【阪神JF/騎手データ】高い馬券内率を誇る騎手の「馬連+3連複1点」推奨 注目は勝率66.7%→100%の”爆跳ね”条件

12日は阪神競馬場で2歳牝馬チャンピオンを決める阪神ジュベナイルF(GI、芝1600m)が行われます。昨年は白毛のソダシが制し、後に桜花賞も勝利しました。同舞台で行われることから桜花賞に直結するレースです。

それでは気になる騎手データを見ていきましょう。なお、阪神競馬場改修後となる2006年以降の過去レースを集計対象としています。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/追切ジャッジ】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

【阪神JF/追い切りジャッジ】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

■高い連対率をマークしているC.ルメール騎手

今年の阪神ジュベナイルFに乗り鞍があり、2006年以降の阪神ジュベナイルFで騎乗経験があるのは次の16騎手です。


[2006年以降]阪神JFの騎手別成績

思わず「うーん…」と唸らずにはいられないデータが算出されてしまいました。18騎手中16騎手に過去の騎乗経験がありますが、連対経験がある騎手は僅か5騎手のみ。加えて、過去4鞍以上の騎乗経験があり、連対経験もあり、着順と人気のバランスにも優れる騎手が残念ながら見当たりません。騎手データを重視した場合、騎手買いはしづらいレースと言えます。

そんな中、ただ一人飛び抜けた連対率をマークしているのがC.ルメール騎手です。平均人気1.3が示すようにほぼ1番人気に跨ってのものですが、2015年のメジャーエンブレム(1人気)、2016年のソウルスターリング(1人気)の2頭を勝利に導くと、昨年はサトノレイナス(2人気)でハナ差2着と3度の連対経験があります。2017年のロックディスタウン(1人気)こそ9着に崩れてしまいましたが、この馬は気性に課題がありましたね。

また、C.ルメール騎手ですが、枠順と重ねるとさらに面白いデータが見つかり【C.ルメール騎手】×【1枠から4枠】の組み合わせは過去【2-1-0-0】と連対率100%です。同騎手は今年の阪神ジュベナイルFで牡馬相手のサウジアラビアRCで2着に好走したステルナティーア(牝2、美浦・木村哲也厩舎)に騎乗しますが、同馬が入った枠は奇しくも4枠8番。熱いデータに合致するだけにステルナティーアは堅軸として考えたいですね。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/穴馬アナライズ-後編Vol.1】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

【阪神JF/穴馬アナライズ-後編】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

■サンプル数不足でも信頼したいC.デムーロ騎手

次に見ていくのが前日16時時点で1番人気のナミュール(牝2、栗東・高野友和厩舎)に騎乗するCデムーロ騎手です。

1戦1勝だけではサンプル数不足ですが、表からも一目瞭然のように、今回騎乗する18騎手の中で勝利経験があるのはC.ルメール騎手とC.デムーロ騎手の2名のみ。優勝経験があるのは大きなアドバンテージでしょう。

なお、C.デムーロ騎手ですが、2006年以降のGIでの全成績は【3-1-2-28】とそこまでではありませんが、GIで1番人気騎乗時は【2-0-1-0】の連対率66.7%を記録。さらに2歳GIで1番人気騎乗時に限定すると、2017年ホープフルSのタイムフライヤー(1人気1着)、2018年阪神ジュベナイルFのダノンファンタジー(1人気1着)と【2-0-0-0】の勝率100%データに該当します。嫌うよりは信頼した方が良さそうですね。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/穴馬アナライズ-後編Vol.2】単勝“50倍以上”の伏兵 初勝利から急成長で「積極的に買い」

【阪神JF/穴馬アナライズ-後編】単勝“50倍以上”の伏兵 初勝利から急成長で「積極的に買い」

■M.デムーロ騎手は3着付けで一考

最後にサークルオブライフ(牝2、美浦・国枝栄厩舎)に騎乗するM.デムーロ騎手のデータを見ていきます。同騎手ですが、連対こそないものの2020年のユーバーレーベン(6人気)、2010年のライステラスと2度の3着があることは見逃せません。

また【M.デムーロ騎手】×【関東馬】の組み合わせは【0-0-2-2】と複勝率が50%にまで一気に跳ね上がります。サークルオブライフはこの熱いデータに当てはまりますので、この馬を3着付けで考えてみてもいいかもしれません。

以上、阪神ジュベナイルFの気になる騎手データを今回は見ていきましたが、騎手データを重視した結論はC.ルメール騎手の騎乗馬とC.デムーロ騎手の騎乗馬の馬連1点。そこにM.デムーロ騎手の騎乗馬も加えた3連複1点で勝負するのが正解と考えます。

▼その他データ予想
◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/データ攻略-前編】有力馬2頭に“明と暗” 「連対率75%」の抜群の相性を誇る関西馬に注目

【阪神JF/データ攻略-前編】有力馬2頭に“明と暗” 「連対率75%」の抜群の相性を誇る関西馬に注目

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/データ攻略-後編】「血」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた2頭に注目

【阪神JF/データ攻略-後編】「血」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた2頭に注目

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/出走馬考察】2歳女王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり ファンタジーS快勝のウォーターナビレラの評価は

【阪神JF/出走馬考察】2歳女王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり ファンタジーS快勝のウォーターナビレラの評価は

阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

◆【A評価】サークルオブライフを上回る高評価 ガス抜き完了で「1F延長でも問題なし」

◆【A評価】下位人気想定の穴馬に「A」の高評価 気配アップで「通用の可能性十分」

◆【B評価】2歳女王の座を狙う人気馬に辛口評価 「まだ素軽さ満点とは言い切れない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】ファンタジーS組2騎を軽視 ポイントは“マイル以上”と“牡馬相手”の実績

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】単勝“50倍以上”の伏兵 初勝利から急成長で「積極的に買い」

◆【危険な人気馬-前編】人気先行の良血馬は“消し” 2歳女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】有力馬を上回る「スピード×急坂適性」を持つ、栗東の“坂路番長”を本命視

▼その他データ傾向
◆【枠順】“兄弟タッグ”で注目のウォーターナビレラは7枠13番に、最多勝利の1枠には伏兵馬

◆【血統傾向】6年連続好走中の血統に共通する「マイル実績」 注目は2歳GI馬の血を引く伏兵馬

◆【脚質傾向】先行激化で浮上する、5年連続好走中の「上がり最速馬」に注目

◆【前走ローテ】「アルテミスS組」からソダシに続く2歳女王の誕生なるか

◆【人気傾向】1・2番人気決着が過去3回も、オッズ混戦で浮上する「5番人気」の激走に注目

著者プロフィール

伊藤大輔(いとうだいすけ)●「UMAJIN.net」編集部
秋田県生まれ。スポーツ関連書籍出版社、競馬専門紙の勤務を経て、現在はUMAJIN .netでライティング、競馬データ解析等を担当。『SPREAD』では主観的要素の強い「馬体解析」と客観的なデータの蓄積である「騎手データ」から、注目すべき馬と騎手を取り上げていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします