【スプリンターズS/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「馬場を味方に最後まで粘り込む」

■ダイアトニック

近2走はGIに出走し、前走の安田記念、そして前々走の高松宮記念といずれも14着に敗れている。道中が力みっぱなしだったことに加えて鞍上が中途半端な競馬と認めた前走、スタートの出遅れが痛恨だった前々走と、どちらも敗因が明確なだけに、フタ桁着順が続いた現状を必要以上に悲観しなくていいだろう。

◆【スプリンターズステークス2022予想/追い切り診断】メイケイエールを上回る最高評価「S」 「心身ともに研ぎ澄まされている」

【スプリンターズS/追い切り診断】メイケイエールを上回る最高評価「S」 「心身ともに研ぎ澄まされている」

今年はマイルの京都金杯から始動し、ザダルから0秒1差の4着。次走は1400mの阪急杯で、好位から鋭く伸びて自身3度目の重賞制覇を飾っている。このあとは前述のGI2連戦へと駒を進めるわけだが、ここまでの成績から力が衰えたとは思えず、まだまだ一線級と渡り合える脚力は持っていると判断。高配当の使者となる可能性は十分と見た。

今の中山の馬場は内枠有利な傾向が出ており、2枠4番を引いたのは好材料。ここまでに駐立のケアも十分に施してきただけに、うまくスタートを決めて、馬場を味方に最後まで粘り込みたい。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の盲点 トップクラスの末脚で「一発の可能性あり」

【スプリンターズS/穴ライズ】想定“10人気”前後の盲点 トップクラスの末脚で「一発の可能性あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】復調した単勝オッズ“2桁”の刺客 「コース適性の高さは随一」

【スプリンターズS/穴ライズ】復調した単勝オッズ“2桁”の刺客 「コース適性の高さは随一」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞馬は“消し”評価 得意のスプリント戦も「ラスト1Fの壁あり」

【スプリンターズS/危険な人気馬】人気一角の重賞馬は“消し”評価 得意のスプリント戦も「ラスト1Fの壁あり」

スプリンターズS2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】前走キンキン仕上げで快勝の有力馬に高評価 「きわめて高いレベルで安定」

◆【追い切り診断】メイケイエールを上回る最高評価「S」 「心身ともに研ぎ澄まされている」

◆【追い切り診断】実績上位のGI馬に低評価「B」 さすがの脚力も「反応の鈍さが気になる」

◆【追い切り診断】前走惜敗の重賞馬に高評価「A」 “王道”な調整で好気配にある

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】メイケイエールとナムラクレアに明暗、勝率“100%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】フタ桁着順続く伏兵に馬券内率“85%”超え 「大駆けがあっても驚けない」

◆【騎手データ】軸は勝負強さ抜群のGIハンター 一発なら条件合致で“馬券圏内率100%”の栗東のホープに期待

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】メイケイエールは7枠13番 試練となる好枠は条件合致で勝率“5割”超え

◆【血統傾向】条件合致で単回収値「437」に合致 想定“10人気”前後の穴馬とは?

◆【脚質傾向】2年連続で連対なしも コース特徴が“差し”を後押し

◆【前走ローテ】最多6勝のセントウルS組が中心 注目すべき有力馬とは

◆【動画プレーバック/スプリンターズS2021】3番人気ピクシーナイトが好位から直線で抜け出し3歳馬での14年ぶりとなる勝利でGI初制覇を飾る

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-スプリンターズS編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします