【大阪杯/データ攻略-後編】馬券内率「100%」の得意条件 大駆け期待の候補とは

前編ではエフフォーリアジャックドールのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【大阪杯2022予想/データ攻略-前編】2強に“死角”は存在するのか、連対率「66.6%」vs.「100%」

【大阪杯/データ攻略-前編】2強に“死角”は存在するのか、連対率「66.6%」vs.「100%」

■データが導く2022大阪杯の穴馬候補は

<穴候補1 ポタジェ>

近走は馬券内から遠ざかる馬。近2走で先着を許した馬が多数出走するメンバー構成とあって人気低下が予想される1頭だが、ここは舞台適性が追い風となる。

・阪神芝2000m成績【2-1-0-0】

馬券内率は驚異の100%。その内訳も1分58秒台の走破時計で制したレースと重馬場を苦にせず駆け抜けたレース、まったく異なるシチュエーションで勝ち切ってみせたのだ。前述のアルアインやステファノス、レイパパレと大阪杯は人気の盲点にあるディープインパクト産駒と好相性。見限るには早計だろう。

<穴候補2 ステラリア>

GI馬はもちろんのこと、出走馬のほとんどが重賞勝ち馬。重賞未勝利の同馬にとって好走へのハードルは高いと思われるなか、今回ご紹介したいデータはこちら。

・右回りの成績【2-1-2-1】
・叩き2戦目の成績【1-2-0-0】

このなかには阪神芝2000mの忘れな草賞勝ち、7番人気2着のエリザベス女王杯も含まれる。休み明けローテかつ左回りの前走を参考外とみなしたとき、得意条件替わりで大駆けの可能性を秘めた1頭と言えそうだ。

◆【大阪杯2022予想/データ攻略-前編】2強に“死角”は存在するのか、連対率「66.6%」vs.「100%」

【大阪杯/データ攻略-前編】2強に“死角”は存在するのか、連対率「66.6%」vs.「100%」

▼その他、データ予想
◆【大阪杯2022予想/騎手データ】関西馬騎乗で連対率100% 鉄板級の安定感を誇る栗東のエースとは

【大阪杯/騎手データ】関西馬騎乗で連対率100% 鉄板級の安定感を誇る栗東のエースとは

大阪杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】人気の一角に文句なしの「S」評価 前走から「高いレベルで好調キープ」

◆【A評価】前走よりも上の状態で「A」評価 「逆転の可能性は十分ある」

◆【A評価】エフフォーリアを上回る「A」評価 絶品の切れで「好勝負に持ち込める」

◆【B評価】エフフォーリアにまさかの「B」評価 「万全」と言い切れない理由とは

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“30倍”以上 「前走内容は激走の布石」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程 「惨敗で人気落ちなら狙い目」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で上位争いの器」

◆【危険な人気馬】ジャックドールは“消し”評価 「今回は歓迎材料とはならず」

▼その他、過去10年データ傾向等
◆【馬場情報】阪神は雨予報から回復、芝のクッション値「やや硬め」で高速決着か

◆【枠順】2強に“明暗” エフフォーリアの3枠は過去3連対も、ジャックドールの2枠は…

◆【血統傾向】距離延長で一変、単回収値「384%」の配合 クロフネの血を持つ差し馬に一発の可能性

◆【脚質傾向】逃げ・先行が優勢も、ジャックドールの存在がもたらす「差しの台頭」

◆【前走ローテ】有馬記念より金鯱賞が上 エフフォーリアvsジャックドールのゆくえ

◆【人気傾向】上位人気を信頼も、1・2番人気のワンツーはなし 狙いは4番人気

ダービー卿チャレンジトロフィー2022 データコラム一覧

◆【ダービー卿CT2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ダービー卿CT2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ダービー卿CT2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022大阪杯編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします