【オークス/血統傾向】才能開花で“2桁”人気が復活の予感 連敗の重賞馬が大波乱を演出する

 

【オークス/血統傾向】才能開花で“2桁”人気が復活の予感 連敗の重賞馬が大波乱を演出する

21日に東京競馬場で行われるオークス(GI、芝2400m)の「血統傾向」を分析する。

2018年以降のオークスで3着内に入った種牡馬データを集計した下記の血統表をもとに推奨馬を紹介する。

◆【オークス2023予想/データ攻略】想定“2桁”人気に「1.2.0.0」 GI馬と接戦演じた舞台で波乱の立役者になる

■キングカメハメハ系種牡馬のスピードの持続力が光る

キングカメハメハ系種牡馬は過去5年間で【2.2.0.12】の成績を収めている。昨年はドゥラメンテ産駒のスターズオンアースが1着、キングカメハメハ産駒のスタニングローズが2着に入り、見事なワンツーを飾った。

キングカメハメハの勢いが感じられる一方、ディープインパクト系種牡馬の成績は悪く、過去5年間の成績は【1.2.1.27】。最後の勝利は2019年のラヴズオンリーユーまで遡る。

20230521_オークス_血統傾向

キングカメハメハ系種牡馬が得意とする理由は、コース形態とレース展開にある。東京芝2400mは、最後の直線距離が525.9mと長く、中間ラップが緩むスローの流れになって瞬発力勝負になりやすい。

しかしオークスはマイルで行われる桜花賞からの強豪が多く参戦するなど、3歳牝馬にとっては未知の距離を競うタフなレース。つまりタフな「瞬発力勝負」になりやすく、スピードの持続力に富んでいるキングカメハメハの血が活きるわけだ。

今回はキングカメハメハ系種牡馬のドゥラメンテ産駒に注目する。

◆【オークス2023/WIN5予想】メインは“リバティアイランドに迫る”末脚自慢も候補 新潟11Rはダ経験馬で「一点突破」

Advertisement


■ドゥーラ

父は2015年に皐月賞と日本ダービーの二冠を制したドゥラメンテ、母父は2000年の高松宮記念覇者・キングヘイロー、伯母に函館2歳S勝ちのクリスマスがいる血統構成。

ドゥーラは近3戦で阪神マイルでのレースに苦戦し、全て掲示板外に終わっている。しかし、4走前の札幌2歳S(札幌芝1800m)では1番人気に応える素晴らしい走りで完勝。

そのレースではスムーズなリズムで進み、3-4コーナーで外から迫力ある伸び脚を見せると、直線では鋭い末脚で一気に抜け出し勝利しているように、距離を延ばすことで、追走が楽になり彼女の持つ力が発揮される可能性は十分。

またドゥーラは父がドゥラメンテ、母父がノーザンダンサー系の牝馬。彼女の配合は注目すべきポイントで、この組み合わせの馬は芝1600m以下の舞台では【16.13.15.128】勝率9.3%、複勝率25.6%、単勝回収値47という成績だが、一方で芝1800m以上の距離だと【22.18.21.130】勝率は11.5%、複勝率は31.9%、単勝回収値82と全項目で大幅に上回っており、距離延長は彼女にとってプラス要素となる傾向だ。

さらに上記の芝1800m以上の距離という条件に加え、キャリア6戦以内かつコーナー回数が4回以上という条件を加えると【16.10.15.69】勝率14.5%、複勝率37.3%、単回収値119と、ハイアベレージをマーク。

これはこの配合の牝馬が浅いキャリアのうちから早くもコーナリングの才能を開花させ、その力を存分に発揮して結果を残していることを強く示唆している。

コーナー4回の東京芝2400mという新たな条件で臨む今回のレースは、札幌のコーナーをうまく立ち回っているドゥーラにとって好条件。彼女の変わり身に期待し、穴馬の1頭として推奨する。札幌2歳Sの時のような力強い走りを再び目にすることを楽しみにしたい。

Advertisement


◆【オークス2023予想/追い切り診断】ハーパーを上回る「A」の高評価 「桜花賞以上の迫力とメリハリ」

▼その他、血統傾向
◆【血統傾向】距離延長で重賞好走馬に食指 種牡馬データが示す「スタミナ」に期待

オークス(優駿牝馬)2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】リバティアイランド・川田に“連対率0%”も軸候補 買いは連対率80%のオークス男

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“40倍”以上の妙味 「前走で見限るのは早すぎる」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“14人気”前後の爆穴 「ポテンシャルは他馬にもヒケを取らない」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日“10人気”前後の盲点 「相手の1頭には必ず組み込んでおきたい」

◆【危険な人気馬】連対率100%の有力馬は“消し” 「今回のレースに不向きな脚質」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】コナコーストに迫る高評価「A」 想定“7人気”前後が「人馬一体といった雰囲気」

◆【追い切り診断】桜花賞の好走馬に不満「B」評価 「肝心の反応面がいまひとつ」

◆【追い切り診断】ハーパーを上回る「A」の高評価 「桜花賞以上の迫力とメリハリ」

◆【追い切り診断】連対率100%の実力馬に最高評価「S」 「2400m戦も問題なくこなせそう」

▼データ攻略
◆【データ攻略】「28戦11勝」で目論むリバティアイランド超え “最強のジョーカー”がひと泡吹かす

◆【データ攻略】想定“2桁”人気に「1.2.0.0」 GI馬と接戦演じた舞台で波乱の立役者になる

◆【データ攻略】牝馬三冠馬も該当する「2.1.0.0」 “不安要素ほぼゼロ”で挑む樫の女王の座

◆【データ攻略】前走・重賞勝ち馬はノーマーク禁物 “1分58秒台”が証明するGI激走率6割超

◆【WIN5予想】メインは“リバティアイランドに迫る”末脚自慢も候補 新潟11Rはダ経験馬で「一点突破」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】桜花賞馬・リバティアイランドは連対率0%の“鬼門”に 3年連続馬券内に伏兵が入る

◆【前走ローテ】桜花賞組の最多7勝がリバティアイランド「三冠」後押し フローラS組に“伏兵”あり

◆【脚質傾向】優勝候補は“4角7番手”以下の差し 2、3着には伏兵の先行馬が粘る歴史あり

◆【人気傾向】狙うは「ヒモ荒れ」の単勝“2桁”人気 連敗中の1人気に馬券内率75%超

文●中井達也(SPREAD編集部)