【ジャパンC/データ攻略】有力馬2頭に“明と暗” 立ちはだかる「勝率0%」の高き壁

今週は東京競馬場でジャパンカップ(芝2400m)が行われる。

今年で41回目を迎える国際GI。近年は日本馬の天下となっており、外国馬は勝負圏内にすら入れない現状だ。コントレイル、シャフリヤールをはじめダービー馬4頭が集結した今年のメンバーを考えるとやはり日本馬が中心か。

この記事ではデータ面からジャパンカップを紐解き、攻略への糸口を見つけていきたい。

◆【ジャパンカップ2021/血統傾向】穴馬に100%共通する“米国ダートの血”

【ジャパンC/血統傾向】穴馬に100%共通する“米国ダートの血”

■引退レースを迎えるコントレイルに死角はあるのか

昨年は無敗の三冠馬に輝くも、その後は勝ち星を上積みできず。昨年2着のリベンジを目論み、現役最後のレースにこの舞台を選んだコントレイル。先週のグランアレグリアに続き有終の美を……そんな陣営の想いを後押しするのがこちらのデータだ。

・前走天皇賞・秋4着内かつジャパンカップ2着内あり【3-0-1-1】

該当馬はアーモンドアイ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナなど。幾多の名牝を戴冠へと誘った“黄金ローテ”をこの馬もまた歩むこととなった。こうした前例がある点は心強い。矢作厩舎所属馬の引退レースで思い出すのは2019年有馬記念のリスグラシュー。お釣りナシの究極仕上げで臨んだ当時、ノーステッキで中山の急坂をスイスイと駆け上がり胸のすくような圧勝劇を演じてみせた。衝撃のラストランに向けて準備は万端だ。

◆【ジャパンカップ2021予想/追い切りジャッジ】自己ベストマークのコントレイルに高評価 ラストランVへ「万全の状態」

【ジャパンC/追い切りジャッジ】自己ベストマークのコントレイルに高評価 ラストランVへ「万全の状態」

■シャフリヤールに立ちはだかる3歳牡馬の壁

日本ダービーでのちに天皇賞・秋を勝利するエフフォーリアの二冠を阻止。レースレコードのおまけ付きで世代の頂点に立ったシャフリヤール。屈指のハイレベルと目される3歳世代のトップグループに位置する馬だ。コントレイル越えをはたし、来年への弾みをつけたい一戦を前に立ちはだかるのがこちらのデータ。

・3歳牡馬のジャパンカップ成績【0-2-0-8】

昨年のコントレイルをはじめ、ダービー馬レイデオロやイスラボニータも勝利を掴み取ることは叶わず。ジェンティルドンナにアーモンドアイと3歳牝馬が活躍する一方で、牡馬にとって高いハードルとなっている印象だ。良馬場が見込める週末の馬場コンディションは申し分ないが、古馬の壁を打ち砕くのは困難なミッションと言えるのかもしれない。

後編ではデータ面から浮上するジャパンカップの穴馬候補2頭を紹介する。

◆【ジャパンカップ2021予想/データ攻略-後編】秋の東京は「勝率100%」、“2強崩し”の可能性を秘めた人気の盲点

【ジャパンC/データ攻略】秋の東京は「勝率100%」、“2強崩し”の可能性を秘めた人気の盲点

◆【ジャパンカップ2021予想/騎手データ】ルメールは人気次第で極端な傾向 狙いは馬券内率60%の“主役”と穴の“GIハンター”

【ジャパンC/騎手データ】ルメールは人気次第で極端な傾向 狙いは馬券内率60%の“主役”と穴の“GIハンター”

ジャパンカップ2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】“2強”を上回る「S」評価 心身ともに充実で「これ以上ない仕上がり」

◆【A評価】シャフリヤールを上回る「A」評価は人気の盲点 反応の機敏さは“特筆レベル”

◆【A評価】自己ベストマークのコントレイルに高評価 ラストランVへ「万全の状態」

◆【B評価】シャフリヤールに辛口評価 「前走のダメージが思った以上に……」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ・前編】シャフリヤールは△評価 単勝10倍以上の長距離砲に“一発”の気配

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.1】前走好走は“古豪”復活の狼煙 単勝オッズ30倍以上の盲点を突く

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.2】積極的に“買い”の惑星 立て直しに成功した実績馬を猛プッシュ

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.3】3歳牝馬ユーバーレーベンを再評価 大敗から巻き返しの余地あり

◆【危険な人気馬・前編】2強の一角は“消し” 国内外GI馬9頭が集結した一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬・後編】コントレイルを上回る「勝負根性」と「血統適性」を持つ伏兵馬に本命視

▼その他データ傾向
◆【枠順】コントレイルのラストランVに追い風 「複勝率50%超」の良枠に入る

◆【血統傾向】穴馬に100%共通する“米国ダートの血”

◆【脚質傾向】上がり最速は不振 注目はタフな展開で浮上する「4角6番手以内」の先行馬

◆【前走ローテ】天皇賞・秋組が最多6勝と圧倒的も、コントレイルの気になる点とは

◆【人気傾向】昨年は人気通りの決着も、注意すべき「1番人気」に共通する好走条件

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「ジャパンカップ編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします