【秋華賞/穴ライズ】想定“10人気”前後の惑星 「一発があっても驚けない」

■サウンドビバーチェ

秋初戦となった前走の紫苑Sはキャリア初の逃げを打つも、最後はスタニングローズの末脚に一歩及ばず2着までだった。敗れはしたが、前々走のオークスがレース前のアクシデントで競走除外となっており、ここが実質的には3月のチューリップ賞以来の約半年ぶり。それを思えば一定の力を示しており、復帰戦としては及第点だろう。

◆【秋華賞2022予想/追い切り診断】スターズオンアースを上回る最高評価「S」 全部やり切れている感がある

【秋華賞/追い切り診断】スターズオンアースを上回る最高評価「S」 全部やり切れている感がある

今回と同じ阪神コースで行われた前述のチューリップ賞では、2番手からレースを進めて4着に健闘。淀みのないペースだっただけに前へ行った馬には厳しい流れだったが、それでも最後まで渋太く食らいついていたように、なかなかの心肺機能を見せている。このメンバーに入っても、底力比べになったら面白そうだ。

阪神内回りは初めてとなるが、菜の花賞で1着、紫苑Sで2着と、似たような形態の中山コースで好走しているように、ここも対応できそう。1コーナーまでの距離があまりないだけに、外枠を引いたのは若干不安ではあるものの、うまくスタートを決めてロスなく好位に取りつければ一発があっても驚けない。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“40倍”前後の伏兵 「人気はないが、ケアして損はない」

【秋華賞/穴ライズ】想定オッズ“40倍”前後の伏兵 「人気はないが、ケアして損はない」

◆【穴馬アナライズVol.3】惨敗続きで“人気ガタ落ち”の重賞馬 「積極的に買い目に加えたい」

【秋華賞/穴ライズ】惨敗続きで“人気ガタ落ち”の重賞馬 「積極的に買い目に加えたい」

◆【危険な人気馬】非凡な瞬発力を持つ人気馬は“消し”評価 「舞台替わりはプラスではない」

【秋華賞/危険な人気馬】非凡な瞬発力を持つ人気馬は“消し”評価 「舞台替わりはプラスではない」

秋華賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】上位人気の一角に低評価「B」 「仕上がりに不安を感じる」

◆【追い切り診断】スターズオンアースを上回る最高評価「S」 全部やり切れている感がある

◆【追い切り診断】好気配の重賞馬に高評価「A」 「攻め気配には非の打ち所がない」

◆【追い切り診断】“完成は秋”を目標とされた伏兵に「A」の高評価 「かなりいい状態にありそう」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】スターズオンアースに追い風も、牝馬三冠の阻止を狙う「勝率100%」の人気馬とは

◆【データ攻略-後編】“波乱の使者”候補は想定10人気前後 「馬券内率100%」が強力後押し

◆【騎手データ】条件合致で食い込みに警戒も 軸は“単勝回収率233%”の名手

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】スターズオンアースとアートハウスの5枠は勝率“0%” 狙いは「馬券内率5割の好枠」

◆【血統傾向】想定“8人気”前後に照準 条件合致で「馬券内率4割」超えの非サンデー系

◆【脚質傾向】オークス経由組に明と暗、スターズオンアースは「早めに反応できるか」

◆【前走ローテ】最多4勝のオークス直行組が中心も、“大穴”が潜むトライアル組

◆【人気傾向】牝馬三冠は“単勝オッズ”がキーワード 2人気は勝率0%の鬼門

◆【動画プレーバック/秋華賞2021】4番人気アカイトリノムスメが最後に末脚を伸ばし2着に半馬身差をつけラスト一冠を制す

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-秋華賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします