【大阪杯/追い切り診断】人気の一角に文句なしの「S」評価 前走から「高いレベルで好調キープ」

■ジャックドール

【中間調整】逃げて後続に影を踏ませない圧巻の4連勝が評価され、前走・金鯱賞では重賞初挑戦ながら1番人気の支持を受けた。蓋を開けてみればここも逃げ切って5連勝での重賞初制覇を達成。レイパパレ、アカイイトとGIタイトルホルダーを置き去りにし、しかもレコード更新のオマケつきだった。その後は既定路線通り、大阪杯での頂点獲りへ在厩で調整されている。前走でキンキンに仕上げられており、3月27日の初時計は坂路で流した程度。それでもブレずに終始パワフルな脚捌きで登坂できており、レコード駆けした反動はほとんど感じさせなかった。

◆【大阪杯2022予想/追い切り診断】前走よりも上の状態で「A」評価 「逆転の可能性は十分ある」

【大阪杯/追い切り診断】前走よりも上の状態で「A」評価 「逆転の可能性は十分ある」

【最終追い切り】連勝中のパターンを今回も踏襲し、最終追いは藤岡佑騎手を背にウッドで追われた。無理せずゆったりとしたペースで入り、直線半ばまで先に行かせた古馬2勝クラスの後方でジッと我慢させる。満を持して仕掛けると一気に加速し、抜き去る。相手も稽古駆けするタイプで反撃してきたが、藤岡佑騎手が抜け出してからのフワッとさせないように仕掛けており、相手を圧倒。結局差はクビほどだったが、それ以上の勢いを感じさせる稽古内容だった。

【見解】前走はレコード勝ちだったとは言え、余力を十分に残した内容。目下の充実度もあいまって中2週でも濃い内容の最終調整をこなせたということだろう。四肢を柔軟に使えているあたりも心身ともにいい状態の証。きわめて高いレベルで好調キープしていると言える。

総合評価「S」

◆【大阪杯2022予想/追い切り診断】エフフォーリアを上回る「A」評価 絶品の切れで「好勝負に持ち込める」

【大阪杯/追い切り診断】エフフォーリアを上回る「A」評価 絶品の切れで「好勝負に持ち込める」

◆【大阪杯2022予想/追い切り診断】エフフォーリアにまさかの「B」評価 「万全」と言い切れない理由とは

【大阪杯/追い切り診断】エフフォーリアにまさかの「B」評価 「万全」と言い切れない理由とは

■大阪杯2022レース結果・SPREADコラム結果

◆【大阪杯2022/レース動画&コラム結果】8番人気の伏兵ポタジェがV エフフォーリアはまさかの9着

【大阪杯】8番人気の伏兵ポタジェがV エフフォーリアはまさかの9着

大阪杯2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“30倍”以上 「前走内容は激走の布石」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程 「惨敗で人気落ちなら狙い目」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で上位争いの器」

◆【危険な人気馬】ジャックドールは“消し”評価 「今回は歓迎材料とはならず」

▼データ予想
◆【騎手データ】関西馬騎乗で連対率100% 鉄板級の安定感を誇る栗東のエースとは

◆【データ攻略-前編】2強に“死角”は存在するのか、連対率「66.6%」vs.「100%」

◆【データ攻略-後編】馬券内率「100%」の得意条件 大駆け期待の候補とは

▼その他、過去10年データ傾向等
◆【馬場情報】阪神は雨予報から回復、芝のクッション値「やや硬め」で高速決着か

◆【枠順】2強に“明暗” エフフォーリアの3枠は過去3連対も、ジャックドールの2枠は…

◆【血統傾向】距離延長で一変、単回収値「384%」の配合 クロフネの血を持つ差し馬に一発の可能性

◆【脚質傾向】逃げ・先行が優勢も、ジャックドールの存在がもたらす「差しの台頭」

◆【前走ローテ】有馬記念より金鯱賞が上 エフフォーリアvsジャックドールのゆくえ

◆【人気傾向】上位人気を信頼も、1・2番人気のワンツーはなし 狙いは4番人気

ダービー卿チャレンジトロフィー2022 データコラム一覧

◆【ダービー卿CT2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ダービー卿CT2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ダービー卿CT2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします