのが前日12時時点15番人気の1勝馬ニシノベストワン(牡、栗東・新谷功一厩舎)。人気だけを見てしまうとかなり厳しそうですが、この騎手なら激走の可能性は残されているかもしれませんね。

Advertisement


■集計期間内最多勝利は川田将雅騎手

続いて集計期間内最多となる2勝を誇る川田将雅騎手のデータを見ていきましょう。2016年ミスエルテ(1人気4着)では人気を裏切ってしまいましたが、実は過去6度の騎乗で人気を下回る着順だったのはこの1度だけ。

2017年ダノンプレミアム(1人気1着)、20年グレナディアガーズ(7人気1着)の結果から人気で信頼でき、穴でも怖いと判断できますね。なお、今年の朝日杯フューチュリティSで川田将雅騎手が跨るのが前日12時時点2番人気のダノンタッチダウン(牡、栗東・安田隆行厩舎)。

人気以上に導く傾向、ダノンプレミアムと同じオーナー、グレナディアガーズと同じ生産牧場であれば特に割り引く必要はなさそうです。

■連対率4割弱、武豊騎手のジャッジは

続いて昨年ドウデュース(3人気)を勝利に導いた武豊騎手のデータを見ていきましょう。ドウデュース以外にも2015年エアスピネル(1人気2着)、19年タイセイビジョン(2人気2着)と3度の連対経験があるのが何よりの強みですね。

注目ファクターは人気で、【武豊騎手】×【当日3番人気以内】は【1.2.0.1】で連対率は驚きの75.0%です。さらに単勝回収率195%、複勝回収率125%ですから、朝日杯フューチュリティSで人気の武豊騎手は「買い」ですね。

そんな武豊騎手が騎乗予定なのが前日12時時点12番人気の外国産馬フロムダスク(牡、栗東・森秀行厩舎)。さすがに当日3番人気以内に推される可能性は低く、4番人気以下は馬券に絡めていないデータからは静観妥当と見ます。

■C.ルメール騎手は6鞍全てで人気を下回る着順

最後に人気馬に跨る機会が多かったC.ルメール騎手について見ていきましょう。どうやら朝日杯フューチュリティSを苦手としているようで、2016年ダンビュライト(2人気13着)、17年タワーオブロンドン(2人気3着)、18年グランアレグリア(1人気3着)、21年ジオグリフ(2人気5着)などのように6鞍全てで人気を下回る結果が続いています。

Advertisement


様々なデータと組み合わせても特に買いとなるデータは見つからず、評価を下げて良さそうです。なお、今年の朝日杯フューチュリティSでC.ルメール騎手が跨るのが前日12時時点5番人気のオオバンブルマイ(牡、栗東・吉村圭司厩舎)。2戦2勝の無敗馬で、貴重な重賞勝ち馬ではありますが、押さえで十分でしょう。

以上、朝日杯FSの気になる騎手データでした。データ注目騎手としてダノンタッチダウンに跨る川田将雅騎手を推奨します。

最後にダノンタッチダウンの馬体を軽く解説します。先週の阪神ジュベナイルFを制した馬体完成度の高いリバティアイランドと比べると、ダノンタッチダウンの馬体はまだまだ子ども。具体的にはメリハリに欠ける馬体です。

レース中の走り、稽古とも幼さ全開ですが、末脚の破壊力は世代屈指と言えそうです。それだけに幼い馬の扱いに長けた川田将雅騎手が跨るのは心強いと考えます。

朝日杯フューチュリティステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ドルチェモアを上回る最高評価「S」 「時計は文句なし、脚捌きはド迫力」

◆【追い切り診断】無敗の重賞馬に“まさか”の辛口「B」評価 「何か順調さを欠いてのことか…」

◆【追い切り診断】上位人気馬を上回る「A」評価の太鼓判 「連勝も十分にありそうなデキ」

◆【追い切り診断】連敗中の想定“10人気”以上に高評価「A」 「攻め気配は相当のレベル」

▼データ攻略
◆【データ攻略】無敗馬を後押しする“馬券内率100%” 「白毛の名牝」にも共通するローテとは

◆【データ攻略】人気一角に「馬券内率75%」の追い風 無類の強さでGI奪取を目論む

◆【データ攻略】勝率“7割超”に該当の伏兵 「0か100か」狂気のポテンシャル

◆【データ攻略】“12人気2着馬”とリンクする臨戦過程 「馬券内率100%」の鉄板条件

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】前日“10人気”前後の盲点 「下馬評を覆しどんでん返しを起こす」

◆【穴馬アナライズvol.2】単勝オッズ“30倍”以上の伏兵 「先週に続く1勝馬の一発を狙う」

◆【穴馬アナライズvol.3】想定“6人気”前後の刺客 「この人気なら間違いなく買いの判断」

◆【危険な人気馬】連勝中の重賞馬は“消し”評価 「勝ち馬の条件を満たしていない」

▼血統傾向
◆【血統傾向】新種牡馬×母父“単回収値410”の配合に注目 ダノンタッチダウンは減点

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ダノンタッチダウンは“勝率0%”の6枠 馬券内「4年連続」の好枠に伏兵が入る

◆【前走ローテ】ドルチェモアに“鉄板”データも、2週連続「新馬組」に警戒

◆【脚質傾向】ダノンタッチダウンに“黄信号” 末脚より「先行力」が重要

◆【人気傾向】1人気は「5年連続」馬券内も、過去“馬券外”の共通点

◆【記録室】「あと1勝」今村聖奈、史上5人目のルーキーイヤー“年間50勝”へリーチ

◆【動画プレーバック/朝日杯フューチュリティステークス2021】3人気ドウデュースが外から差し切り無傷の3連勝、武豊騎手のGI完全制覇は残り1つに

著者プロフィール

伊藤大輔(いとうだいすけ)●「UMAJIN.net」編集部
秋田県生まれ。スポーツ関連書籍出版社、競馬専門紙の勤務を経て、現在はUMAJIN .netでライティング、競馬データ解析等を担当。『SPREAD』では主観的要素の強い「馬体解析」と客観的なデータの蓄積である「騎手データ」から、注目すべき馬と騎手を取り上げていく。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします