【スプリンターズS/危険な人気馬】人気一角の重賞馬は“消し”評価 得意のスプリント戦も「ラスト1Fの壁あり」

10月2日、中山競馬場でスプリンターズS(GI、芝1200m)が行われる。

出走予定馬を見てみると、前走のセントウルSをコースレコードで勝利したメイケイエールをはじめ、阪神JF5着、桜花賞3着など3歳世代で上位の実績を持つナムラクレア、今年の高松宮記念優勝馬ナランフレグや前走のキーンランドCで2着に好走した3歳牡馬ウインマーベルに加え、今回初のスプリント戦に挑むGI馬シュネルマイスターらが参戦する。

今回、スプリンターズSの「危険な人気馬」として取り上げるのは、ナムラクレアだ。

◆【スプリンターズステークス2022予想/データ攻略-前編】メイケイエールとナムラクレアに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

【スプリンターズS/データ攻略-前編】メイケイエールとナムラクレアに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

■3歳牝馬路線で最上位の実績を持つナムラクレア

桜花賞3着など同世代相手のGIで上位争いを繰り広げ、2走前には古馬との対戦となった函館スプリントSであっさり古馬を撃破すると、前走の北九州記念でも3着に健闘した。デビュー以降、芝1200mでは【3.0.1.0】と全て馬券圏内に好走しており、どのポジションからでも脚を使えるのは強みだろう。

しかし、今回ナムラクレアには「ラスト1Fの壁」が立ちはだかる。同馬のここまでのスプリント戦のラップを比較してみると、

◆[ナムラクレア]スプリント戦のレースラップ
・北九州記念(3着)
└11.7-10.3-10.8-11.1-11.3-11.7
・函館SS(1着)
└11.7-10.2-10.9-11.2-11.2-12.0
・小倉2歳S(1着)
└11.8-10.7-11.1-11.2-11.6-11.5
・フェニックス賞(1着)
└12.1-10.7-11.3-12.2-12.1-12.4

2歳時は止まらないラスト1Fのレースでも前を捉えきっていたが、北九州記念では直線で進路を探しながら鋭く伸びたものの、類似のラップで前を捉えきれず。春のクラシック戦線で1400~1600mを経験したことで、スプリント戦特有の極限の「ラスト1F」に対応できなくなった可能性はある。

◆【スプリンターズステークス2022予想/騎手データ】軸は勝負強さ抜群のGIハンター 一発なら条件合致で“馬券圏内率100%”の栗東のホープに期待

【スプリンターズS/騎手データ】一発なら条件合致で“馬券圏内率100%”のホープに期待 軸は勝負強さ抜群のGIハンター

昨年のスプリンターズSのレースラップは「11.7-10.6-11.0-11.1-11.3-11.4」。前が止まらない今の馬場で、前走・北九州記念のように後手を踏めば遅れをとる危険がはらんでいる。

以上の不安点から、ここは馬券的な妙味も考え、人気一角のナムラクレアを「消し」とする。今年のメンバー構成と道中のペースをイメージすれば、ウインマーベルを中心に、ジャンダルムマリアズハートヴェントヴォーチェら、ある程度のポジションから競馬ができ、ハイペースでも瞬時に反応ができる馬を上位に評価したい。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「馬場を味方に最後まで粘り込む」

【スプリンターズS/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「馬場を味方に最後まで粘り込む」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の盲点 トップクラスの末脚で「一発の可能性あり」

【スプリンターズS/穴ライズ】想定“10人気”前後の盲点 トップクラスの末脚で「一発の可能性あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】復調した単勝オッズ“2桁”の刺客 「コース適性の高さは随一」

【スプリンターズS/穴ライズ】復調した単勝オッズ“2桁”の刺客 「コース適性の高さは随一」

スプリンターズS2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】前走キンキン仕上げで快勝の有力馬に高評価 「きわめて高いレベルで安定」

◆【追い切り診断】メイケイエールを上回る最高評価「S」 「心身ともに研ぎ澄まされている」

◆【追い切り診断】実績上位のGI馬に低評価「B」 さすがの脚力も「反応の鈍さが気になる」

◆【追い切り診断】前走惜敗の重賞馬に高評価「A」 “王道”な調整で好気配にある

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】メイケイエールとナムラクレアに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】フタ桁着順続く伏兵に馬券内率“85%”超え 「大駆けがあっても驚けない」

◆【騎手データ】軸は勝負強さ抜群のGIハンター 一発なら条件合致で“馬券圏内率100%”の栗東のホープに期待

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】メイケイエールは7枠13番 試練となる好枠は条件合致で勝率“5割”超え

◆【血統傾向】条件合致で単回収値「437」に合致 想定“10人気”前後の穴馬とは?

◆【脚質傾向】2年連続で連対なしも コース特徴が“差し”を後押し

◆【前走ローテ】最多6勝のセントウルS組が中心 注目すべき有力馬とは

◆【動画プレーバック/スプリンターズS2021】3番人気ピクシーナイトが好位から直線で抜け出し3歳馬での14年ぶりとなる勝利でGI初制覇を飾る

文●西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします