【フェブラリーS/穴ライズ】単勝“下位人気”の爆穴 「ムラ駆けの馬が一発の予感」

昨年のチャンピオンズCを制したテーオーケインズ、日本馬初のBCディスタフ制覇を遂げたマルシュロレーヌがサウジCに出走のため回避。前年覇者のカフェファラオは3連敗中で、JBCスプリント勝ちのレッドルゼルはダ1600m未経験と、第39回フェブラリーSは例年以上の混戦と言える。

そのレッドルゼルが象徴的な存在で、今年はダ1400m以下を主戦場としてきた馬がずらり。しかし、過去10年の前走傾向では、ダ1400m【4-2-3-59】、ダ1800m【6-4-3-59】と、マイル以上のレースを経由してきた馬が優勢で、今年もこの中に「穴馬」は潜んでいると見た。

◆【フェブラリーステークス2022予想/穴馬アナライズvol.3】実績上位も“伏兵”扱い 「この相手なら好勝負できる」

【フェブラリーS/穴ライズ】実績上位も“伏兵”扱い 「この相手なら好勝負できる」

■サンライズホープ

3走前のシリウスSでは、ウェスタールンドやブルベアイリーデなど骨っぽいところを相手に重賞初制覇。次走はGI・チャンピオンズCに挑んだが、大幅な馬体増やタイトな展開が影響してか、直線では闘志が残っておらず15着に沈んでいる。

巻き返しの期待がかかった前走の東海Sは先団からうまく流れに乗り、直線で一度は先頭を窺う脚色を見せたもののライバルに交わされて4着まで。結果的に敗れはしたが、外をまわらされるロスの多い競馬でも気持ちを途切れさせることなく、最後まで必死に食らいついていたあたりは復調を感じさせるものだった。次はさらに良くなりそう。

これまでの実績を考えればオッズほど他馬との差はなく馬券的には妙味あり。初騎乗の大野騎手が道中でうまくなだめられれば、一発の予感がする。

◆【フェブラリーステークス2022予想/穴馬アナライズvol.1】想定オッズ“20倍”前後 「初マイルがハマる可能性あり」

【フェブラリーS/穴ライズ】想定オッズ“20倍”前後 「初マイルがハマる可能性あり」

フェブラリーステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】上位人気馬を上回る最高評価「S」は充実一途の伏兵馬 攻めの姿勢で「勝ち負け可能」

◆【A評価】自己ベスト更新の人気馬に高評価「A」 時計や気迫は申し分なく「反撃必至」

◆【A評価】“純白の女王”ソダシに高評価 厩舎流ハードトレで「大きく変わってきても驚けない」

◆【B評価】リベンジ目論む有力馬に不満の低評価「B」 陣営の“思惑”は「次戦の大一番」か

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 砂の王座決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】人気馬を上回る“馬場適性”を持つ「爆穴」を本命視 恵みの雨で「22年前の再現」へ

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】人気馬2頭に襲い掛かる「勝率0%」の鬼門 今年最初のGIは“波乱の可能性”

◆【データ攻略-後編】推定8人気前後の“惑星”に食指 条件好転で「馬券内率100%」の“鉄板”

◆【騎手データ】前日オッズ20倍前後でも侮れない人馬 条件合致で連対率“60%超”に上昇

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気のレッドルゼルは“赤枠”に入る 奪還狙うインティは好枠からのスタート

◆【血統傾向】昨年と一転、必勝ローテで挑む単回収値「291」の配合馬

◆【脚質傾向】連覇狙うカフェファラオに「黄信号」 府中得意も“末脚不発”の可能性あり

◆【前走ローテ】ソダシが再びダートに挑戦も高い壁、注目すべき好走条件とは

◆【人気傾向】GI開幕戦は波乱傾向、1人気を素直に信頼も警戒が必要なのは

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-フェブラリーS編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします