【阪神JF/穴馬アナライズ-前編】ファンタジーS組2騎を軽視 ポイントは“マイル以上”と“牡馬相手”の実績

2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルFは阪神芝外回りコースが新設された2006年以降、ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネなど、多くの名牝を輩出してきた出世レース。昨年の優勝馬・ソダシは翌春の桜花賞を制し、2着のサトノレイナスは日本ダービーに参戦。3着のユーバーレーベンはオークス馬に輝いた。

しかし、そのソダシは札幌2歳S、アルテミスSと重賞を連勝するなどレース前から存在をアピールしていた馬。過去10年、無敗の女王が6頭も誕生している舞台だが、今年は一筋縄ではいきそうにない“混戦”の様相だ。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/穴馬アナライズ-後編Vol.1】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

【阪神JF/穴馬アナライズ-後編】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

■牡馬に圧倒されている現2歳の牝馬

混戦を裏付けるのが牡馬混合重賞における牝馬の成績。昨年は札幌2歳Sでソダシとユーバーレーベンが牝馬ワン・ツーを決め、サウジアラビアRCでインフィナイトが2着、新潟2歳Sでフラーズダルムが3着に入るなど、芝1600m以上の牡馬混合重賞で牝馬が躍動していた。

今年はここまで函館2歳S(ナムラリコリス)、小倉2歳S(ナムラクレア)の短距離戦を牝馬が制したものの、芝1600m以上の重賞ではサウジアラビアRCでステルティアーナが2着、デイリー杯2歳Sでソネットフレーズが2着まで。芝1400m以下に実績が偏ったメンバーであり、混戦ムードに拍車をかけている。

現2歳世代は新潟2歳S、デイリー杯2歳Sと重賞2連勝中のセリフォス、札幌2歳S勝ちのジオグリフ、サウジアラビアRC勝ちのコマンドライン、東京スポーツ杯2歳S勝ちのイクイノックスなど、牡馬に無敗の重賞ウイナーがずらり。タレント揃いの牡馬に、牝馬が押されている状況だ。

■マイル以上と牡馬相手の実績を重視

上位人気が予想されるウォーターナビレラだが、3戦すべてが牝馬限定戦であり、歴代の無敗女王と比較すると一枚落ちは否めない。ファンタジーSでウォーターナビレラの2着に入ったナムラクレアも同様で、小倉2歳Sで牡馬を撃破したが、マイル実績に乏しい。

2019年にダノンファンタジー、20年にレシステンシアと2歳女王が誕生したファンタジーS組だが、今年は3戦目で未勝利を勝ち上がったばかりのママコチャが3番人気3着とレースレベルにも疑問が残る。

むしろ、サウジアラビアRCでコマンドラインの2着・ステルナティーア、新馬(芝1600m)でセリフォスの2着・ベルクレスタ、新馬(芝1800m)でイクイノックスの3着・サークルオブライフと、マイル以上のレースで牡馬トップクラスに揉まれてきた牝馬に食指が動く。

以上を踏まえ、今年の阪神ジュベナイルFにおける穴馬選びのポイントは2点。

・マイル以上の実績
・牡馬相手の実績

後編」では、上記のいずれかに該当する人気の盲点をピックアップする。

▼穴馬アナライズ-後編
◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/穴馬アナライズ-後編Vol.1】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

【阪神JF/穴馬アナライズ-後編】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/穴馬アナライズ-後編Vol.2】単勝“50倍以上”の伏兵 初勝利から急成長で「積極的に買い」

【阪神JF/穴馬アナライズ-後編】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

▼香港国際競走2021予想コラム一覧

【香港カップ/3連単12点勝負】ラヴズオンリーユーの有終Vに“刺客” 日本馬2騎に巻き返し余地あり

【香港マイル/3連単36点勝負】香港最強馬の「1強」に断 “大金星”の可能性を秘めた日本馬とは

【香港スプリント/3連複15点勝負】日本馬3頭のうち2頭に“不安”材料 後方待機の香港勢に警戒

【香港ヴァーズ/3連複10点勝負】ステイフーリッシュに父子制覇の好機 穴は“下位人気”の香港馬

阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬-前編】人気先行の良血馬は“消し” 2歳女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】有力馬を上回る「スピード×急坂適性」を持つ、栗東の“坂路番長”を本命視

▼データ予想
◆【騎手データ】高い馬券内率を誇る騎手の「馬連+3連複1点」推奨 注目は勝率66.7%→100%の”爆跳ね”条件

◆【データ攻略-前編】有力馬2頭に“明と暗” 「連対率75%」の抜群の相性を誇る関西馬に注目

◆【データ攻略-後編】「血」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた2頭に注目

◆【出走馬考察】2歳女王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり ファンタジーS快勝のウォーターナビレラの評価は

▼追い切り予想
◆【S評価】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

◆【A評価】サークルオブライフを上回る高評価 ガス抜き完了で「1F延長でも問題なし」

◆【A評価】下位人気想定の穴馬に「A」の高評価 気配アップで「通用の可能性十分」

◆【B評価】2歳女王の座を狙う人気馬に辛口評価 「まだ素軽さ満点とは言い切れない」

▼その他データ傾向
◆【枠順】“兄弟タッグ”で注目のウォーターナビレラは7枠13番に、最多勝利の1枠には伏兵馬

◆【血統傾向】6年連続好走中の血統に共通する「マイル実績」 注目は2歳GI馬の血を引く伏兵馬

◆【脚質傾向】先行激化で浮上する、5年連続好走中の「上がり最速馬」に注目

◆【前走ローテ】「アルテミスS組」からソダシに続く2歳女王の誕生なるか

◆【人気傾向】1・2番人気決着が過去3回も、オッズ混戦で浮上する「5番人気」の激走に注目

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-阪神JF編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。会心の的中はキセキが制した2017年菊花賞の3連単55万9700円。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします