【日経新春杯/データ攻略-後編】「馬券内率100%」が後押しする想定10番人気前後の穴馬候補

前編ではステラヴェローチェの気になるデータとフライライクバードの追い風となるデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【日経新春杯2022予想/追い切り診断】前走人気薄の激走馬に高評価「A」 前走以上のデキで「ひと皮むけた印象」

【日経新春杯/追い切り診断】前走人気薄の激走馬に高評価「A」 前走以上のデキで「ひと皮むけた印象」

■データが導く2022日経新春杯の穴馬候補は

<穴候補1 マイネルウィルトス>

2走前のアルゼンチン共和国杯で2着。のちのジャパンC2着馬オーソリティと好勝負を演じたのがマイネルウィルトスだ。今回は掲示板外後のレースに加えて鞍上がなかなか決まらなかったりと盤石とは言い難い印象もあるが、データ面での上積み材料はある。

・距離延長時の成績【1-4-2-0】

前述のアルゼンチン共和国杯に大差勝ちを収めた福島民報杯はいずれも距離延長ローテ。その臨戦過程において馬券内率100%は素晴らしいの一言に尽きる。得意ローテかつ、当時と同じ左回りなら軽視はできない。

<穴候補2 クラヴェル>

穴馬と呼ぶにはやや人気寄りの印象だが、この馬もデータ面での上積みが大きい1頭だ。

・エピファネイア牝馬の中京芝2200m成績【2-2-0-2】

特筆すべきはその中身。4度の馬券内はいずれも異なる馬であり、人気をみても7、4、1、5人気と配当妙味をもたらす好走がほとんどなのだ。クラヴェルの母ディアデラマドレ、祖母ディアデラノビアはともに中京芝で行われた愛知杯の勝ち馬。これ以上ない後押しを得て待望の重賞初制覇を狙う。

◆【日経新春杯2022予想/データ攻略-前編】ステラヴェローチェに降りかかる「勝率0%」という不安要素とは

【日経新春杯/データ攻略-前編】ステラヴェローチェに降りかかる「勝率0%」という不安要素とは

日経新春杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】ステラを上回る「S」評価は穴馬 今がまさに充実期で「初タイトルも見える」

◆【A評価】ステラヴェローチェに辛口評価 想定外のメニューが「レースにどう影響するか…」

◆【A評価】前走人気薄の激走馬に高評価「A」 前走以上のデキで「ひと皮むけた印象」

◆【B評価】人気一角に不満の低評価「B」 ピーク時と比べれば物足りず「反応が鈍い」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】前走惨敗で“妙味”あり 「条件好転でハンデ据え置き」

◆【穴馬アナライズvol.2】前日“10人気”以下の盲点 展開次第で「一発の予感」

◆【穴馬アナライズvol.3】単勝“60倍以上”の爆穴 前走見せ場ありで「軽視禁物」

◆【危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 黄金世代の真価が問われる一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】左回りで数値“急上昇”の穴馬に注目 馬券内率「65%超」を誇る生粋のサウスポー

▼その他データ傾向
◆【騎手データ】中京芝2200mで高い連対率を誇る川田将雅、条件合致で“鉄板”100%に上昇

◆【枠順】人気の4歳世代に明暗、ヨーホーレイクは鬼門の5枠に入る

◆【血統傾向】「血統×冬季」の組み合わせで浮上する単勝回収率「540%」の穴馬に“一撃”を期待

◆【脚質傾向】上がり最速馬は「連対率70%超」 昨年は13人気ミスマンマミーアの激走で波乱

◆【前走ローテ】各組1勝ずつの難解なハンデ重賞、「2500m」の好走条件とは

◆【人気傾向】1・2番人気が過去7勝 注目は「軽ハンデ」の伏兵馬

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「京成杯編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします