【マイラーズC/追い切り診断】上位人気を上回る「A」評価は穴馬 「巻き返しも不思議はない」

■シュリ

【中間調整】10着に終わった京都金杯からの巻き返しを期し、順調に調整されて臨むはずだった2月の東京新聞杯だったが右後肢のフレグモーネのため、枠順確定前の出走取消に。幸い、症状は軽度だったようで中間は放牧に出されず在厩での調整が続けられている。丹念なケアを経て、3月16日に坂路14-14をこなしたのが初時計。以降ジワジワと坂路馬なりで時計を詰め実戦感覚を呼び戻す。そして2週前の坂路追いで秋山真騎手が騎乗しレースが近いことを知らせる速い時計を出したが、ここで4F49秒6という超抜時計を馬なりでマーク。もちろん自己ベスト更新だし、ラスト2Fで12秒5-11秒9と加速できていたあたりも秀逸だ。1週前追いはもう速い全体時計は不要と終い重点の内容。それでもあふれんばかりの前向きさから、いいペースで進みラスト1Fは11秒9とまた馬なりで11秒台を叩き出した。

◆【マイラーズカップ2022予想/追い切り診断】カラテに辛口の「B」評価 脚元の不安はないが「物足りない」

【マイラーズC/追い切り診断】カラテに辛口の「B」評価 脚元の不安はないが「物足りない」

【最終追い切り】2週前、1週前の追い切りで心肺能力や操縦性はほぼ完成されており、最終追いは秋山真騎手が反応を確認する程度の馬なり調整。この日も高いモチベーションを感じさせ、リズムよく進むと、楽な手応えのまま溜めた脚をしっかり弾けさせた。ラスト2Fは12秒0-11秒8と、この日も高いレベルの加速ラップでまとめている。

【見解】やれば時計は出るタイプの馬だが、それでもコンスタントに好時計を連発でいかにも気持ちが乗っているようだ。万全を期しての回避策が吉と出たようで、心身ともにレベルアップを果たしたのかもしれない。指揮官・池江師の新聞コメントはやや辛口だが、3週続けて稽古をつけ、負荷を調節した秋山真騎手の手腕を信じたいところだ。もとより、リステッド競走を2勝の実力馬。大きく巻き返しても不思議はない。

総合評価「A」

◆【マイラーズカップ2022予想/追い切り診断】カラテを上回る高評価 完璧な状態でないが「力は発揮できる状態」

【マイラーズC/追い切り診断】カラテを上回る高評価 完璧な状態でないが「力は発揮できる状態」

◆【マイラーズカップ2022予想/追い切り診断】重賞実績馬を超える「S」評価 「文句なしの好仕上がり」

【マイラーズC/追い切り診断】重賞実績馬を超える「S」評価 「文句なしの好仕上がり」

マイラーズカップ2022 データコラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】軸は条件合致で数値“急上昇” 阪神芝マイル重賞で活躍する栗東の名手

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

フローラステークス2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“7人気”前後の盲点 「展開次第で上位争い」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“20倍”以上の伏兵 「前走は度外視の一戦」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「距離延長で前走の再現」

◆【危険な人気馬】人気一角の評判馬は“消し”評価 「勝率0%データに該当する」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】混沌の3歳牝馬路線 ルージュスティリアに複勝率「6割」越えのデータ

◆【データ攻略-後編】想定“10人気”前後の連勝を狙う穴馬、馬券内率「100%」の追い風

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】上位人気2頭に“試練”の勝率0% 4年連続馬券内の「2枠」に伏兵が入る

◆【血統傾向】府中で覚醒する単回収値「393」の配合 コース替わりで警戒の穴馬

◆【脚質傾向】差し有利も4・5枠は“鬼門” キーワードは「差し×内or外枠」

◆【前走ローテ】重賞組より「1勝クラス」が上 狙いは“人気薄”の君子蘭賞組

◆【人気傾向】1番人気は3連敗中 連軸には「1-5-2-2」の2番人気を推奨

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします