【CBC賞/追い切り診断】大敗の前走は度外視の高評価「A」 波乱を巻き起こす「大仕事の可能性」

■タマモティータイム

【中間調整】徹底先行型の宿命ゆえ着順は安定しないが、3勝クラスで差のない4着、5着に入っており一応のメドは立てている。前走の大敗は新味を求めて初のダートに挑戦したもの。結果は度外視していい。一戦ごとの消耗が大きいタイプなので前走後は休養。6月頭に帰厩し、福島開幕の自己条件TUF杯、格上挑戦となるが軽ハンデかつ過去3勝と得意の小倉で行われるCBC賞の両方を視野に調整されてきた。中間、最初の併せ馬だった6月8日の坂路併せ馬で先行先着、ラスト2F12秒3-12秒6(馬なり)と上々の動きを披露。1週前追いではオープン馬メイショウテンスイを相手に手応え圧倒で併入、坂路ラスト2Fで12秒0-12秒1(馬なり)と時計も秀逸だった。

◆【CBC賞2022予想/追い切り診断】人気一角の重賞馬に不満の「B」評価 「活気十分に駆け抜けたが…」

【CBC賞/追い切り診断】人気一角の重賞馬に不満の「B」評価 「活気十分に駆け抜けたが…」

【最終追い切り】当初の鞍上は空白状態。しかし当初テイエムスパーダ騎乗予定だった国分恭騎手がハンデの兼ね合いで体が空き、同騎手を確保できた。最終追いはその国分恭騎手が感触を確かめる程度の軽いものだったが、併走した3勝クラスを相手に手応えで圧倒。小倉への輸送と酷暑を考慮し時計こそ平凡だったが、楽に併入と素軽さ満点の動きを見せている。

【見解】以前は稽古で終いに甘くなるシーンが目立っていた馬だが、昨年の春夏と長く休養を取った効果でパワーアップ。ここへ来てラストの粘りが違ってきている。特にこの中間は最後まで集中して脚を使う動きを連発しており、リフレッシュがいい方に出たようだ。格上挑戦で当然相手は強くなるが、斤量50キロかつ目下の充実ぶりなら大仕事の可能性も。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断

◆【CBC賞2022予想/追い切り診断】ファストフォースを上回る「S」の最高評価 「目下絶好の気配」

【CBC賞/追い切り診断】ファストフォースを上回る「S」の最高評価 「目下絶好の気配」

◆【CBC賞2022予想/追い切り診断】連覇がかかるファストフォースに「A」評価 「気配に関しては万全も」

【CBC賞/追い切り診断】連覇がかかるファストフォースに「A」評価 「気配に関しては万全も」

CBC賞2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“20倍”以上の惑星 「波乱の使者となる可能性は十分」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の盲点 「ハイペースにハマる可能性大」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ2桁の刺客 「今回好走の条件が揃った」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞実績馬は“消し”評価 「ポテンシャルは一枚落ち」

▼データ予想
◆【騎手データ】アネゴハダに黄信号 条件合致で連対率50%の穴メーカーに注目

◆【データ攻略-前編】前走惨敗の実績馬が巻き返す 「夏の小倉」で連対率100%が強力後押し

◆【データ攻略-後編】難解なハンデ戦に驚異の“100%” 重賞初タイトルがあっても驚けない

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】アネゴハダは1枠2番 タイセイビジョンは4枠8番に勝率“0%”の試練

◆【血統傾向】条件合致で馬券圏内率7割越え 小倉での狙い目は非サンデーの血

◆【脚質傾向】コースの特徴に注目 馬券圏内に入るための最低条件は先行

◆【前走ローテ】上位人気馬に警鐘 難解なレースで着目すべきはクラスは…

◆【人気傾向】馬券圏内率70%の2人気に注目 過去に“244万”馬券の大波乱も

ラジオNIKKEI賞2022 データコラム一覧

◆【ラジオNIKKEI賞2022】調教動画&参考レース

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ラジオNIKKEI賞2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします