【秋華賞/脚質傾向】オークス経由組に明と暗、スターズオンアースは「早めに反応できるか」

[阪神芝2000m重賞レース]過去10年10~12月開催の脚質傾向
[阪神芝2000m重賞レース]過去10年10~12月開催の脚質傾向

16日に阪神競馬場で行われる第27回秋華賞(GI、芝2000m)の過去10年データを紹介する。

2020年のデアリングタクト以来、史上7頭目の牝馬三冠を目指すスターズオンアース、紫苑Sで重賞2勝目を飾ったスタニングローズやローズSを快勝したアートハウス、オークス3着から直行のナミュールなど、今年はオークス経由組が主力を形成する。

本レースは昨年に続いて阪神開催。ここでは過去10年の10~12月開催、阪神芝2000mの重賞レースを条件に「脚質傾向」を分析していく。

◆【秋華賞2022予想/危険な人気馬】非凡な瞬発力を持つ人気馬は“消し”評価 「舞台替わりはプラスではない」

【秋華賞/危険な人気馬】非凡な瞬発力を持つ人気馬は“消し”評価 「舞台替わりはプラスではない」

■前有利の阪神芝内回りコース

過去10年、逃げ【0.3.0.7】、先行【6.2.3.26】、差し【3.5.5.20】、追込【1.0.2.34】と阪神内回りコースらしい「前有利」の傾向にある。昨年は4角4番手のアカイトリノムスメが制し、2着には4角10番手のファインルージュが入ったものの、3着には4角6番手のアンドヴァラナウト、4着には逃げた10番人気のエイシンヒテンが入線した。

[阪神芝2000m重賞レース]過去10年10~12月開催の脚質傾向

追込は壊滅的で、データで唯一となる1着は2021年京都2歳Sのジャスティンロックだが、道中9番手から4角2番手とマクリの競馬。このレースでも逃げた9番人気のビーアストニッシドが2着に粘っており、やはり前有利なのは間違いない。

中団からの競馬で春二冠を制したスターズオンアースは、骨折明けのレースで早めに反応できるかがカギとなる。スタニングローズアートハウスはここまでのレースぶりから、秋華賞のウイニングポジションに位置できるが、ナミュールは後方脚質から苦戦を強いられそうだ。

紫苑Sを2着に逃げ粘ったサウンドビバーチェ、桜花賞で2番手追走から2着に入ったウォーターナビレラの先行力にも警戒しておきたい。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】スターズオンアースとアートハウスの5枠は勝率“0%” 狙いは「馬券内率5割の好枠」

【秋華賞/枠順】スターズオンアースとアートハウスの5枠は勝率“0%” 狙いは「馬券内率5割の好枠」

◆【血統傾向】想定“8人気”前後に照準 条件合致で「馬券内率4割」超えの非サンデー系

【秋華賞/血統傾向】想定“8人気”前後に照準 条件合致で「馬券内率4割」超えの非サンデー系

◆【前走ローテ】最多4勝のオークス直行組が中心も、“大穴”が潜むトライアル組

【秋華賞/前走ローテ】最多4勝のオークス直行組が中心も、“大穴”が潜むトライアル組

◆【人気傾向】牝馬三冠は“単勝オッズ”がキーワード 2人気は勝率0%の鬼門

[秋華賞]過去10年の人気傾向

【秋華賞/人気傾向】牝馬三冠は“単勝オッズ”がキーワード 2人気は勝率0%の鬼門

◆【動画プレーバック/秋華賞2021】4番人気アカイトリノムスメが最後に末脚を伸ばし2着に半馬身差をつけラスト一冠を制す

秋華賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】上位人気の一角に低評価「B」 「仕上がりに不安を感じる」

◆【追い切り診断】スターズオンアースを上回る最高評価「S」 全部やり切れている感がある

◆【追い切り診断】好気配の重賞馬に高評価「A」 「攻め気配には非の打ち所がない」

◆【追い切り診断】“完成は秋”を目標とされた伏兵に「A」の高評価 「かなりいい状態にありそう」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の惑星 「一発があっても驚けない」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“40倍”前後の伏兵 「人気はないが、ケアして損はない」

◆【穴馬アナライズVol.3】惨敗続きで“人気ガタ落ち”の重賞馬 「積極的に買い目に加えたい」

◆【危険な人気馬】非凡な瞬発力を持つ人気馬は“消し”評価 「舞台替わりはプラスではない」

▼データ予想

◆【騎手データ】条件合致で食い込みに警戒も 軸は“単勝回収率233%”の名手

◆【データ攻略-前編】スターズオンアースに追い風も、牝馬三冠の阻止を狙う「勝率100%」の人気馬とは

◆【データ攻略-後編】“波乱の使者”候補は想定10人気前後 「馬券内率100%」が強力後押し

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします