【大阪杯/血統傾向】距離延長で一変、単回収値「384%」の配合 クロフネの血を持つ差し馬に一発の可能性

4月3日に阪神競馬場で行われる大阪杯(GI、芝2000m)の「血統傾向」を分析する。

昨年GI3勝の大活躍で年度代表馬に輝いたエフフォーリアや、前走の金鯱賞でハナを奪って主導権を握り、そのまま後続を寄せつけずにレコードタイムで逃げ切ったジャックドールをはじめ、昨年の大阪杯を制したレイパパレ、前走香港Cで後方待機から最後は外から鋭く脚を伸ばし2着と好走したヒシイグアスら豪華絢爛なメンバーが揃った。

ここでは、血統データから読みとく大阪杯の推奨馬を紹介する。

◆【大阪杯2022予想/追い切り診断】エフフォーリアにまさかの「B」評価 「万全」と言い切れない理由とは

【大阪杯/追い切り診断】エフフォーリアにまさかの「B」評価 「万全」と言い切れない理由とは

■瞬発力が求められるレースで、切れ味のあるサンデー系が優勢

データはGI昇格した2017年以降の大阪杯を集計。3着内馬の血統表は以下の通り。

このように、サンデー系が全勝しており、2016年以前のG2時代を含むと目下11連勝中と大得意なレースだ。なかでも、ディープインパクト系が【2-2-4-19】(勝率7.4%、連対率14.8%、複勝率29.6%/単回収値127)と優秀で8年連続馬券内に好走している。

この理由はコース形態とレース展開にある。阪神芝2000mは、コーナー4度の内回りで、スタート直後に急坂が待ち構えているコース形態。加えて当レースには中距離路線からの参戦馬も多く、スローペースで流れる傾向にあり、「瞬発型」になりやすい。それが、瞬発力に富んだサンデー系種牡馬がフィットする所以だ。今回はサンデー系の3頭を推奨馬としてピックアップしたい。

一頭目は大阪杯連覇を狙うレイパパレだ。父ディープインパクト×母父ヴァイスリージェント系の牝馬は阪神芝2000mの重賞に出走すると【3-0-1-1】(勝率60.0%、連対率60.0%、複勝率80.0%/単回収値618)と抜群の成績を収めている。前走金鯱賞では、久しぶりに折り合うなど気性面での成長も見せており、得意の舞台で昨年の再現を期待したい。

二頭目は、同じ金鯱賞組のステラリアに注目。父キズナ×母父サドラーズウェルズ系の牝馬は、前走休み明けで6着以下に敗れた後の叩き2戦目の芝レースだと【2-1-1-4】(勝率25.0%、連対率37.5%、複勝率50.0%/単回収値98、複回収値717)と前走金鯱賞11着から上積みが見込まれる今回は激走の可能性が高く、穴馬候補として推奨したい。

最後の三頭目は、馬券妙味のある穴馬候補としてハーツクライ産駒のスカーフェイスを取り上げたい。父ハーツクライ×母父クロフネの牡馬は、距離延長で迎える阪神芝2000m以上に出走すると【3-1-1-6】(勝率27.3%、連対率36.4%、複勝率45.5%/単回収値384)と非常に高い単回収値をマーク。前走は1800mのペースにうまく追走できず後方からの競馬になってしまったが、距離延長で迎える今回、好位で脚を溜めることができれば馬群から突き抜けられるだけの力はある。

◆【動画プレーバック/大阪杯2021】レイパパレが逃げでコントレイル、グランアレグリアらの強豪を破り無敗でGI制覇

▼その他、過去10年データ傾向等
◆【馬場情報】阪神は雨予報から回復、芝のクッション値「やや硬め」で高速決着か

【大阪杯/馬場情報】阪神は雨予報から回復、芝のクッション値「やや硬め」で高速決着か

◆【枠順】2強に“明暗” エフフォーリアの3枠は過去3連対も、ジャックドールの2枠は…

【大阪杯/枠順】2強に“明暗” エフフォーリアの3枠は過去3連対も、ジャックドールの2枠は…

◆【脚質傾向】逃げ・先行が優勢も、ジャックドールの存在がもたらす「差しの台頭」

【大阪杯/脚質傾向】逃げ・先行が優勢も、ジャックドールの存在がもたらす「差しの台頭」

◆【前走ローテ】有馬記念より金鯱賞が上 エフフォーリアvsジャックドールのゆくえ

【大阪杯/前走ローテ】有馬記念より金鯱賞が上 エフフォーリアvsジャックドールのゆくえ

◆【人気傾向】上位人気を信頼も、1・2番人気のワンツーはなし 狙いは4番人気

【大阪杯/人気傾向】上位人気を信頼も、1・2番人気のワンツーはなし 狙いは4番人気

大阪杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】人気の一角に文句なしの「S」評価 前走から「高いレベルで好調キープ」

◆【A評価】前走よりも上の状態で「A」評価 「逆転の可能性は十分ある」

◆【A評価】エフフォーリアを上回る「A」評価 絶品の切れで「好勝負に持ち込める」

◆【B評価】エフフォーリアにまさかの「B」評価 「万全」と言い切れない理由とは

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“30倍”以上 「前走内容は激走の布石」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程 「惨敗で人気落ちなら狙い目」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で上位争いの器」

◆【危険な人気馬】ジャックドールは“消し”評価 「今回は歓迎材料とはならず」

▼データ予想
◆【騎手データ】関西馬騎乗で連対率100% 鉄板級の安定感を誇る栗東のエースとは

◆【データ攻略-前編】2強に“死角”は存在するのか、連対率「66.6%」vs.「100%」

◆【データ攻略-後編】馬券内率「100%」の得意条件 大駆け期待の候補とは

ダービー卿チャレンジトロフィー2022 データコラム一覧

◆【ダービー卿CT2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ダービー卿CT2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ダービー卿CT2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

文・中井達也(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします