【札幌記念/データ攻略-後編】実績馬が“人気落ち”の妙味 「馬券内率100%」が強力な後押しに

前編ではソダシパンサラッサのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【札幌記念2022予想/穴馬アナライズVol.1】本格化を迎えた想定オッズ“40倍”前後の穴馬 「買い目に加えておきたい」

【札幌記念/穴ライズ】本格化を迎えた想定オッズ“40倍”前後の穴馬 「買い目に加えておきたい」

■データが導く2022札幌記念の穴馬候補は

<穴候補1 アンティシペイト>

2人気に支持された前走・七夕賞は自身初となる重賞馬券内。とはいえ定量GIIでは厳しい印象もある1頭だが、今回は舞台適性と季節適性が追い風となる。

・6~8月の成績【2-2-1-0】
・直線非急坂コースの成績【3-2-1-0】

この馬で強調したいのは2走前の福島民報杯。1000m通過57秒7の超ハイペースをマクリ差しで4角先頭→5馬身差の内容は鮮烈な印象を与えるものだった。洋芝適性も申し分なく、ハイペース想定のメンバー構成を考えれば穴妙味ある1頭と言える。

◆【札幌記念2022予想/追い切り診断】前走で力を証明した実績馬に「A」の高評価 「ほぼ万全の仕上がり」

【札幌記念/追い切り診断】前走で力を証明した実績馬に「A」の高評価 「ほぼ万全の仕上がり」

<穴候補2 ユーバーレーベン>

積み重ねた実績は見劣りしないが、豪華メンバーが顔を揃えるここでは人気の盲点にある印象。それでもデータ面での上積みは小さくない。

・1000m通過59秒台以下の成績【1-1-1-0】

札幌2歳S、阪神JF、オークスが上記に該当。3戦ともにソダシと僅差or先着をはたしており、ハイペース適性はメンバー中随一を誇る馬だ。パンサラッサ、ジャックドールの参戦で1000m通過59秒台以下はほぼ確実。オークスで発揮した無尽蔵のスタミナが活きる可能性は想定すべきだ。

▼その他、データ予想
◆【データ攻略-前編】ソダシとパンサラッサに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

【札幌記念/データ攻略-前編】ソダシとパンサラッサに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

◆【騎手データ】条件合致で驚異の数値上昇も 注目は伏兵に跨る“勝率75%”のジョッキー

【札幌記念/騎手データ】条件合致で驚異の数値上昇も 注目は伏兵に跨る“勝率75%”のジョッキー

札幌記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】本格化を迎えた想定オッズ“40倍”前後の穴馬 「買い目に加えておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.2】前走惨敗で“人気落ち”の実力馬 「上位争いに加われる」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の刺客 「自慢の末脚でまとめて差し切る」

◆【危険な人気馬】文句なしの実績上位のGI馬を“消し”評価 「気になる同型の存在」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】伏兵にジャックドールと並ぶ「A」評価 「互角の走りがあって驚けない」

◆【追い切り診断】GI馬にまさかの低評価「B」 走れる状態だが「キンキンの仕上げではない」

◆【追い切り診断】前走で力を証明した実績馬に「A」の高評価 「ほぼ万全の仕上がり」

◆【追い切り診断】パンサラッサを上回る最高評価「S」 絶好の気配で「文句の付けようがない」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】勝率0%の“鬼門”にパンサラッサとジャックドール ソダシは5枠10番に入る

◆【血統傾向】驚異の単回収値「1195」に合致 想定“10人気”以下の穴馬に期待

◆【脚質傾向】差しが最多の5勝で圧倒も、条件合致で勝率50%越えのデータとは

◆【前走ローテ】ソダシに追い風もハヤヤッコに逆風 好成績組が不在も“前走掲示板”に注目

◆【動画プレーバック/札幌記念2021】ソダシが史上3頭目となる3歳牝馬での勝利を飾り重賞5勝目

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022札幌記念-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします