【オールカマー/脚質傾向】圧倒的に有利な先行 上がり3Fから読み解く注目馬とは

※中山2200mの重賞レースでの脚質傾向

25日に中山競馬場で行われる第68回オールカマー(GII、芝2200m)の過去10年データを紹介する。

前走の宝塚記念で3着に入った三冠牝馬デアリングタクト、骨折からの休み明けとなる前走・チャレンジCを制したソーヴァリアント、前走の鳴尾記念を約1年4カ月の休み明けで優勝したヴェルトライゼンデ、前走の天皇賞・春の3着からの巻き返しを狙うテーオーロイヤルらが出走予定だ。

本レースは2014年に新潟競馬場で開催されている。ここでは過去10年に中山で開催された2200mの重賞データを条件に「脚質傾向」を分析していく。

◆【オールカマー2022予想/追い切り診断】デアリングタクトを上回る最高評価「S」 絶好の調教内容で「明らかに前走時以上」

【オールカマー/追い切り診断】デアリングタクトを上回る最高評価「S」 絶好の調教内容で「明らかに前走時以上」

■先行が有利

過去10年、逃げ【3.1.1.28】、先行【16.16.7.66】、差し【8.11.17.128】、追込【3.2.5.110】と、先行が連対の半分以上を占めている。

※中山2200mの重賞レースでの脚質傾向

先週のセントライト記念でも1着ガイアフォース、2着アスクビクターモアも先行だった。特に上がり3F最速が【15.6.5.13】勝率38.5%、連対率53.8%、複勝率66.7%と圧倒的な好成績を残している。こちらも、セントライト記念の1着ガイアフォースが上がり1位だったことからも今週のオールカマーでも上がり最速が勝利する可能性は高いだろう。また、4角3番手以内が【15.15.7.72】勝利13.8%、連対率27.5%、複勝率33.9%とこちらも好成績を残しているだけに、前目でいかに脚が残せるかが勝負となりそうだ。

今回の登録馬で逃げそうなのは、キングオブドラゴンバビットあたりか。この2頭を、ソーヴァリアントテーオーロイヤルらが追いかけ、その後方にデアリングタクトヴェルトライゼンデが控える展開になりそうだ。この中で、ソーヴァリアントは中山のレースすべてで上がり3位以内になっているだけに好走に期待したい。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気馬が“馬券圏内率100%”に条件合致 三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番

【オールカマー/枠順】人気馬が“馬券圏内率100%”に条件合致 三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番

◆【血統傾向】注目は復活の兆しを見せた前走3着馬 レース相性抜群な単回収値「260」の配合

【オールカマー/血統傾向】注目は復活の兆しを見せた前走3着馬 レース相性抜群な単回収値「260」の配合

◆【前走ローテ】宝塚記念組の三冠馬に追い風 馬券圏内への好走条件とは

【オールカマー/前走ローテ】宝塚記念組の三冠牝馬に追い風 馬券圏内への好走条件とは

◆【動画プレーバック/オールカマー2021】2番人気ウインマリリンが1枠からロスなく道中を内ラチ沿いに走り重賞3勝目

オールカマー2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】過少評価されている実績馬 「持ち前のパワーと持久力で地力勝負へ」

◆【穴馬アナライズVol.2】惜敗続く“人気落ち”の妙味 「波乱の立役者になる可能性は十分」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”前後の惑星 高配当を届ける素質馬とは?

◆【危険な人気馬】想定1人気の三冠牝馬は“消し”評価 復調気配も「付け入る隙がある」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】重賞未勝利の中穴候補を「A」評価 「気迫とラストの鋭さは素晴らしい」

◆【追い切り診断】デアリングタクトを上回る最高評価「S」 絶好の調教内容で「明らかに前走時以上」

◆【追い切り診断】前走快勝した人気一角の有力馬に「B」評価 「万全には一歩手前か」

◆【追い切り診断】実績トップの有力馬を高評価 GIIを走るには「申し分のない態勢だ」

▼データ予想
◆【騎手データ】「堅軸」は条件合致で“複勝率100%”の美浦名手 気になる松山弘平の評価は?

◆【データ攻略-前編】驚異の「100%」が後押し 有力馬にデータ面の死角なし

◆【データ攻略-後編】想定10人気前後に馬券内率“8割”超え 「馬場適性も文句なし」

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします