【根岸S/穴ライズ】人気落ちで“妙味”の惑星 近走不振も「東京コースで再浮上」

過去10年、根岸Sは1番人気【4-3-0-3】と連対率70.0%を誇り、昨年も1番人気のレッドルゼルが制した。しかし、2着には10番人気のワンダーリーデルが突っ込み、馬連は5370円の好配当。

いわゆる“ヒモ荒れ”を狙うのが当レースのセオリーで、なかでも狙いは上がり最速馬。上がり1位の馬は【5-2-2-2】で単回収値364、2位は【3-1-3-3】で同134、3位は【2-1-1-6】で同121と、回収値100オーバーを記録している。

4角10番手以下だった馬は【7-3-5-46】。前述のワンダーリーデルは4角最後方の16番手から上がり1位で2着、20年の9番人気スマートアヴァロンは4角12番手から上がり1位で3着で、今年も差し・追込に「穴馬」は潜んでいると見た。

◆【根岸ステークス2022予想/穴馬アナライズVol.3】単勝オッズ“20倍”想定のダークホース 好条件で「上位争いの気配」

【根岸S/穴ライズ】単勝オッズ“20倍”想定のダークホース 好条件で「上位争いの気配」

■タイムフライヤー

2017年に芝のGI・ホープフルSを勝利したタイムフライヤー。19年にはダートを主戦場とし、同年の武蔵野Sで2着、20年のエルムSでは久々の重賞タイトルを手にしている。2021年シーズンは根岸Sで2番人気3着と健闘し幸先のよいスタートを切ったが、その後はかしわ記念で9着、マリーンSではフタ桁着順など苦戦を強いられることに。そして今回と同条件で行われた前走・霜月Sでは、9着に敗れている。

ただし、前走の霜月Sは評価できる部分もある。ハンデ戦だったためメンバー最重量となる58キロを背負っていたし、直線では前が塞がれて追い出しが遅れる痛恨のロスも。上がりタイム3位の脚で猛然と追い込んできていたものの、馬にゴーサインが出されたのは大勢が決まったあとだった。9着はむしろ頑張っている。

近走の不振がある中で、昨年の根岸S、そして前走の霜月Sと、東京で行われたレースでは続けて内容が悪くない。得意コースである東京ダート1400mで再浮上があっても驚けない。

◆【根岸ステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】想定“6人気”前後の伏兵 前走内容に「ここで一発の可能性」

【根岸S/穴ライズ】想定“6人気”前後の伏兵 前走内容に「ここで一発の可能性」

▼シルクロードステークス 2022-穴馬アナライズ
◆【シルクロードステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後 前走収穫ありで「軽視できない存在」

【シルクロードS/穴ライズ】想定“10人気”前後 前走収穫ありで「軽視できない存在」

◆【シルクロードステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“30倍”想定 ハイペース必至で「末脚がハマる」

【シルクロードS/穴ライズ】単勝オッズ“30倍”想定 ハイペース必至で「末脚がハマる」

根岸ステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】最高評価「S」は完成形を迎えた有力馬 気迫、覇気は申し分なく「万全の仕上げ」

◆【A評価】オメガレインボーに「A」の高評価 バリエーション豊富な“予行演習”で重賞Vへ

◆【A評価】タガノを上回る高評価は勢い増す伏兵 闘志に火が付き「最高潮と言える状態」

◆【B評価】人気の一角に不満の低評価「B」 気持ちが乗らず「精神面でまだ整っていない」

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” フェブラリーSの前哨戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】人気馬を上回る“実績”を持つ古豪に本命視 「前走は消化不良の一戦」で巻き返し必須

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で数値“急上昇” 複勝率80%を誇る栗東の大ベテランに注目

◆【データ攻略-前編】東京巧者の人気馬 条件好転で“鉄板”「馬券内率100%」が後押し

◆【データ攻略-後編】推定オッズ20倍前後の盲点 舞台替わりで「善戦マン」から脱却へ

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気の重賞好走馬に明暗、連対数トップの良枠にオメガレインボーが入る

◆【血統傾向】単回収値「289」の血統構成 東京巧者のあの馬の末脚一閃に期待

◆【脚質傾向】逃げは馬券圏内“0”の不安データ 注目は圧倒的な勝率を誇る「上がり最速」

◆【前走ローテ】ソリストサンダーに追い風 好走馬に該当する「2つの共通点」とは

◆【人気傾向】連対率70%を誇る1人気を信頼も、伏兵馬の激走で「ヒモ荒れ」に警戒

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-シルクロードS編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします