【秋華賞/データ攻略-後編】“波乱の使者”候補は想定10人気前後 「馬券内率100%」が強力後押し

前編ではスターズオンアースナミュールのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【秋華賞2022予想/穴馬アナライズVol.3】惨敗続きで“人気ガタ落ち”の重賞馬 「積極的に買い目に加えたい」

【秋華賞/穴ライズ】惨敗続きで“人気ガタ落ち”の重賞馬 「積極的に買い目に加えたい」

■データが導く2022秋華賞の穴馬候補は

<穴候補1 メモリーレゾン>

前走ローズSは5着。上位馬との差を露呈するような結果となってしまったメモリーレゾン。豪華メンバーが揃った今回は伏兵の1頭にとどまっている印象だが、ここはコース替わりがプラスに働きそうだ。

・右回りの成績【3.1.0.0】

馬券内率は驚異の100%。そのなかには阪神競馬場での勝利も含まれており、急坂への対応力も申し分ない。抽選を突破した馬に逃げ馬が揃った組み合わせから、ハイペースが予想される今年の秋華賞。古馬相手に上がり3F最速の脚で突き抜けたその末脚が再度炸裂する可能性は警戒すべきだろう。

◆【秋華賞2022予想/追い切り診断】“完成は秋”を目標とされた伏兵に「A」の高評価 「かなりいい状態にありそう」

【秋華賞/追い切り診断】“完成は秋”を目標とされた伏兵に「A」の高評価 「かなりいい状態にありそう」

<穴候補2 スタニングローズ>

穴馬と呼ぶにはやや人気寄りの印象だが、この馬もデータ面での上積みが大きい1頭だ。

・オークス&秋初戦ともに馬券内【2.3.0.2】

一般的に王道路線を歩んだ3歳牝馬の秋初戦はローズSか紫苑S。いずれも中距離かつオール野芝であり、オークスとはまったく性質の異なるレースだ。対照的な2レースでともに馬券内に入ることは高い能力の証明。秋初戦の紫苑Sを制して臨む舞台、この馬もまた三冠阻止の刺客だ。

▼その他、データ予想
◆【データ攻略-前編】スターズオンアースに追い風も、牝馬三冠の阻止を狙う「勝率100%」の人気馬とは

【秋華賞/データ攻略-前編】スターズオンアースに追い風も、牝馬三冠の阻止を狙う「勝率100%」の人気馬とは

◆【騎手データ】条件合致で食い込みに警戒も 軸は“単勝回収率233%”の名手

【秋華賞/騎手データ】条件合致で食い込みに警戒も 軸は“単勝回収率233%”の名手

秋華賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】上位人気の一角に低評価「B」 「仕上がりに不安を感じる」

◆【追い切り診断】スターズオンアースを上回る最高評価「S」 全部やり切れている感がある

◆【追い切り診断】好気配の重賞馬に高評価「A」 「攻め気配には非の打ち所がない」

◆【追い切り診断】“完成は秋”を目標とされた伏兵に「A」の高評価 「かなりいい状態にありそう」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の惑星 「一発があっても驚けない」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“40倍”前後の伏兵 「人気はないが、ケアして損はない」

◆【穴馬アナライズVol.3】惨敗続きで“人気ガタ落ち”の重賞馬 「積極的に買い目に加えたい」

◆【危険な人気馬】非凡な瞬発力を持つ人気馬は“消し”評価 「舞台替わりはプラスではない」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】スターズオンアースとアートハウスの5枠は勝率“0%” 狙いは「馬券内率5割の好枠」

◆【血統傾向】想定“8人気”前後に照準 条件合致で「馬券内率4割」超えの非サンデー系

◆【脚質傾向】オークス経由組に明と暗、スターズオンアースは「早めに反応できるか」

◆【前走ローテ】最多4勝のオークス直行組が中心も、“大穴”が潜むトライアル組

◆【人気傾向】牝馬三冠は“単勝オッズ”がキーワード 2人気は勝率0%の鬼門

◆【動画プレーバック/秋華賞2021】4番人気アカイトリノムスメが最後に末脚を伸ばし2着に半馬身差をつけラスト一冠を制す

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022秋華賞-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします