【大阪杯/データ攻略-前編】2強に“死角”は存在するのか、連対率「66.6%」vs.「100%」

今週は阪神競馬場でGI・大阪杯(芝2000m)が行われる。

3月に行われたドバイ出走組との棲み分けがカギとなるが、昨年の年度代表馬エフフォーリアに5連勝中の新星ジャックドールが挑む「極上のマッチメイク」が成立。GI昇格6年目を迎え、さらにその格式が上がったような印象だ。

この記事では過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

◆【大阪杯2022予想/追い切り診断】エフフォーリアにまさかの「B」評価 「万全」と言い切れない理由とは

【大阪杯/追い切り診断】エフフォーリアにまさかの「B」評価 「万全」と言い切れない理由とは

■進化が止まらないジャックドールに死角はあるのか

昨年の秋は1勝クラスだったが、破竹の5連勝で金鯱賞を制覇。勇躍GIの舞台に挑むジャックドール。その脚質から「令和のサイレンススズカ」の異名すら聞かれる1頭だが、GIのメンバーはそう楽ではないはず。競馬界に現れた新星に死角はあるのか。ここでお伝えしたいのは以下のデータだ。

・前走芝2000mの重賞勝ち馬【2-0-1-0】

馬券内率は100%。スワーヴリチャードやヤマカツエース、そして昨年の勝ち馬レイパパレもこのデータに該当していたのだ。芝2000m重賞勝利から臨む価値は計り知れず、陣営は早くも逃げ宣言と大一番に向けて機運が高まるジャックドール。連勝をさらに伸ばす可能性は十分だ。

◆【大阪杯2022予想/危険な人気馬】ジャックドールは“消し”評価 「今回は歓迎材料とはならず」

【大阪杯/危険な人気馬】ジャックドールは“消し”評価 「今回は歓迎材料とはならず」

■エフフォーリアを後押しする「馬券内率100%」データ

言わずとしれた昨年の年度代表馬にして、今年の始動戦にGIを選択したエフフォーリア。その称号に恥じない戦いを期待したいところだが、前走有馬記念から距離短縮と初の関西圏をどう捉えるかがポイント。しかし、同馬にはデータ面での後押しが存在する。

・2012年以降における年度代表馬の年明け初戦成績【3-1-0-0】

連対率に換算すると100%。これに該当するのはジェンティルドンナやモーリス、キタサンブラックにアーモンドアイ。どんなシチュエーションであろうと連対を確保していたのだ。芝2000mは皐月賞、天皇賞・秋を制した得意条件だ。渋った馬場もこなせるタイプとなれば、年度代表馬に死角はない。

◆【大阪杯2022予想/データ攻略-後編】馬券内率「100%」の得意条件 大駆け期待の候補とは

【大阪杯/データ攻略-後編】馬券内率「100%」の得意条件 大駆け期待の候補とは

▼その他、データ予想
◆【大阪杯2022予想/騎手データ】関西馬騎乗で連対率100% 鉄板級の安定感を誇る栗東のエースとは

【大阪杯/騎手データ】関西馬騎乗で連対率100% 鉄板級の安定感を誇る栗東のエースとは

大阪杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】人気の一角に文句なしの「S」評価 前走から「高いレベルで好調キープ」

◆【A評価】前走よりも上の状態で「A」評価 「逆転の可能性は十分ある」

◆【A評価】エフフォーリアを上回る「A」評価 絶品の切れで「好勝負に持ち込める」

◆【B評価】エフフォーリアにまさかの「B」評価 「万全」と言い切れない理由とは

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“30倍”以上 「前走内容は激走の布石」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程 「惨敗で人気落ちなら狙い目」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で上位争いの器」

◆【危険な人気馬】ジャックドールは“消し”評価 「今回は歓迎材料とはならず」

▼その他、過去10年データ傾向等
◆【馬場情報】阪神は雨予報から回復、芝のクッション値「やや硬め」で高速決着か

◆【枠順】2強に“明暗” エフフォーリアの3枠は過去3連対も、ジャックドールの2枠は…

◆【血統傾向】距離延長で一変、単回収値「384%」の配合 クロフネの血を持つ差し馬に一発の可能性

◆【脚質傾向】逃げ・先行が優勢も、ジャックドールの存在がもたらす「差しの台頭」

◆【前走ローテ】有馬記念より金鯱賞が上 エフフォーリアvsジャックドールのゆくえ

◆【人気傾向】上位人気を信頼も、1・2番人気のワンツーはなし 狙いは4番人気

ダービー卿チャレンジトロフィー2022 データコラム一覧

◆【ダービー卿CT2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ダービー卿CT2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ダービー卿CT2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022大阪杯編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします