【天皇賞・春/穴ライズ】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「父譲りのスタミナに期待」

過去10年、天皇賞・春の1番人気馬は【3-2-0-5】。昨年2着だったディープボンド、2019年と20年で連覇を果たしたフィエールマンなど、近5年は1番人気馬が必ず連対している。しかし、2016年以前を見ると、連対馬は06年の勝ち馬ディープインパクトまで遡らなければならず、3着内でも08年のアサクサキングスまで。このように本来、1番人気馬の信頼度はそこまで高くない。

好走馬の共通点を探ると、前走日経賞惜敗組の逆襲が目立つ。昨年のワールドプレミアが日経賞3着から優勝、20年はスティッフェリオも同3着から11番人気2着、14年のフェノーメノは同5着から天皇賞・春連覇の巻き返しに成功していた。

◆【天皇賞・春2022予想/穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 「波乱の立役者はこの馬」

【天皇賞・春/穴ライズ】想定“10人気”前後の伏兵 「波乱の立役者はこの馬」

また、近走不振だった長距離実績馬の復活も多く見られる。13番人気ながら2着に激走した16年のカレンミロティックは前年の天皇賞・春で3着に好走しており、14番人気で大波乱を演出した12年の勝ち馬ビートブラックも3歳時に菊花賞で3着の実績があった。

今年の天皇賞・春はディープボンドが頭ひとつ抜けた人気となっているが、伏兵陣も多士済々。前走日経賞惜敗組か近走不振だった長距離実績馬から長打砲を狙ってみたい。

■マカオンドール

久々の重賞挑戦となった前走・阪神大賞典では、スタートでダッシュがつかず後方からの競馬。それでも道中は流れに乗り、うまくリカバリーできたようにも見えたが、直線の追い比べではピリッとした脚が使えずに4着までだった。前々走から放牧を挟み2カ月半ぶりと、実戦勘を欠いたことが影響した。

格上挑戦となった2走前の万葉Sがなかなかの競馬で、後方からメンバー最速の上がりで差し切り勝ち。2着馬とはハンデ差があったものの、まだまだ余裕のありそうなレースぶりだった。今回はひと叩きされて気配は型通りに上昇しており、この状態ならこの相手でも引けは取らない。

ただ、スタートで後手を踏むようならさすがに厳しいか。当日の気配はしっかりと確認しておきたい。父ゴールドシップは15年天皇賞・春の勝ち馬。父譲りのスタミナで好配当を演出する。

◆【天皇賞・春2022予想/穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“2桁”の惑星 「ガラリ一変の可能性あり」

【天皇賞・春/穴ライズ】想定オッズ“2桁”の惑星 「ガラリ一変の可能性あり」

▼その他、穴馬予想
◆【危険な人気馬】「2強」崩しを目論む人気馬は“消し”評価 「追ってからの反応が鈍い」

【天皇賞・春/危険な人気馬】「2強」崩しを目論む人気馬は“消し”評価 「追ってからの反応が鈍い」

天皇賞・春2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】テーオーロイヤルに2強を上回る「S」評価 「申し分のない仕上がり」

◆【A評価】ディープボンドは“悲願達成”へ「A」評価 「ド迫力の動きを連発」

◆【A評価】タイトルホルダーを上回る「A」評価の爆穴 「完成形へ達した」

◆【B評価】2強のうち1頭にまさかの「B」評価 「気持ちの面でブレを感じる」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】タイトルホルダーとディープボンドに明暗、気になる「ゼロ」データとは

◆【データ攻略-後編】波乱の使者は重賞未勝利馬 追い風となる連対率「100%」の強力データ

◆【騎手データ】条件合致で驚異の“連対率100%”に 抜群の安定感を誇るジョッキーとは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】最多5勝「8枠」に有力馬揃い踏み タイトルホルダー8枠16番、ディープボンド8枠18番

◆【血統傾向】想定“下位人気”が単回収値「200」データに該当 「Hペースの消耗戦で浮上」

◆【脚質傾向】菊花賞馬タイトルホルダーに警鐘 理想ポジションは4角「2~5番手」

◆【前走ローテ】日経賞組は「3着以下」に警戒 ディープボンドは“当確”データに該当

◆【人気傾向】2人気は4年連続「4着」 1人気も単勝オッズ“1倍台”にも危険データ

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-天皇賞・春編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします