【天皇賞・秋/追い切り診断】GI馬にまさかの低評価「B」 仕上げの比重は「次走に傾いている感」

■シャフリヤール

【中間調整】2021年の日本ダービー。ゴール手前で単独先頭に立ち、ほぼ勝利を手中に収めていたエフフォーリアを首の上げ下げの差で差し切り世代の頂点に立った。その後国内では不完全燃焼な競馬が続いてしまったが、今年3月のドバイシーマクラシックでは、ここでも接戦を制して2つ目のGIタイトルを手中に収めている。続いてイギリスのプリンスオブウェールズSに転戦し、ここでは5頭立て4着。欧州独特の馬場がまったくフィットしなかったようで、この結果を受け凱旋門賞参戦プランは白紙に。今年の秋は国内専念で天皇賞・秋、ジャパンCの2戦で走る意向が陣営から示された。9月16日に栗東へ戻っており、以降丹念に乗り込まれている。9月中は坂路で心肺機能の土台を作り、10月に入ってからはCW併せ馬を組み込み、実戦感覚を養った。19日、福永騎手が騎乗したCW併せ馬では序盤かなり楽をさせたが、その分しっかり弾けて追走併入としている。

◆【天皇賞秋2022予想/穴馬アナライズVol.3】覚醒した“8人気”前後の伏兵 「“どデカい”穴を開ける資格」

【天皇賞・秋/穴ライズ】覚醒した“8人気”前後の伏兵 「“どデカい”穴を開ける資格」

【最終追い切り】1週前にCW併せ馬、レース当週は坂路で終い重点の併せ馬というのが東京遠征時のルーティン。今回もそれに従い、岩田望騎手を背に坂路で併せ馬をこなした。オープン馬カントルに取り付いて併走。相手にアオられ気味ではあったが、見せムチで気合いを入れられるとしっかり食らい付いて併入としている。

【見解】40日間ほど時間を掛け、まさにじっくりと乗り込まれている。それでも海外遠征の反動があるのか、気持ちが乗り切っていないような印象。1週前追いでは抜け出し掛けたところで気を抜いたようで相手の反撃を許したし、最終追いでもオープン馬相手だったとはいえ手応えで見劣ってしまった。仕上げの比重としてはどうしてもジャパンCに傾いている感は否めない。今回は騎乗しない福永騎手が中間に3週続けて稽古をつけており、陣営によれば「以前との感触の違いを確かめて欲しかった」との説明だが、これもジャパンCを見据えてのことかもしれない。

総合評価「B」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】3歳勢の一角に“文句なし”「S」評価 「現時点でやれることはやり切った」

【天皇賞・秋/追い切り診断】3歳勢の一角に“文句なし”「S」評価 「現時点でやれることはやり切った」

◆【追い切り診断】シャフリヤールを上回る高評価 好気配キープで「GI奪取へノンストップ」

【天皇賞・秋/追い切り診断】シャフリヤールを上回る高評価 好気配キープで「GI奪取へノンストップ」

◆【追い切り診断】高評価「A」に“大駆け”の可能性 「負荷、本数ともに前走時を凌駕」

【天皇賞・秋/追い切り診断】高評価「A」に“大駆け”の可能性 「負荷、本数ともに前走時を凌駕」

天皇賞秋2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後の盲点 「この人気はお買い得の一言」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“20倍”以上の刺客 「前走で歯車が噛み合った」

◆【穴馬アナライズVol.3】覚醒した“8人気”前後の伏兵 「“どデカい”穴を開ける資格」

◆【危険な人気馬】3歳世代の一角は“消し” 「メイチ勝負で完敗の前走が実力」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】イクイノックスに「馬券内率8割」超えも、人気一角に“鉄板”条件

◆【データ攻略-後編】GI初挑戦組に「連対率70%」超え さらなる好材料で激走の予感

◆【騎手データ】軸は馬券圏内率“8割超え”の名手も、人気以上に導く穴男に注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ジャックドールは5枠9番 3歳馬イクイノックスとジオグリフは最多4勝の好枠に入る

◆【血統傾向】復調気配の想定“10人気”前後に注目 馬券内率4割の単回収値「148」条件に合致

◆【脚質傾向】4角5番手以内の“横綱競馬”が主流 勝算ありのジャックドール

◆【前走ローテ】シャフリヤールに“不安”データ、春GI直行組の「好走条件」を考察

◆【人気傾向】馬券内率“9割”の1人気を信頼も、単勝オッズ10倍台が台頭する

◆【動画プレーバック/天皇賞・秋2021】3番人気エフフォーリアが2強を堂々と破り19年ぶりの3歳馬の優勝を飾る

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします