【ローズS/穴ライズ】上がり馬が“人気落ち”の妙味 長い直線での「一気の差し切り」に期待も

■メモリーレゾン

2勝クラスへの昇級初戦となった前走の北海ハンデキャップは、大外から豪快に伸びて差し切りV。2走前の1勝クラス勝ちに続き、連勝を飾っている。斤量差があったにせよ、骨っぽい牡馬を相手に余裕のある勝ちっぷりから、同世代なら上位争いに加わってきていい存在だ。

◆【ローズステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】前日オッズ“20倍”超えの盲点 「高配当の使者」の資格は十分

【ローズS/穴ライズ】前日オッズ“20倍”超えの盲点 「高配当の使者」の資格は十分

末脚が持ち味の馬で、過去5戦のうち、4戦で上がり最速をマーク。残りの1戦も上がり2位と、ゴール前は必ずと言っていいほど鋭い差し脚で追い込んでくる。今回の出走メンバーを見ると道中はそれなりに流れそうで、中京コースの長い直線もこの馬に味方すれば、一気の差し切りまであっていい。

課題を挙げるとすれば距離だろう。デビュー戦は1200mで、3戦目でマイル戦を経験、前走はさらにひとハロン伸ばして1800m戦に参戦した。2000m戦は今回が初となるだけに、道中でうまく脚を溜められるかが焦点。

◆【ローズステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の伏兵 「重賞初挑戦でいきなりがあっていい」

【ローズS/穴ライズ】想定“10人気”前後の伏兵 「重賞初挑戦でいきなりがあっていい」

◆【ローズステークス2022予想/追い切り診断】充実一途の伏兵に高評価 「余念のない攻めが施されている」

【ローズS/追い切り診断】充実一途の伏兵に高評価 「余念のない攻めが施されている」

◆【特集】ローズS2022 枠順、過去10年データ傾向、予想コラム一覧

【特集】ローズS2022 枠順、過去10年データ傾向、予想コラム一覧

セントライト記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】アスクビクターモアを上回る高評価 「体調面に不安は感じない」

◆【追い切り診断】最高評価「S」は連対率100%の人気馬 前走の反動なし「絶好の仕上がり」

◆【追い切り診断】人気一角の重賞馬に高評価「A」 「ここにまずは全力投球か」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「B」評価 素質十分も取りこぼす可能性も

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】連対中の上がり馬は“消し”評価 「同世代の実績馬相手だと厳しい」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】前走圧勝の上がり馬に不安要素 「馬券内率0%」の壁を打ち破るか

◆【データ攻略-後編】「連対率100%」が強力後押し 舞台適性も文句なしの穴馬とは

◆【騎手データ】条件合致で“連対率50%”超えに注目も 人気馬は頭で決まり

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】オニャンコポンとアスクビクターモアが5枠に ガイアフォースは“連対率0%”の鬼門

◆【血統傾向】中山で覚醒する単回収値「350」の配合 前走惜敗も“人気落ち”の穴馬とは

◆【脚質傾向】先行が圧倒的有利も 注目すべきは上がり3F

◆【前走ローテ】最多6勝の日本ダービー組が本命も 注目したい穴馬候補とは

◆【動画プレーバック/セントライト記念2021】1番人気タイトルホルダーを破り、9番人気アサマノイタズラが外から差し切って重賞初勝利

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-セントライト記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします