【オールカマー/前走ローテ】宝塚記念組の三冠牝馬に追い風 馬券圏内への好走条件とは

25日に中山競馬場で行われる第68回オールカマー(GII、芝2200m)の過去10年データを紹介する。

前走の宝塚記念で3着に入った三冠牝馬デアリングタクト、骨折からの休み明けとなる前走・チャレンジCを制したソーヴァリアント、前走の鳴尾記念を約1年4カ月の休み明けで優勝したヴェルトライゼンデ、前走の天皇賞・春の3着からの巻き返しを狙うテーオーロイヤルらが出走予定だ。

ここでは予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【オールカマー2022予想/穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”前後の惑星 高配当を届ける素質馬とは?

【オールカマー/穴ライズ】想定オッズ“20倍”前後の惑星 高配当を届ける素質馬とは?

■前走GI組が中心

最多となる3勝かつ7頭が馬券に絡んでいるのが、前走・宝塚記念組だ。今年該当するのは、デアリングタクトのみ。昨年は、宝塚記念で3着だったレイパパレは1番人気に推されたが4着と馬券に絡むことが出来なかったが、2019年は宝塚記念で7着だったスティッフェリオが優勝している。また、過去10年で当ローテに該当する牝馬は4頭いるが、馬券に絡むことが出来た2頭に共通していたのが斤量は減っていた。先ほど述べたレイパパレや2016年の2番人気5着だったマリアライトは斤量は変わらずだった。今年、デアリングタクトは2.0キロの斤量減となるだけに好走に期待したい。

※オールカマーの過去10年間の前走ローテ(2着まで)

宝塚記念 【3.2.2.7】 勝率21.4%、連対率35.7%、複勝率50.0%
天皇賞・春 【2.0.0.5】 勝率28.6%、連対率28.6%、複勝率28.6%
七夕賞 【1.2.0.7】 勝率10.0%、連対率30.0%、複勝率30.0%
ヴィクトリアM 【1.1.0.2】 勝率25.0%、連対率50.0%、複勝率50.0%
マーメイドS 【1.0.0.1】 勝率80.0%、連対率80.0%、複勝率80.0%
新潟大賞典 【1.0.0.0】 勝率100.0%、連対率100.0%、複勝率100.0%
ドバイシーマC 【1.0.0.0】 勝率100.0%、連対率100.0%、複勝率100.0%

次に、2勝を挙げている前走・天皇賞・春組に該当するのが、テーオーロイヤルクレッシェンドラヴだ。昨年、当ローテに該当する2番人気ウインマリリンが優勝しているが、昨年は阪神開催だった。今年も阪神開催となった天皇賞・春なだけにデータ的に全幅の信頼を置くことが出来ないが、ウインマリリンよりも着順が上だったテーオーロイヤルには、期待したいところだ。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気馬が“馬券圏内率100%”に条件合致 三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番

【オールカマー/枠順】人気馬が“馬券圏内率100%”に条件合致 三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番

◆【血統傾向】注目は復活の兆しを見せた前走3着馬 レース相性抜群な単回収値「260」の配合

【オールカマー/血統傾向】注目は復活の兆しを見せた前走3着馬 レース相性抜群な単回収値「260」の配合

◆【脚質傾向】圧倒的に有利な先行 上がり3Fから読み解く注目馬とは

【オールカマー/脚質傾向】圧倒的に有利な先行 上がり3Fから読み解く注目馬とは

◆【動画プレーバック/オールカマー2021】2番人気ウインマリリンが1枠からロスなく道中を内ラチ沿いに走り重賞3勝目

オールカマー2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】過少評価されている実績馬 「持ち前のパワーと持久力で地力勝負へ」

◆【穴馬アナライズVol.2】惜敗続く“人気落ち”の妙味 「波乱の立役者になる可能性は十分」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”前後の惑星 高配当を届ける素質馬とは?

◆【危険な人気馬】想定1人気の三冠牝馬は“消し”評価 復調気配も「付け入る隙がある」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】重賞未勝利の中穴候補を「A」評価 「気迫とラストの鋭さは素晴らしい」

◆【追い切り診断】デアリングタクトを上回る最高評価「S」 絶好の調教内容で「明らかに前走時以上」

◆【追い切り診断】前走快勝した人気一角の有力馬に「B」評価 「万全には一歩手前か」

◆【追い切り診断】実績トップの有力馬を高評価 GIIを走るには「申し分のない態勢だ」

▼データ予想
◆【騎手データ】「堅軸」は条件合致で“複勝率100%”の美浦名手 気になる松山弘平の評価は?

◆【データ攻略-前編】驚異の「100%」が後押し 有力馬にデータ面の死角なし

◆【データ攻略-後編】想定10人気前後に馬券内率“8割”超え 「馬場適性も文句なし」

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします