【ジャパンC/追い切りジャッジ】自己ベストマークのコントレイルに高評価 ラストランVへ「万全の状態」

■コントレイル

【中間調整】ぶっつけではあったが、ほぼキンキンの仕上げで挑んだ前走の天皇賞・秋。スタートでやや態勢を崩す場面があり、許容範囲ではあったが想定よりは1列後ろの位置取りとなったようだ。直線ではさすがの脚力で抜け出してきたが、エフフォーリアを捉えられずの2着に終わっている。1番人気は裏切ってしまったが、超ハイレベル戦で上がり最速をマーク。負けて強しの一戦だった。その後は引退レースと明言したジャパンカップに向け、在厩で調整されている。レース後しばらくはプール調整で体をほぐし、11月11日の坂路追いで2F13秒2-13秒0(馬なり)をマークしたのが初時計。14日にはCWにも下ろされており、激戦だった前走からしっかり回復できたようだ。1週前のCW3頭併せでは5F62秒4(馬なり)と自己ベストの破格時計をマーク。

◆【ジャパンカップ2021予想/追い切りジャッジ】シャフリヤールに辛口評価 「前走のダメージが思った以上に……」

【ジャパンC/追い切りジャッジ】シャフリヤールに辛口評価 「前走のダメージが思った以上に……」

【最終追い切り】1週前のCW追いである程度苛め、当週の坂路で走りのバランスと気持ちを整えるのがいつものパターン。ラストランの今回もそれをしっかり踏襲し、福永騎手を背に坂路単走。鞍上が感触を確かめるように軽くだけ促すと、まったくブレなく真一文字の勢いで登坂。ラストでは馬自ら気持ちを乗せ、重心を沈めて伸びた。

【見解】前走が究極レベルの仕上げ。レースでは上がり最速をマークしており、反動が懸念されるところだったが持ち前の強靭さでしっかり回復を果たしたようだ。1週前のCW追い、最終追いの坂路とまさに思い残すところのない仕上げを施されている。さすがに前走以上とまでは言えないものの、有終の美を飾るにふさわしい、万全の状態で出走できそう。

総合評価「A」

▼その他追い切り予想
◆【ジャパンカップ2021予想/追い切りジャッジ】“2強”を上回る「S」評価 心身ともに充実で「これ以上ない仕上がり」

【ジャパンC/追い切りジャッジ】“2強”を上回る「S」評価 心身ともに充実で「これ以上ない仕上がり」

◆【ジャパンカップ2021予想/追い切りジャッジ】シャフリヤールを上回る「A」評価は人気の盲点 反応の機敏さは“特筆レベル” 

【ジャパンC/追い切りジャッジ】シャフリヤールを上回る「A」評価は人気の盲点 反応の機敏さは“特筆レベル” 

ジャパンカップ2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ・前編】シャフリヤールは△評価 単勝10倍以上の長距離砲に“一発”の気配

◆【穴馬アナライズ・後編vol.1】前走好走は“古豪”復活の狼煙 単勝オッズ30倍以上の盲点を突く

◆【穴馬アナライズ・後編vol.2】積極的に“買い”の惑星 立て直しに成功した実績馬を猛プッシュ

◆【穴馬アナライズ・後編vol.3】3歳牝馬ユーバーレーベンを再評価 大敗から巻き返しの余地あり

◆【危険な人気馬・前編】2強の一角は“消し” 国内外GI馬9頭が集結した一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬・後編】コントレイルを上回る「勝負根性」と「血統適性」を持つ伏兵馬に本命視

▼データ予想
◆【データ攻略/前編】有力馬2頭に“明と暗” 立ちはだかる「勝率0%」の高き壁

◆【データ攻略/後編】秋の東京は「勝率100%」、“2強崩し”の可能性を秘めた人気の盲点

◆【騎手データ】ルメールは人気次第で極端な傾向 狙いは馬券内率60%の“主役”と穴の“GIハンター”

▼その他データ傾向
◆【枠順】コントレイルのラストランVに追い風 「複勝率50%超」の良枠に入る

◆【血統傾向】穴馬に100%共通する“米国ダートの血”

◆【脚質傾向】上がり最速は不振 注目はタフな展開で浮上する「4角6番手以内」の先行馬

◆【前走ローテ】天皇賞・秋組が最多6勝と圧倒的も、コントレイルの気になる点とは

◆【人気傾向】昨年は人気通りの決着も、注意すべき「1番人気」に共通する好走条件

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします