【スプリンターズS/追い切り診断】前走キンキン仕上げで快勝の有力馬に高評価 「きわめて高いレベルで安定」

■メイケイエール

【中間調整】桜花賞で“暴走”したように以前は折り合い面に課題があった。しかし前走のセントウルSでは返し馬こそややテンションが高くなったものの、実戦ではザ・優等生の走り。序盤に落ち着いて進むと、満を持して仕掛けられた直線で後続を突き放す横綱相撲を見せた。しかもコースレコード更新のオマケつき。その後は大目標のスプリンターズSに向け、在厩で調整されている。21日に坂路15-15でウォーミングアップをこなすと、1週前追いとなる24日の坂路調教で4F49秒4(馬なり)をマーク。さすがにラストは12秒1-12秒9と減速ラップとなったが、全体時計の速さを考えれば問題ない。

◆【スプリンターズステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「馬場を味方に最後まで粘り込む」

【スプリンターズS/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「馬場を味方に最後まで粘り込む」

【最終追い切り】最終追いは確立した“成功パターン”に従い、池添騎手が騎乗してのウッド単走。序盤に溜めるだけ溜めて、4Fあたりからジワッと加速するいつも通りの調整を行った。主戦との意思疎通はバッチリで、最後は気分よく脚を弾けさせていた。前走の最終追いとほぼ同じようなコース取りができていたあたりも大人になった証だろう。

【見解】前走がキンキンの仕上がりだったようだし、実戦ではレコード更新の走り。さすがに反動がどうかと思いたくなる局面だったが、なんと中間に坂路自己ベストを叩き出した。底知れない身体能力の持ち主が、完成の域に達したか。きわめて高いレベルで安定。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】メイケイエールを上回る最高評価「S」 「心身ともに研ぎ澄まされている」

【スプリンターズS/追い切り診断】メイケイエールを上回る最高評価「S」 「心身ともに研ぎ澄まされている」

◆【追い切り診断】実績上位のGI馬に低評価「B」 さすがの脚力も「反応の鈍さが気になる」

【スプリンターズS/追い切り診断】実績上位のGI馬に低評価「B」 さすがの脚力も「反応の鈍さが気になる」

◆【追い切り診断】前走惜敗の重賞馬に高評価「A」 “王道”な調整で好気配にある

【スプリンターズS/追い切り診断】前走惜敗の重賞馬に高評価「A」 “王道”な調整で好気配にある

スプリンターズS2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「馬場を味方に最後まで粘り込む」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の盲点 トップクラスの末脚で「一発の可能性あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】復調した単勝オッズ“2桁”の刺客 「コース適性の高さは随一」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞馬は“消し”評価 得意のスプリント戦も「ラスト1Fの壁あり」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】メイケイエールとナムラクレアに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】フタ桁着順続く伏兵に馬券内率“85%”超え 「大駆けがあっても驚けない」

◆【騎手データ】軸は勝負強さ抜群のGIハンター 一発なら条件合致で“馬券圏内率100%”の栗東のホープに期待

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】メイケイエールは7枠13番 試練となる好枠は条件合致で勝率“5割”超え

◆【血統傾向】条件合致で単回収値「437」に合致 想定“10人気”前後の穴馬とは?

◆【脚質傾向】2年連続で連対なしも コース特徴が“差し”を後押し

◆【前走ローテ】最多6勝のセントウルS組が中心 注目すべき有力馬とは

◆【動画プレーバック/スプリンターズS2021】3番人気ピクシーナイトが好位から直線で抜け出し3歳馬での14年ぶりとなる勝利でGI初制覇を飾る

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします