Advertisement

【天皇賞・秋/データ攻略-前編】イクイノックスに「馬券内率8割」超えも、人気一角に“鉄板”条件

今週は東京競馬場で天皇賞・秋(芝2000m)が行われる。

毎年のように豪華メンバーが集結する秋の古馬中距離GI。今年もダービー馬に国際GI馬、フレッシュな3歳馬と多士済々の顔ぶれが覇を競う。

ここでは、過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

Advertisement

◆【天皇賞秋2022予想/穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“20倍”以上の刺客 「前走で歯車が噛み合った」

【天皇賞・秋/穴ライズ】単勝オッズ“20倍”以上の刺客 「前走で歯車が噛み合った」

■当日1番人気濃厚のイクイノックスに死角はあるのか

皐月賞、日本ダービーは2着。クラシックのタイトルに手が届かなかった春競馬の雪辱を果たすべく、古馬相手の戦いに身を投じるのがイクイノックスだ。積み重ねた実績と天皇賞・秋で3勝を挙げるC.ルメールを背に1番人気が予想される同馬に死角はあるのか?ここで取り上げたいデータはこちら。

・前走GIで上がり3F最速かつ2着内【1.2.2.1】

Advertisement

該当馬はエフフォーリア、サトノクラウン、フィエールマンなど。それぞれ東京芝2400m、阪神芝2200m、京都芝3200mと前走条件が異なっていたにもかかわらず驚異的な好走率を誇っているのだ。

その背景として挙げられるのが東京芝2000mという舞台設定。過去10年の天皇賞・秋において上がり3F最速馬は【4.5.2.3】と好走が多く、切れ味が活きる条件であることが見て取れる。強力なデータを追い風に臨む3歳馬イクイノックス。昨年のエフフォーリアに続く古馬撃破の可能性は十分だ。

Advertisement

◆【天皇賞秋2022予想/追い切り診断】高評価「A」に“大駆け”の可能性 「負荷、本数ともに前走時を凌駕」

【天皇賞・秋/追い切り診断】高評価「A」に“大駆け”の可能性 「負荷、本数ともに前走時を凌駕」

■ジャックドールを後押しする「馬券内率100%」

春は破竹の連勝で大阪杯に臨んだものの、結果は5着。そこから仕切り直しの札幌記念を制し、秋の大舞台に駒を進めたのがジャックドールだ。再度のGI挑戦となるが、今回は3歳勢をはじめ大阪杯以上に濃密なメンバー構成。再び失速してしまうのでは……そうしたネガティブな声に対し、陣営はしっかりとした対策を施しているようだ。

・新馬戦を含む中2カ月以上の休み明け成績【4.0.0.0】

その内訳は9馬身差圧勝の未勝利戦や東京芝2000mで1分57秒4の白富士Sなど。休み明けの前走札幌記念は余裕残しの仕上がりにも思えたが、逃げるパンサラッサをゴール前でキッチリ捉えた。控える競馬ができたことは収穫と言えよう。

大阪杯を振り返ると、当時は間隔の詰まったローテーションかつ連続開催後半、発表こそ曇りだったが雨がパラつく天候。そうしたマイナス要素がありつつ、掲示板内を外さなかったのは能力の証と言える。左回りの毎日王冠を使わず、得意ローテでの参戦を陣営が選択した今回。春のリベンジが期待できる。

▼その他、データ予想
◆【データ攻略-後編】GI初挑戦組に「連対率70%」超え さらなる好材料で激走の予感

【天皇賞・秋/データ攻略-後編】GI初挑戦組に「連対率70%」超え さらなる好材料で激走の予感

◆【騎手データ】軸は馬券圏内率“8割超え”の名手も、人気以上に導く穴男に注目

【天皇賞・秋/騎手データ】軸は馬券圏内率“8割超え”の名手も、人気以上に導く穴男に注目

天皇賞秋2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】3歳勢の一角に“文句なし”「S」評価 「現時点でやれることはやり切った」

◆【追い切り診断】シャフリヤールを上回る高評価 好気配キープで「GI奪取へノンストップ」

◆【追い切り診断】GI馬にまさかの低評価「B」 仕上げの比重は「次走に傾いている感」

◆【追い切り診断】高評価「A」に“大駆け”の可能性 「負荷、本数ともに前走時を凌駕」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後の盲点 「この人気はお買い得の一言」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“20倍”以上の刺客 「前走で歯車が噛み合った」

◆【穴馬アナライズVol.3】覚醒した“8人気”前後の伏兵 「“どデカい”穴を開ける資格」

◆【危険な人気馬】3歳世代の一角は“消し” 「メイチ勝負で完敗の前走が実力」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ジャックドールは5枠9番 3歳馬イクイノックスとジオグリフは最多4勝の好枠に入る

◆【血統傾向】復調気配の想定“10人気”前後に注目 馬券内率4割の単回収値「148」条件に合致

◆【脚質傾向】4角5番手以内の“横綱競馬”が主流 勝算ありのジャックドール

◆【前走ローテ】シャフリヤールに“不安”データ、春GI直行組の「好走条件」を考察

◆【人気傾向】馬券内率“9割”の1人気を信頼も、単勝オッズ10倍台が台頭する

◆【動画プレーバック/天皇賞・秋2021】3番人気エフフォーリアが2強を堂々と破り19年ぶりの3歳馬の優勝を飾る

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022天皇賞・秋-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします