【天皇賞・秋/穴ライズ】覚醒した“8人気”前後の伏兵 「“どデカい”穴を開ける資格」

■マリアエレーナ

今年の愛知杯とマーメイドSでいずれも2着と、重賞勝利まであと一歩のところまで迫っていたマリアエレーナは、前走の小倉記念で待望の重賞初制覇。レース内容も素晴らしく、全体的に厳しい流れの中、先行集団から上がり最速の脚で抜け出し、2着馬に5馬身差をつける圧勝だった。

◆【天皇賞秋2022予想/騎手データ】軸は馬券圏内率“8割超え”の名手も、人気以上に導く穴男に注目

【天皇賞・秋/騎手データ】軸は馬券圏内率“8割超え”の名手も、人気以上に導く穴男に注目

さらに、同レースの2着ヒンドゥタイムズは次走の京都大賞典で4着、同3着ジェラルディーナはオールカマーを勝利と、負かした相手がその後の重賞戦線でも活躍。夏場のローカル重賞ではあったが、決してメンバーレベルが低かったわけではない。そして今回、中間の攻め馬は“過去イチ”と言える反応のよさを見せ、いよいよ充実期を迎えた感があり、エリザベス女王ではなく天皇賞・秋を選択した点からも陣営の自信が窺える。

今回が初めての府中となるが、右回りの【2.1.1.2】に対して、左回りは【3.3.1.2】と馬券内率は上。それに加え、阪神や中京の好走歴から直線の坂で脚が鈍るタイプではなく、初コースを懸念視する必要はないだろう。スタートしてすぐにコーナーがある東京芝2000m戦で、距離ロスを最小限に抑えられる最内枠を引いたのも幸運。歴史を振り返れば、2005年の天皇賞・秋を14番人気で制した牝馬ヘヴンリーロマンスも、クイーンS2着→札幌記念1着と突如覚醒し、1枠から“どデカい”穴を開けた。同馬もその資格は十分にある。

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後の盲点 「この人気はお買い得の一言」

【天皇賞・秋/穴ライズ】前日“10人気”前後の盲点 「この人気はお買い得の一言」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“20倍”以上の刺客 「前走で歯車が噛み合った」

【天皇賞・秋/穴ライズ】単勝オッズ“20倍”以上の刺客 「前走で歯車が噛み合った」

◆【危険な人気馬】3歳世代の一角は“消し” 「メイチ勝負で完敗の前走が実力」

【天皇賞・秋/危険な人気馬】3歳世代の一角は“消し” 「メイチ勝負で完敗の前走が実力」

天皇賞秋2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】3歳勢の一角に“文句なし”「S」評価 「現時点でやれることはやり切った」

◆【追い切り診断】シャフリヤールを上回る高評価 好気配キープで「GI奪取へノンストップ」

◆【追い切り診断】GI馬にまさかの低評価「B」 仕上げの比重は「次走に傾いている感」

◆【追い切り診断】高評価「A」に“大駆け”の可能性 「負荷、本数ともに前走時を凌駕」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】イクイノックスに「馬券内率8割」超えも、人気一角に“鉄板”条件

◆【データ攻略-後編】GI初挑戦組に「連対率70%」超え さらなる好材料で激走の予感

◆【騎手データ】軸は馬券圏内率“8割超え”の名手も、人気以上に導く穴男に注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ジャックドールは5枠9番 3歳馬イクイノックスとジオグリフは最多4勝の好枠に入る

◆【血統傾向】復調気配の想定“10人気”前後に注目 馬券内率4割の単回収値「148」条件に合致

◆【脚質傾向】4角5番手以内の“横綱競馬”が主流 勝算ありのジャックドール

◆【前走ローテ】シャフリヤールに“不安”データ、春GI直行組の「好走条件」を考察

◆【人気傾向】馬券内率“9割”の1人気を信頼も、単勝オッズ10倍台が台頭する

◆【動画プレーバック/天皇賞・秋2021】3番人気エフフォーリアが2強を堂々と破り19年ぶりの3歳馬の優勝を飾る

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-天皇賞・秋編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします