【札幌記念/穴ライズ】前走惨敗で“人気落ち”の実力馬 「上位争いに加われる」

■ユニコーンライオン

2021年の宝塚記念以来、約1年ぶりの実戦となった前走・プロキオンSでは、先行集団の一角からレースを進めたものの、早々と余力をなくしシンガリの16着に敗退した。これまでの走りを考えれば物足りない内容ではあったが、長期休養明けに加えて、実績のないダート戦だったことを思えば致し方なしか。まずはアクシデントなく、無事に回ってきたことを評価したい。

◆【札幌記念2022予想/追い切り診断】パンサラッサを上回る最高評価「S」 絶好の気配で「文句の付けようがない」

【札幌記念/追い切り診断】パンサラッサを上回る最高評価「S」 絶好の気配で「文句の付けようがない」

昨年の宝塚記念では、果敢に逃げて2着に好走し、あわやのシーンを演出している。最後の直線では勝ち馬クロノジェネシスの末脚にこそ屈したものの、一度は前に出られたレイパパレを差し返す勝負根性を見せており、この走りができれば好メンバーが揃った今年の札幌記念でも上位争いに加われる。

札幌の芝コースは2020年8月に開催されたSTV賞以来の2度目。このときは10着に敗れているが、休み明けだったことに加えて順調さを欠いていた時期だった。同じく洋芝の函館で2勝をマークしており、小回りに対応できる機動力も持ち合わせていることから、決してこのコースがダメというわけではないだろう。前々でうまく流れに乗り、最後まで渋太く粘りこんで波乱を巻き起こしたい。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】本格化を迎えた想定オッズ“40倍”前後の穴馬 「買い目に加えておきたい」

【札幌記念/穴ライズ】本格化を迎えた想定オッズ“40倍”前後の穴馬 「買い目に加えておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の刺客 「自慢の末脚でまとめて差し切る」

【札幌記念/穴ライズ】想定“10人気”前後の刺客 「自慢の末脚でまとめて差し切る」

◆【危険な人気馬】文句なしの実績上位のGI馬を“消し”評価 「気になる同型の存在」

【札幌記念/危険な人気馬】文句なしの実績上位のGI馬を“消し”評価 「気になる同型の存在」

札幌記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】伏兵にジャックドールと並ぶ「A」評価 「互角の走りがあって驚けない」

◆【追い切り診断】GI馬にまさかの低評価「B」 走れる状態だが「キンキンの仕上げではない」

◆【追い切り診断】前走で力を証明した実績馬に「A」の高評価 「ほぼ万全の仕上がり」

◆【追い切り診断】パンサラッサを上回る最高評価「S」 絶好の気配で「文句の付けようがない」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ソダシとパンサラッサに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】実績馬が“人気落ち”の妙味 「馬券内率100%」が強力な後押しに

◆【騎手データ】条件合致で驚異の数値上昇も 注目は伏兵に跨る“勝率75%”のジョッキー

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】勝率0%の“鬼門”にパンサラッサとジャックドール ソダシは5枠10番に入る

◆【血統傾向】驚異の単回収値「1195」に合致 想定“10人気”以下の穴馬に期待

◆【脚質傾向】差しが最多の5勝で圧倒も、条件合致で勝率50%越えのデータとは

◆【前走ローテ】ソダシに追い風もハヤヤッコに逆風 好成績組が不在も“前走掲示板”に注目

◆【動画プレーバック/札幌記念2021】ソダシが史上3頭目となる3歳牝馬での勝利を飾り重賞5勝目

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします