【エリザベス女王杯/穴ライズ】想定“10人気以上”の爆穴 「馬場が渋れば特注馬になる」

■ウインマイティー

今秋の始動戦は、阪神外回りコースで行われた京都大賞典。内ラチ沿いでジッと我慢して勝負どころを迎えると、直線では馬群を縫うようにジワジワと脚を伸ばし、混戦となった3着争いを制してみせた。スローの決め手勝負となったが、タフな競馬を好むこの馬にとっては最も嫌な展開。また、前々で粘り込みたいだけに、序盤で行き脚がつかず中団からの競馬を強いられたのも辛かった。勝ち馬に大きく水をあけられたが、致し方なしだろう。
◆【エリザベス女王杯2022予想/騎手データ】「着順と人気のバランス◎」 “1着”が狙えるジョッキーとは

阪神内回りで行われた2走前・マーメイドSの内容が素晴らしかった。淀みのない流れを3番手から追走すると、残り200mで先頭に立ち、そのまま押し切って自身初となる重賞タイトルを掴んでいる。レースぶりもさることながら、勝ち時計の1分58秒3もなかなかのもの。さらにこの時の2着は、次走の小倉記念を圧勝したマリアエレーナで、これを完封しているのは高く評価できる。

今年のメンバーを見ると簡単に先行集団に取り付けそうで、前回よりは楽な位置で進められそう。前述のマーメイドSのほか、忘れな草賞を勝っているように阪神内回りになるのもプラス。この条件下で、馬場が渋れば特注馬になる。勝負どころで早めに動き、底力勝負に持ち込めれば波乱を巻き起こしてもいい。

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「一発の可能性は大いにある」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“8人気”前後の伏兵 「この下馬評は過小評価」

◆【危険な人気馬】前走完勝の人気馬は“消し” 「逆転されるイメージしかない」

エリザベス女王杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“10人気”前後の伏兵に好感触 「本来の力を出せる」

◆【追い切り診断】最高評価「S」はGI未勝利馬 「逆転戴冠の可能性十分」

◆【追い切り診断】デアリングタクトを上回る高評価 「高いレベルで安定」

◆【追い切り診断】“主役”のGIホースに酷評「B」 「迫力不足で一抹の不安」

▼データ予想
◆【データ攻略】3歳馬の一角は連対率“7割超” 「リスク軽減で連続好走が可能」

◆【データ攻略】前年の“激走馬”と同条件クリア 「近2年で6頭中4頭が馬券内」

◆【データ攻略】同条件「1.0.2.1」の想定“12人気” 「適性の高さは折り紙つき」

◆【データ攻略】単勝オッズ“2桁”の伏兵は勝率60% 「上位馬とは大差なし」

◆【騎手データ】「着順と人気のバランス◎」 “1着”が狙えるジョッキーとは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】2枠のデアリングタクトに“逆風” 馬券内率6割超えの伏兵候補とは

◆【血統傾向】3歳馬に馬券内率“6割”の好データ 欧州配合の伏兵に注目

◆【脚質傾向】2年連続の「差し・追込」決着 昨年は人気馬が撃沈

◆【人気傾向】1・2人気は“大不振” 狙いは単勝オッズ20倍台の伏兵

◆【前走ローテ】秋華賞馬スタニングローズに警鐘 狙いは府中牝馬S組

◆【動画プレーバック/エリザベス女王杯2021】3連単339万超えとなる大波乱、10番人気のアカイイトがGI初挑戦で上位人気馬を破り初制覇

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-エリザベス女王杯編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします