【フェブラリーS/血統傾向】昨年と一転、必勝ローテで挑む単回収値「291」の配合馬

冬のダート王を決めるフェブラリーS(GI、東京ダ1600m)が20日、東京競馬場で行われる。

昨年の覇者で、史上2頭目の連覇を狙うカフェファラオ、前走JBCスプリントでGIを初勝利したレッドルゼル、前哨戦の東海Sを上がり最速で勝ったスワーヴアラミスなどが出走する。

ここでは予想のヒントになる「血統傾向」を分析していく。

◆【フェブラリーステークス2022予想/追い切り診断】“純白の女王”ソダシに高評価 厩舎流ハードトレで「大きく変わってきても驚けない」

【フェブラリーS/追い切り診断】“純白の女王”ソダシに高評価 厩舎流ハードトレで「大きく変わってきても驚けない」

■トレンドはサンデー系からミスプロ系へ移行

データは2017年以降のフェブラリーSを集計。3着内馬の血統表は以下の通り。

当コースは、ワンターンで直線が長く、スピードと末脚の切れ味が求められるコースであるが、瞬発力に優れたサンデー系の成績は【1-3-1-21】(勝率3.8%、連対率15.4%、複勝率19.2%/単回収値19)と不振傾向にあり、2017年のゴールドドリーム以降、勝馬を出せていない。今年は、アドマイヤオーラ産駒のアルクトスやハーツクライ産駒のスワーヴアラミスなど10頭ものサンデー系産駒が出走を予定しているが、高い評価はできない。

一方、ミスプロ系の種牡馬が【3-1-2-13】(勝率15.8%、連対率21.1%、複勝率31.6%/単回収値87)と3勝をマークするなど、好成績を残している。これは、直線に坂のあるコースであることが、サンデー系よりパワーに優れたミスプロ系が好走している要因のひとつだろう。今年は、American Pharoah産駒のカフェファラオやキングカメハメハ産駒のエアスピネルなど7頭が出走予定だ。

なかでも、注目はロードカナロア産駒のレッドルゼル。父ロードカナロア×母父ヴァイスリージェント系の牡馬は疲労に弱いのか、ゆとりのあるローテで好成績の残しており、ダート戦において中4週以内の間隔で出走してきた場合、【1-1-1-29】(勝率3.1%、連対率6.3%、複勝率9.4%/単回収値3)という成績を残しているのに対し、中5週以上だと【9-7-3-19】(勝率23.7%、連対率42.1%、複勝率50.0%/単回収値91)と好成績を残している。さらに東京コースに限定すると、【3-1-0-3】(勝率42.9%、連対率57.1%、複勝率57.1%/単回収値291)と非常に期待値が高い。

実際、レッドルゼルは昨年のフェブラリーSで4着に敗れているが、これは根岸Sから中2週という余裕のないローテだった。今年は前走のJBCスプリントから約3か月半ぶりの出走となり、疲労のないフレッシュな状態で挑む今回は、昨年以上の好走を期待できるだろう。高い連対率を誇る東京コースに舞台が替わる今回こそ絶好の狙い目となるだけに本命視したい。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気のレッドルゼルは“赤枠”に入る 奪還狙うインティは好枠からのスタート

【フェブラリーS/枠順】人気のレッドルゼルは“赤枠”に入る 奪還狙うインティは好枠からのスタート

◆【脚質傾向】連覇狙うカフェファラオに「黄信号」 府中得意も“末脚不発”の可能性あり

【フェブラリーS/脚質傾向】連覇狙うカフェファラオに「黄信号」 府中得意も“末脚不発”の可能性あり

◆【前走ローテ】ソダシが再びダートに挑戦も高い壁、注目すべき好走条件とは

【フェブラリーS/前走ローテ】ソダシが再びダートに挑戦も高い壁、注目すべき好走条件とは

◆【人気傾向】GI開幕戦は波乱傾向、1人気を素直に信頼も警戒が必要なのは

【フェブラリーS/人気傾向】GI開幕戦は波乱傾向、1人気を素直に信頼も警戒が必要なのは

フェブラリーステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】上位人気馬を上回る最高評価「S」は充実一途の伏兵馬 攻めの姿勢で「勝ち負け可能」

◆【A評価】自己ベスト更新の人気馬に高評価「A」 時計や気迫は申し分なく「反撃必至」

◆【A評価】“純白の女王”ソダシに高評価 厩舎流ハードトレで「大きく変わってきても驚けない」

◆【B評価】リベンジ目論む有力馬に不満の低評価「B」 陣営の“思惑”は「次戦の大一番」か

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“20倍”前後 「初マイルがハマる可能性あり」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“下位人気”の爆穴 「ムラ駆けの馬が一発の予感」

◆【穴馬アナライズVol.3】実績上位も“伏兵”扱い 「この相手なら好勝負できる」

◆【危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 砂の王座決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】人気馬を上回る“馬場適性”を持つ「爆穴」を本命視 恵みの雨で「22年前の再現」へ

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】人気馬2頭に襲い掛かる「勝率0%」の鬼門 今年最初のGIは“波乱の可能性”

◆【データ攻略-後編】推定8人気前後の“惑星”に食指 条件好転で「馬券内率100%」の“鉄板”

◆【騎手データ】前日オッズ20倍前後でも侮れない人馬 条件合致で連対率“60%超”に上昇

文・中井達也(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします