【ヴィクトリアM/データ攻略-前編】レイパパレとデアリングタクトに明暗、注目の“100%”と“ゼロ”データとは

今週は東京競馬場で牝馬GI・ヴィクトリアマイル(芝1600m)が行われる。

三冠馬デアリングタクトに白毛のアイドルホース・ソダシ、牡馬混合GIで何度も好走してきたレイパパレなど豪華メンバーが揃った今年。その半面、長期休養明けに久しぶりの芝1600m戦など不安要素が存在するのもまた事実だ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

◆【オークス2022/脚質傾向】桜花賞馬の“ポジション”に注目 「優勝候補は4角7番手以下の馬」

【オークス/脚質傾向】桜花賞馬の“ポジション”に注目 「優勝候補は4角7番手以下の馬」

■デアリングタクトにのしかかる「馬券内率ゼロ」

無敗の三冠馬に輝き、ジャパンCではアーモンドアイ、コントレイルらと歴史に残る死闘を演じたデアリングタクト。待ち焦がれたターフ復帰に期待を寄せるファンも多いと思われるが、こちらのデータに触れないわけにはいかない。

・半年以上の休み明け【0-0-0-3】

3頭という母数は少なく感じるが、その内訳はショウナンアデラ、ソウルスターリング、ラヴズオンリーユー。いずれもGI馬だ。その3頭すべてが掲示板外に敗れていた事実は見逃せないだろう。集計期間外になってしまうが、降着のレースを除いて負け知らずだったカワカミプリンセスですらこのデータに抵触したことで10着惨敗。三冠馬に立ちはだかる壁は果てしなく高い。

■レイパパレを後押しする「馬券内率100%」

前走大阪杯は2着に好走。牡馬混合GIで強豪相手に互角の戦いを繰り広げていたのがレイパパレだ。約2年ぶりとなる芝1600m替わりが最大のカギとなる同馬。初の東京競馬場も含めて一抹の不安が残る今回だが、強力なデータが後押しする。

・牡馬混合の国内古馬GI勝ち馬【3-0-1-0】

昨年の勝ち馬グランアレグリアにアーモンドアイ、ストレイトガール、ショウナンパンドラが該当。特にストレイトガールは7人気と評価を落としていたにもかかわらず、胸のすくような快勝を収めていた。牡馬相手に覇を競っていたこの馬にとって、牝馬限定戦は絶好の条件。データ面での死角はない。

◆【ヴィクトリアマイル2022予想/データ攻略-後編】荒れるレースで注目すべき伏兵 馬券内率100%の「人」でGI初制覇へ

【ヴィクトリアM/データ攻略-後編】荒れるレースで注目すべき伏兵 馬券内率100%の「人」でGI初制覇へ

▼その他、データ予想
◆【ヴィクトリアマイル2022予想/騎手データ】ソングラインに黄信号 一発が見込める注目の人馬とは

【ヴィクトリアM/騎手データ】ソングラインに黄信号 一発が見込める注目の人馬とは

ヴィクトリアマイル2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】レイパパレを上回る「S」評価の“惑星” タイトル奪取へ「待ったなし」

◆【A評価】GI馬5頭のうち高評価「A」の1頭 前走“メイチ”も「体調は高値安定」

◆【A評価】GI未勝利馬に“文句なし”の高評価 「精神面が研ぎ澄まされている」

◆【B評価】力強い伸び脚もソダシに辛口「B」評価 「まだ唸るような気迫は…」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”以上の盲点 「激走の条件は揃っている」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“40倍”前後の伏兵 安定した取り口で「馬券圏内」に

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 絶好のパートナーで「大番狂わせ」を狙う

◆【危険な人気馬】非凡な末脚を持つ人気馬は“消し”評価 「前傾ラップに戸惑う」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】最多3勝「3枠」にソダシが入る 過去10年“連対ゼロ”の1枠にデアリングタクト

◆【血統傾向】充実期を迎えた想定“10人気”前後の穴馬が、単回収値「168」データに該当

◆【脚質傾向】上がり最速より「2位以下」が優勢 「盲点は好位差しに潜む」

◆【前走ローテ】阪神牝馬S組に“穴馬”多数 「GI馬を差し置いて注目の存在」

◆【人気傾向】オッズ拮抗の1人気は“危険” 「狙いは10人気以下の大穴」

京王杯スプリングカップ2022 データコラム一覧

◆【京王杯スプリングカップ2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき人馬とは

【京王杯SC2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【京王杯スプリングカップ2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【京王杯SC2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【京王杯スプリングカップ2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【京王杯SC2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022ヴィクトリアマイル-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします