【エリザベス女王杯/危険な人気馬-後編】レイパパレを上回る「鬼脚」を持つ伏兵馬 得意の右回りで波乱を巻き起こす

「前編」ではアカイトリノムスメの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではアカイトリノムスメに代わる本命、そして穴馬4頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【エリザベス女王杯2021予想/危険な人気馬-前編】3強の一角は“消し” 非根幹距離の女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

【エリザベス女王杯/危険な人気馬-前編】3強の一角は“消し” 非根幹距離の女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

■エリ女はリピーターに要注意

本命には、前走のGIII・クイーンSを上がり最速の末脚で差し切ったテルツェットを指名する。これまで一戦必勝の態勢で大事に使われてきた4歳牝馬だが、晩成系の血統でもありここにきて力を付けてきた印象。前走のクイーンSでは最後方から上がり最速の末脚を繰り出し、強豪マジックキャッスルらを破り重賞2勝目を挙げた。「爆裂」ともいえるその末脚は通用の余地があり、【3-0-1-0】と圧巻の成績を残している得意の右回りなら大敗したGIの舞台でも巻き返せる。また、1800mで2勝を挙げるなど「非根幹距離」の経験もここで生きてくるだろう。人気的にも美味しい一頭だ。

対抗はレイパパレ。前走オールカマーは2番手から脚を伸ばしてきたものの他馬の目標になってしまった影響もあり、早め抜け出しの形を取らざるを得なかった。4着に惜敗してしまったが、敗因は展開のアヤでコントレイルやグランアレグリアらを破った大阪杯の実績だけみてもここは上位進出は確実だろう。

以下、押さえでランブリングアレーステラリアクラヴェルソフトフルートとする。

ソフトフルートは前走の新潟牝馬Sで4カ月の休養明けながら2着に好走した。新潟2200mという条件からも「非根幹距離」を経験済み。さらに強調すべきは昨年のエリザベス女王杯で6着に惜敗している点で、もともとこのレースはリピーターが続出しており、2020年、19年を連覇したラヴズオンリーユーをはじめ、3年連続2着に好走したクロコスミア、2年連続3着のミッキークイーンなど各年でリピーターを輩出している。前年度の出走メンバーの中でも人気妙味があり、波乱を呼び起こしてほしいところだ。

◆【エリザベス女王杯2021予想/危険な人気馬-前編】3強の一角は“消し” 非根幹距離の女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

【エリザベス女王杯/危険な人気馬-前編】3強の一角は“消し” 非根幹距離の女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

エリザベス女王杯2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】有力馬を上回る「S」評価は前走惜敗馬 名手の“最後の味付け”完了でいざ復権Vへ

◆【A評価】上位人気馬に「A」評価 「名門厩舎」の絶妙なさじ加減で高値安定

◆【A評価】下位人気想定の穴馬に高評価 「大仕事をやってのける可能性は十分にある」

◆【B評価】重賞3勝馬ウインマリリン 中間“一頓挫あり”の影響は……

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ/前編】ラヴズもクロノも3歳時は完敗……カギを握る3歳馬の“取捨”

◆【穴馬アナライズ/後編】堅実な末脚はメンバー随一 前日10人気前後の“盲点”を抜擢

◆【穴馬アナライズ/後編】前走敗戦は「展開のアヤ」 この人気なら積極的に“買い”

◆【穴馬アナライズ/後編】単勝オッズ20倍以上の“伏兵” 馬場状態を加味すれば急浮上

▼その他データ傾向
◆【枠順】好枠にGI制覇を目論むウインキートスが入る 上位人気2頭は内目の枠へ

◆【血統傾向】阪神芝2200mで活気づく「ヌレイエフ」 該当する穴馬に“大駆け”警報

◆【脚質傾向】阪神開催の女王決定戦、ポイントは「上がり最速」 注目すべき人気馬とは

◆【前走ローテ】最多連対は前走「府中牝馬S組」も、複勝率42.9%を誇る別路線組に注目

◆【人気傾向】昨年勝利も1番人気が不調な女王決定戦 注目すべきは5年連続好走中の「3番人気」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で過去「100%」データの2騎手 大穴は“阪神芝2200mの鬼”

◆【データ攻略/前編】秋の女王決定戦は波乱の様相 東の有力馬2頭に立ちはだかる「2つの壁」とは

◆【データ攻略/後編】「人」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた「騎手×西の厩舎」の組み合わせ

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします