【フェブラリーS/前走ローテ】ソダシが再びダートに挑戦も高い壁、注目すべき好走条件とは

20日に東京競馬場で行われる第39回・フェブラリーS(GI、ダ1600m)のデータを紹介する。

ディフェンディングチャンピオンとして連覇に挑むカフェファラオ、前哨戦の根岸Sを快勝したテイエムサウスダン、東海S覇者スワーヴアラミスに加え、JBCスプリントを勝利したレッドルゼル、白毛馬ソダシなどバラエティー豊富なメンバーが出走する。

ここでは過去10年のフェブラリーSの結果を基に予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【フェブラリーステークス2022予想/追い切り診断】自己ベスト更新の人気馬に高評価「A」 時計や気迫は申し分なく「反撃必至」

【フェブラリーS/追い切り診断】自己ベスト更新の人気馬に高評価「A」 時計や気迫は申し分なく「反撃必至」

■根岸S組が最多4勝

過去10年で最多となる4勝を挙げているのは根岸S組で、該当する登録馬はソリストサンダータイムフライヤー(除外対象馬)、タガノビューティー(除外対象馬)、テイエムサウスダンが該当。根岸Sからのローテで挑んだ60頭のうち、本番で馬券に絡んだ9頭は根岸Sでも馬券内に好走していた。今回該当するのは1着馬・テイエムサウスダンと3着のタガノビューティー(除外対象馬)の2頭となっている。

根岸S 【4-2-3-51】 勝率6.7%、連対率10.0%、複勝率15.0%
東海S 【3-1-1-15】 勝率15.0%、連対率20.0%、複勝率25.0%
チャンピオンズC 【2-3-1-7】 勝率15.4%、連対率38.5%、複勝率46.2%
フェアウェルS 【1-0-0-0】 勝率100.0%、連対率100.0%、複勝率100.0%
東京大賞典 【0-2-2-11】 勝率0.0%、連対率13.3%、複勝率26.7%
川崎記念 【0-2-1-12】 勝率0.0%、連対率13.3%、複勝率20.0%
JCダート 【0-0-1-2】 勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率33.3%

次点は3勝をマークしている東海S組となる。馬券に絡んだ5頭に注目するとこちらも前哨戦の東海Sで馬券内に好走していたという共通点があった。今回該当するのはスワーヴアラミスブルベアイリーデ(除外対象馬)だ。

一方、注目のアイドルホース・ソダシが該当するチャンピオンズC組を見てみる。馬券に絡んだ6頭は必ずしも前走で馬券に絡んでいるわけではなく、16年のチャンピオンズCでソダシと同じ12着だったゴールドドリームは、17年のフェブラリーSを制している。ただ、過去10年間で9頭の牝馬が本レースに挑戦しているが1頭も馬券に絡めておらず、ソダシに対して全幅の信頼は置けない。他のチャンピオンズC組は、インティエアスピネルカフェファラオが該当する。

また、前走の距離別に成績を分けてみると以下の通り。

1400m 【4-2-3-59】勝率5.9%、連対率8.8%、複勝率13.2%
1600m 【0-0-1-5】勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率16.7%
1800m 【6-4-3-59】勝率8.3%、連対率13.9%、複勝率18.1%
2000m 【0-2-2-12】勝率0.0%、連対率12.5%、複勝率25.0%
2100m 【0-2-1-12】勝率0.0%、連対率13.3%、複勝率20.0%

優勝しているのは、前走1400m組と1800m組の2つで、頭数もここに集中している。

まず、1400mの内訳をみると1~3着はすべて根岸Sのものである。上位人気が予想されるレッドルゼルは、前走・JBCスプリントがこの前走1400m組に入るため、全幅の信頼を置くことができない。

また、1800m組のうち1・2着は東海S・チャンピオンズC・フェアウェルSの各ローテが分け合う形となっている。このローテに該当しないのが、TCK女王盃からのテオレーマ、BCディスタフからのマルシュロレーヌの2頭。この2頭はソダシとは臨戦過程が異なるものの、牝馬というだけでも当レースにおいて全幅の信頼は置きづらいだろう。

今回、馬券圏内だった根岸S組と東海S組を中心に馬券を購入することが的中のヒントになりそうだ。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気のレッドルゼルは“赤枠”に入る 奪還狙うインティは好枠からのスタート

【フェブラリーS/枠順】人気のレッドルゼルは“赤枠”に入る 奪還狙うインティは好枠からのスタート

◆【血統傾向】昨年と一転、必勝ローテで挑む単回収値「291」の配合馬

【フェブラリーS/血統傾向】昨年と一転、必勝ローテで挑む単回収値「291」の配合馬

◆【脚質傾向】連覇狙うカフェファラオに「黄信号」 府中得意も“末脚不発”の可能性あり

【フェブラリーS/脚質傾向】連覇狙うカフェファラオに「黄信号」 府中得意も“末脚不発”の可能性あり

◆【人気傾向】GI開幕戦は波乱傾向、1人気を素直に信頼も警戒が必要なのは

【フェブラリーS/人気傾向】GI開幕戦は波乱傾向、1人気を素直に信頼も警戒が必要なのは

フェブラリーステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】上位人気馬を上回る最高評価「S」は充実一途の伏兵馬 攻めの姿勢で「勝ち負け可能」

◆【A評価】自己ベスト更新の人気馬に高評価「A」 時計や気迫は申し分なく「反撃必至」

◆【A評価】“純白の女王”ソダシに高評価 厩舎流ハードトレで「大きく変わってきても驚けない」

◆【B評価】リベンジ目論む有力馬に不満の低評価「B」 陣営の“思惑”は「次戦の大一番」か

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“20倍”前後 「初マイルがハマる可能性あり」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“下位人気”の爆穴 「ムラ駆けの馬が一発の予感」

◆【穴馬アナライズVol.3】実績上位も“伏兵”扱い 「この相手なら好勝負できる」

◆【危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 砂の王座決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】人気馬を上回る“馬場適性”を持つ「爆穴」を本命視 恵みの雨で「22年前の再現」へ

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】人気馬2頭に襲い掛かる「勝率0%」の鬼門 今年最初のGIは“波乱の可能性”

◆【データ攻略-後編】推定8人気前後の“惑星”に食指 条件好転で「馬券内率100%」の“鉄板”

◆【騎手データ】前日オッズ20倍前後でも侮れない人馬 条件合致で連対率“60%超”に上昇

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします