【マイルCS/危険な人気馬-後編】グランとシュネルを上回る 「阪神適性抜群」の穴馬を本命視

「前編」ではシュネルマイスターの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではシュネルマイスターに代わる本命、そして穴馬4頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【マイルチャンピオンシップ2021予想/危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 世代交代が謳われるマイル戦で「買うべきではない」1頭とは

【マイルCS/危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 世代交代が謳われるマイル戦で「買うべきではない」1頭とは

■グランに対抗できるのは阪神色が強い3歳馬

本命には、前走のスワンSで逃げて3着に好走した3歳牡馬ホウオウアマゾンを指名する。前走の馬体重はプラス22キロと明らかに太目残りだったのにも関わらず、抜群のゲートセンスから先頭に立ち逃げの手を打った。最後は久々もあり脚が上がってしまい3着には敗れたものの次戦に期待できる内容だった。また血統面にも魅力があり、姉ギモーヴは全4勝を阪神競馬場で挙げるなど「阪神巧者」が多く輩出される血統。有力馬が差し脚を牽制するケースになった場合、この馬の逃げ残りは現実的になりそうで人気妙味からも絶好の狙い目だろう。

対抗はサリオス。前走安田記念は残り2F付近で前が詰まって躓いてしまった影響もあり8着に惨敗してしまったが、不利が無かったら馬券内もあっただけに昨年のリベンジを果たす絶好の機会だろう。姉のサラキアも5歳時にエリ女2着、有馬記念2着などといった成績を収め、全盛期を迎えたようにハーツクライ特有の成長曲線を描きつつあるサリオスのマークは必須だろう。

以下、押さえでグランアレグリアインディチャンプグレナディアガーズケイデンスコールダノンザキッドとする。ダノンザキッドは前走の富士Sで6カ月の休養明けながら4着に好走した。一方で栗東所属馬なのにも関わらずこれまで全6戦のうち5戦は関東圏(東京・中山)で行われた「アウェー」の中でのレースだったように、タフな条件下で力を発揮してきた経緯の持ち主だ。デビュー以来最も強い勝ち方だった新馬戦(阪神芝1800m)の舞台に戻る今回は実力を最大限に発揮できるとみて波乱の立役者に指名する。

▼その他穴馬予想
◆【危険な人気馬・前編】2強の一角は“消し” 世代交代が謳われるマイル戦で「買うべきではない」1頭とは

【マイルCS/危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 世代交代が謳われるマイル戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【穴馬アナライズ・前編】シュネルマイスターは△評価 今の阪神芝でも“前有利”を唱える理由

【マイルCS/穴馬アナライズ-前編】シュネルマイスターは△評価 今の阪神芝でも“前有利”を唱える理由

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.1】前走惜敗は好走の布石、3歳世代から“買い”ジャッジの盲点

【マイルCS/穴馬アナライズ-後編】前走惜敗は好走の布石、3歳世代から“買い”ジャッジの盲点

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.2】単勝10人気前後の伏兵 ノーマークで波乱を呼ぶ「阪神巧者」

【マイルCS/穴馬アナライズ-後編】単勝10人気前後の伏兵 ノーマークで波乱を呼ぶ「阪神巧者」

マイルチャンピオンシップ2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】グランアレグリアを上回る「S」評価 “気持ちの乗り”は文句なし

◆【A評価】有力馬を上回る高評価は“人馬一体”を示した伏兵 「勝ち負けの可能性十分」

◆【A評価】前走大敗の穴馬に「A」評価 「絶好の仕上がり」で得意の阪神へ

◆【B評価】前走惜敗のグランアレグリア、気になるレース後の反動は……

▼データ予想
◆【騎手データ】軸は条件合致で馬券圏内率80%超 相手に“穴ジョッキー”の惑星

◆【データ攻略/前編】激戦必須で難解な8ハロン戦 有力馬を後押しする2つの「次走好走データ」とは

◆【データ攻略/後編】2強の牙城を崩す新興勢力 「7年連続好走中」の条件揃う伏兵馬とは

▼その他データ傾向
◆【枠順】世代交代を目論むシュネルマイスターは2枠3番 好調の3枠には伏兵馬が入る

◆【血統傾向】オッズ10倍以上で“激走”率80% 阪神芝にフィットする「ロベルト」

◆【脚質傾向】最多勝利の差しを押えるべきも、「上がり最速馬」に不安データあり

◆【前走ローテ】マイル組が好成績も、京成杯AH組は馬券内率0%でグレナディアガーズらに警鐘

◆【人気傾向】連対率60.0%の3番人気を素直に信頼も、押さえるべき単回収率「250」の…

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします