【エリザベス女王杯/データ攻略】「人」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた「騎手×西の厩舎」の組み合わせ

前編ではアカイトリノムスメウインマリリンの明暗分かれるデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【エリザベス女王杯2021予想/データ攻略・前編】秋の女王決定戦は波乱の様相 東の有力馬2頭に立ちはだかる「2つの壁」とは

【エリザベス女王杯/データ攻略】秋の女王決定戦は波乱の様相 東の有力馬2頭に立ちはだかる「2つの壁」とは

■データが導く2021エリザベス女王杯の穴馬候補は

<穴候補1 ウインキートス>

前走オールカマーはウインマリリンに次ぐ2着。今年に入り着実に力をつけてきたウインキートス。勝ち馬との0秒3差は決定的なものにも思えるが、ここは8枠15番プラスに働きそうだ。

・馬番ふた桁番時の成績【3-0-2-1】

目黒記念、オールカマーのイメージから内枠巧者との印象を抱いてしまうが、今年3月の湾岸Sをはじめ大外枠から上がり3F最速の脚を使えるのが大きな強み。昨年のエリザベス女王杯は馬番ふた桁番の馬が1-4着までを占めており、外枠有利のコース形態も見逃せない。

<穴候補2 クラヴェル>

3走前から重賞で好走を続ける馬。母ディアデラマドレはこのレースで3着に入っているものの、同馬との比較で重賞未勝利はやや実績不足にも映るものの、難題をクリアすべく、ここではデータにおける「人」の力を借りたい。

・横山典弘×安田翔厩舎の芝重賞成績【1-1-3-1】

本馬以外の代表馬はキングオブコージ。横山典弘とのコンビで競走馬生活がガラリと変わった1頭だ。厩舎が全幅の信頼を置くジョッキーとの継続騎乗で臨むGIの舞台。エリザベス女王杯3着の母超えをはたす可能性は頭に入れておきたいところだ。

◆【エリザベス女王杯2021予想/データ攻略・前編】秋の女王決定戦は波乱の様相 東の有力馬2頭に立ちはだかる「2つの壁」とは

【エリザベス女王杯/データ攻略】秋の女王決定戦は波乱の様相 東の有力馬2頭に立ちはだかる「2つの壁」とは

エリザベス女王杯2021予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で過去「100%」データの2騎手 大穴は“阪神芝2200mの鬼”

▼追い切り予想
◆【S評価】有力馬を上回る「S」評価は前走惜敗馬 名手の“最後の味付け”完了でいざ復権Vへ

◆【A評価】上位人気馬に「A」評価 「名門厩舎」の絶妙なさじ加減で高値安定

◆【A評価】下位人気想定の穴馬に高評価 「大仕事をやってのける可能性は十分にある」

◆【B評価】重賞3勝馬ウインマリリン 中間“一頓挫あり”の影響は……

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ/前編】ラヴズもクロノも3歳時は完敗……カギを握る3歳馬の“取捨”

◆【穴馬アナライズ/後編】堅実な末脚はメンバー随一 前日10人気前後の“盲点”を抜擢

◆【穴馬アナライズ/後編】前走敗戦は「展開のアヤ」 この人気なら積極的に“買い”

◆【穴馬アナライズ/後編】単勝オッズ20倍以上の“伏兵” 馬場状態を加味すれば急浮上

◆【危険な人気馬・前編】3強の一角は“消し” 非根幹距離の女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬・後編】レイパパレを上回る「鬼脚」を持つ伏兵馬 得意の右回りで波乱を巻き起こす

▼その他データ傾向
◆【枠順】好枠にGI制覇を目論むウインキートスが入る 上位人気2頭は内目の枠へ

◆【血統傾向】阪神芝2200mで活気づく「ヌレイエフ」 該当する穴馬に“大駆け”警報

◆【脚質傾向】阪神開催の女王決定戦、ポイントは「上がり最速」 注目すべき人気馬とは

◆【前走ローテ】最多連対は前走「府中牝馬S組」も、複勝率42.9%を誇る別路線組に注目

◆【人気傾向】昨年勝利も1番人気が不調な女王決定戦 注目すべきは5年連続好走中の「3番人気」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「エリザベス女王杯」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします