【オールカマー/穴ライズ】惜敗続く“人気落ち”の妙味 「波乱の立役者になる可能性は十分」

■ジェラルディーナ

1番人気に支持された前走の小倉記念は3着。五分のスタートを切ったものの二の脚がつかずに後方からの競馬を強いられた上に、勝負どころで狭いところに入ってしまい追い出しが遅れるなど、全体的に不完全燃焼な内容だった。ただ、それでいながらも大きく崩れていないあたりは、良血馬の地力といったところか。

◆【オールカマー2022予想/追い切り診断】前走快勝した人気一角の有力馬に「B」評価 「万全には一歩手前か」

【オールカマー/追い切り診断】前走快勝した人気一角の有力馬に「B」評価 「万全には一歩手前か」

中団の外からレースを進めた2走前の鳴尾記念は、先に抜け出したヴェルトライゼンデとの差を直線でよく詰めるも届かず2着まで。あと少しのところで重賞タイトルを逃す形となったが、勝ち馬は内枠スタートからうまく内々を立ち回ったのに対し、こちらは外枠発走。枠順の差が大きく、逆であれば結果も入れ替わっていただろう。

課題を挙げるとすれば関東圏への長距離輸送と初の中山コースくらいだが、厩舎サイドは特に心配はしていない様子。であれば波乱の立役者になる可能性は十分で、人気落ちの今回は万馬券射程の大きな狙い目となる。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】過少評価されている実績馬 「持ち前のパワーと持久力で地力勝負へ」

【オールカマー/穴ライズ】過少評価されている実績馬 「持ち前のパワーと持久力で地力勝負へ」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”前後の惑星 高配当を届ける素質馬とは?

【オールカマー/穴ライズ】想定オッズ“20倍”前後の惑星 高配当を届ける素質馬とは?

◆【危険な人気馬】想定1人気の三冠牝馬は“消し”評価 復調気配も「付け入る隙がある」

【オールカマー/危険な人気馬】想定1人気の三冠牝馬は“消し”評価 復調気配も「付け入る隙がある」

オールカマー2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】重賞未勝利の中穴候補を「A」評価 「気迫とラストの鋭さは素晴らしい」

◆【追い切り診断】デアリングタクトを上回る最高評価「S」 絶好の調教内容で「明らかに前走時以上」

◆【追い切り診断】前走快勝した人気一角の有力馬に「B」評価 「万全には一歩手前か」

◆【追い切り診断】実績トップの有力馬を高評価 GIIを走るには「申し分のない態勢だ」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】驚異の「100%」が後押し 有力馬にデータ面の死角なし

◆【データ攻略-後編】想定10人気前後に馬券内率“8割”超え 「馬場適性も文句なし」

◆【騎手データ】「堅軸」は条件合致で“複勝率100%”の美浦名手 気になる松山弘平の評価は?

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気馬が“馬券圏内率100%”に条件合致 三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番

◆【血統傾向】注目は復活の兆しを見せた前走3着馬 レース相性抜群な単回収値「260」の配合

◆【脚質傾向】圧倒的に有利な先行 上がり3Fから読み解く注目馬とは

◆【前走ローテ】宝塚記念組の三冠馬に追い風 馬券圏内への好走条件とは

◆【動画プレーバック/オールカマー2021】2番人気ウインマリリンが1枠からロスなく道中を内ラチ沿いに走り重賞3勝目

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-オールカマー編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします