【宝塚記念/追い切りジャッジ】レイパパレは「S」評価 自己ベスト更新「逞しさが格段に向上」

■レイパパレ

【中間調整】前走の大阪杯は4カ月ぶりの出走。その前走時で422キロと華奢な馬だが、力を要する重馬場をものともせず軽快に逃げ切り無傷6連勝でGIウィナーとなった。大阪杯を走る前の時点では、次戦としてヴィクトリアマイルあたりが視野にあったようだが、レースの結果を踏まえ方針を転換。4月27日にキャロットクラブのHPで宝塚記念参戦が表明された。中間は牧場でじっくりケアを施し、きっちり仕上げてからトレセンに戻すのは大阪杯時同様。6月13日に帰厩後の初時計として坂路14-14をこなすと、1週前追いにあたる16日の坂路併せ馬では悪い馬場をものともせず、鋭い切れを見せ先着した。

【宝塚記念2021/追い切りジャッジ】クロノジェネシスに辛口「B」評価 「闘争心は万全ではない」

【最終追い切り】1週前の併せ馬で闘志注入が完了しており、今週は単走での調整。序盤はブレのない、リズミカルな脚捌きで登坂すると仕掛けられたラストでは機敏にギアを上げ、鋭く切れた。4F全体51秒6(一杯)は、自己ベストを大きく更新する数字。とても単走とは思えない気迫十分の走りが印象的だった。

【見解】トレセン入りしての本数が物足りなく感じるが、前走も同様の調整で勝利。華奢な馬ということもあってか、ギリギリまで牧場で調整したほうがいいタイプなのだろう。調整ペースは前走を踏襲しているが、逞しさが格段に向上したようで攻めの強度は数段階上。自己ベストを更新してみせたように、肉体のパワーアップぶりは著しい。とにかく今週の動きが絶品。最高潮の状態で7連勝を目指す。

総合評価「S」

■宝塚記念2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】巻き返し可能の“盲点”、好走条件ズラリで相手に入れるべき1頭

◆【穴馬アナライズ】素質開花で三強の“一角崩し”、前売り単勝10倍台の伏兵

◆【穴馬アナライズ】モズベッロ、掲示板内率80%の得意コースで軽視禁物

▼データ予想
◆【前編・有力馬】クロノジェネシスとレイパパレの明と暗、どちらかに該当する「馬券内0%」のデータとは

◆【後編・穴馬】データが導くモズベッロ 馬券内率「100%」の買いの条件とは

▼追い切り予想
◆【有力馬】レイパパレは「S」評価 自己ベスト更新「逞しさが格段に向上」

◆【有力馬】クロノジェネシスに辛口「B」評価 「闘争心は万全ではない」

◆【有力馬】クロノジェネシスを上回る「A」評価 「心身のバランスは相当いい」

◆【有力馬】推定7番人気以下の伏兵に「A」評価 「状態は確実に前走以上」

▼その他、データ傾向
◆【馬場情報】阪神は「芝・ダ:良」、芝のクッション値は「9.9」で前年より速い時計決着か

◆【枠順】最多7勝を誇る8枠にはキセキが入る クロノジェネシスの5枠は過去10年未勝利 

◆【騎手データ】ルメール騎手は馬券圏内なし 同騎手を明らかに凌ぐ「グランプリの鬼」とは

◆【危険な人気馬】クロノジェネシス、5つの“消し”条件 競馬界の「第7世代」の勢いを支持

◆【適性診断】前年の覇者・クロノジェネシスに警鐘 「今年は“鬼門”のレース上がり35秒台の可能性」

◆【脚質傾向】上がり最速馬は「連対率100%」、レイパパレは全6戦のうち最速は2戦

◆【人気傾向】上位人気信頼も特筆すべきは6番人気、複勝率は驚異の50%

◆【前走ローテ】昨年とは異なるローテを歩んでの参戦、クロノジェネシスに不安データあり

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします