【エリザベス女王杯/データ攻略】秋の女王決定戦は波乱の様相 東の有力馬2頭に立ちはだかる「2つの壁」とは

今週は阪神競馬場でエリザベス女王杯(芝2200m)が行われる。

ラッキーライラックの連覇、クロコスミアの3年連続2着などリピーターの活躍が目立つレース。今年は過去の3着内馬が不在の年だが、2200mの特殊距離での施行だけに、距離適性や右回りの急坂適性など気に留めたい箇所は決して少なくない。

この記事ではデータ面からエリザベス女王杯を紐解き、攻略への糸口を見つけていきたい。

◆【エリザベス女王杯2021予想/危険な人気馬-前編】3強の一角は“消し” 非根幹距離の女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

【エリザベス女王杯/危険な人気馬-前編】3強の一角は“消し” 非根幹距離の女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

■アカイトリノムスメが立ち向かう鬼門データ

ぶっつけ本番で臨んだ前走秋華賞。決して楽ではないローテーションで母アパパネとの同一GI制覇を成し遂げたアカイトリノムスメ。今回は牡馬混合重賞で研さんを積んだ古馬相手となるが、目下の勢いと古馬の壁。はたしてどちらを取るべきか、今回提示するデータはこちら。

・3歳関東馬の成績【0-1-0-8】

牝馬三冠すべてで馬券内を確保したホエールキャプチャ、ヌーヴォレコルトもこの壁をクリアすることは叶わず。他にもノームコア、ルージュバックといったのちの牡馬混合重賞勝ち馬が馬券圏外に敗れ去っていた。強烈な向かい風のなか施行された秋華賞を制したアカイトリノムスメ。はたして今回の向かい風を切り裂くことができるのだろうか。

■ウインマリリンが克服すべき「関西圏」の壁

前走オールカマーは並み居る強豪を撃破。3つ目となる重賞タイトルを手にGI獲りを目論むのがウインマリリンだ。当時負かしたレイパパレ、ウインキートスと勝負付けが済んだとみなせばここは最大のチャンス到来と言える鞍。しかし、今回は以下のデータから目を背けてはならない。

・関西圏の成績【0-0-0-3】

ホーム&アウェーの概念を競馬の世界に持ち込むのであれば、この馬はやや内弁慶なきらいがある。加えて全3勝の重賞はいずれも内枠を引き当てたときのもので、今回の5枠9番は内枠には該当しない。前走の再現を望むには少々酷なシチュエーションと言えそうだ。

後編ではデータ面から浮上するエリザベス女王杯の穴馬候補2頭を紹介する。

◆【エリザベス女王杯2021予想/データ攻略・後編】「人」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた「騎手×西の厩舎」の組み合わせ

【エリザベス女王杯/データ攻略】「人」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた「騎手×西の厩舎」の組み合わせ

エリザベス女王杯2021予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で過去「100%」データの2騎手 大穴は“阪神芝2200mの鬼”

▼追い切り予想
◆【S評価】有力馬を上回る「S」評価は前走惜敗馬 名手の“最後の味付け”完了でいざ復権Vへ

◆【A評価】上位人気馬に「A」評価 「名門厩舎」の絶妙なさじ加減で高値安定

◆【A評価】下位人気想定の穴馬に高評価 「大仕事をやってのける可能性は十分にある」

◆【B評価】重賞3勝馬ウインマリリン 中間“一頓挫あり”の影響は……

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ/前編】ラヴズもクロノも3歳時は完敗……カギを握る3歳馬の“取捨”

◆【穴馬アナライズ/後編】堅実な末脚はメンバー随一 前日10人気前後の“盲点”を抜擢

◆【穴馬アナライズ/後編】前走敗戦は「展開のアヤ」 この人気なら積極的に“買い”

◆【穴馬アナライズ/後編】単勝オッズ20倍以上の“伏兵” 馬場状態を加味すれば急浮上

◆【危険な人気馬・前編】3強の一角は“消し” 非根幹距離の女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬・後編】レイパパレを上回る「鬼脚」を持つ伏兵馬 得意の右回りで波乱を巻き起こす

▼その他データ傾向
◆【枠順】好枠にGI制覇を目論むウインキートスが入る 上位人気2頭は内目の枠へ

◆【血統傾向】阪神芝2200mで活気づく「ヌレイエフ」 該当する穴馬に“大駆け”警報

◆【脚質傾向】阪神開催の女王決定戦、ポイントは「上がり最速」 注目すべき人気馬とは

◆【前走ローテ】最多連対は前走「府中牝馬S組」も、複勝率42.9%を誇る別路線組に注目

◆【人気傾向】昨年勝利も1番人気が不調な女王決定戦 注目すべきは5年連続好走中の「3番人気」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「エリザベス女王杯」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします