【根岸S/人気傾向】連対率70%を誇る1人気を信頼も、伏兵馬の激走で「ヒモ荒れ」に警戒

30日に東京競馬場で行われる第36回・根岸S(GIII、ダ1400m)のデータを紹介する。

昨年の覇者であるレッドルゼルはJBCスプリントを、2020年モズアスコット、18年ノンコノユメ、16年モーニンはその年のフェブラリーSを制したように本レースを勝ってGI馬になっている。今年は、昨年の武蔵野Sを勝利したソリストサンダー、同舞台で行われたグリーンチャンネルC、霜月Sを連勝しここへ挑むヘリオス、登録馬で唯一のGI馬のタイムフライヤー、重賞で堅実な成績を収めているオメガレインボーなどが出走予定だ。

ここでは過去10年のレース結果を基に予想のヒントになる「人気傾向」を分析していく。

◆【根岸ステークス2022予想/追い切り診断】人気の一角に不満の低評価「B」 気持ちが乗らず「精神面でまだ整っていない」

【根岸S/追い切り診断】人気の一角に不満の低評価「B」 気持ちが乗らず「精神面でまだ整っていない」

■最多4勝は1番人気

過去10年の上位人気馬を読み解くと、1番人気は【4-3-0-3】で、勝率40.0%、連対率70.0%と勝利数、連対数ともに最多の数値をマークしている。昨年も1番人気の支持を受けたレッドルゼルが人気に応え勝利し、18年サンライズノヴァ2着、17年カフジテイク1着、16年モーニン1着、15年エアハリファ1着と4年連続での連対経験もある。

一方で、2番人気は【1-1-2-6】で勝率10.0%、連対率20.0%、複勝率40.0%と信頼できるとは言い難い成績となっている。20年のミッキーワイルドは11着、17年のベストマッチョは12着と低迷している。また、3番人気も【1-2-0-7】で勝率10.0%、連対率30.0%と20年のモズアスコットが勝利したが、馬券に絡んだのはわずか3回のみとなっている。

1番人気に次ぐ2勝をマークしているのは4番人気で【2-0-1-7】という成績を収めている。また単勝回収率は170%と優秀で、14年ゴールスキーと12年シルクフォーチュンはともに単勝オッズ2倍台の1番人気の馬を下した勝利だった。また、10番人気は複勝回収率217%と度々波乱を演出しており、勝利すらないが昨年もワンダーリーデルが2着に好走しヒモ荒れとなった。

6歳にして初の重賞タイトルを手中に収め、今年の飛躍に期待がかかるソリストサンダーが1番人気となりそうだが、ここでは素直に信頼することが馬券攻略のヒントとなりそうだ。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気の重賞好走馬に明暗、連対数トップの良枠にオメガレインボーが入る

【根岸S/枠順】人気の重賞好走馬に明暗、連対数トップの良枠にオメガレインボーが入る

◆【血統傾向】単回収値「289」の血統構成 東京巧者のあの馬の末脚一閃に期待

【根岸S/血統傾向】単回収値「289」の血統構成 東京巧者のあの馬の末脚一閃に期待

◆【脚質傾向】逃げは馬券圏内“0”の不安データ 注目は圧倒的な勝率を誇る「上がり最速」

【根岸S/脚質傾向】逃げは馬券圏内“0”の不安データ 注目は圧倒的な勝率を誇る「上がり最速」

◆【前走ローテ】ソリストサンダーに追い風 好走馬に該当する「2つの共通点」とは

【根岸S/前走ローテ】ソリストサンダーに追い風 好走馬に該当する「2つの共通点」とは

根岸ステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】最高評価「S」は完成形を迎えた有力馬 気迫、覇気は申し分なく「万全の仕上げ」

◆【A評価】オメガレインボーに「A」の高評価 バリエーション豊富な“予行演習”で重賞Vへ

◆【A評価】タガノを上回る高評価は勢い増す伏兵 闘志に火が付き「最高潮と言える状態」

◆【B評価】人気の一角に不満の低評価「B」 気持ちが乗らず「精神面でまだ整っていない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“6人気”前後の伏兵 前走内容に「ここで一発の可能性」

◆【穴馬アナライズVol.2】人気落ちで“妙味”の惑星 近走不振も「東京コースで再浮上」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝オッズ“20倍”想定のダークホース 好条件で「上位争いの気配」

◆【危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” フェブラリーSの前哨戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】人気馬を上回る“実績”を持つ古豪に本命視 「前走は消化不良の一戦」で巻き返し必須

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で数値“急上昇” 複勝率80%を誇る栗東の大ベテランに注目

◆【データ攻略-前編】東京巧者の人気馬 条件好転で“鉄板”「馬券内率100%」が後押し

◆【データ攻略-後編】推定オッズ20倍前後の盲点 舞台替わりで「善戦マン」から脱却へ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします