【スプリンターズS/追い切り診断】前走惜敗の重賞馬に高評価「A」 “王道”な調整で好気配にある

■タイセイビジョン

【中間調整】昨年のスプリンターズSはゲート後の不利が祟り、回ってきただけの12着。その後勝利こそないものの、スプリント重賞で3回の2着を積み上げ、今年もスプリンターズSに挑んでくる。前走・北九州記念で2着になった後は予定通り放牧に出てスプリンターズSに向け英気を養った。9月13日に栗東へ戻り、15日にCW単走で3F35秒8-1F11秒8(馬なり)を楽にマーク。夏の疲れを抜きつつ、勢いは維持する絶妙なケアが短期放牧の間に施されたようだ。1週前追いのCW併せ馬には福永騎手が騎乗。シリウスSに向けて調整されているオーヴェルニュを子供扱いし、アオりにアオって併入に持ち込んだ。

◆【スプリンターズステークス2022予想/データ攻略-後編】フタ桁着順続く伏兵に馬券内率“85%”超え 「大駆けがあっても驚けない」

【スプリンターズS/データ攻略-後編】フタ桁着順続く伏兵に馬券内率“85%”超え 「大駆けがあっても驚けない」

【最終追い切り】レース当週追いにも福永騎手が騎乗、CWで先行2頭の内へ進路を取る3頭併せを行った。懸命に追われる外の2頭に対し、まったくの馬なりで対応。持ったままの手応えで加速し、追いすがってきた相手を子供扱いして1頭に先着、1頭と併入している。

【見解】中間の速い時計は3本。ひと追いごとに走りの鋭さを出す“王道”な調整ができている。最終追いでは体を並べだ状態から気持ちが強く出そうな場面もあったが、名手がしっかりなだめて最後の加速まで脚を温存できたのもいい。夏に2戦した疲れは感じられず、好気配にある。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】前走キンキン仕上げで快勝の有力馬に高評価 「きわめて高いレベルで安定」

【スプリンターズS/追い切り診断】前走キンキン仕上げで快勝の有力馬に高評価 「きわめて高いレベルで安定」

◆【追い切り診断】メイケイエールを上回る最高評価「S」 「心身ともに研ぎ澄まされている」

【スプリンターズS/追い切り診断】メイケイエールを上回る最高評価「S」 「心身ともに研ぎ澄まされている」

◆【追い切り診断】実績上位のGI馬に低評価「B」 さすがの脚力も「反応の鈍さが気になる」

【スプリンターズS/追い切り診断】実績上位のGI馬に低評価「B」 さすがの脚力も「反応の鈍さが気になる」

スプリンターズS2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「馬場を味方に最後まで粘り込む」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の盲点 トップクラスの末脚で「一発の可能性あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】復調した単勝オッズ“2桁”の刺客 「コース適性の高さは随一」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞馬は“消し”評価 得意のスプリント戦も「ラスト1Fの壁あり」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】メイケイエールとナムラクレアに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】フタ桁着順続く伏兵に馬券内率“85%”超え 「大駆けがあっても驚けない」

◆【騎手データ】軸は勝負強さ抜群のGIハンター 一発なら条件合致で“馬券圏内率100%”の栗東のホープに期待

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】メイケイエールは7枠13番 試練となる好枠は条件合致で勝率“5割”超え

◆【血統傾向】条件合致で単回収値「437」に合致 想定“10人気”前後の穴馬とは?

◆【脚質傾向】2年連続で連対なしも コース特徴が“差し”を後押し

◆【前走ローテ】最多6勝のセントウルS組が中心 注目すべき有力馬とは

◆【動画プレーバック/スプリンターズS2021】3番人気ピクシーナイトが好位から直線で抜け出し3歳馬での14年ぶりとなる勝利でGI初制覇を飾る

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします